通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~ がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯あり。中古品のわりに比較的使用感の少ないキレイな状態です。(あくまで中古品としてのコンディション評価であり、ほぼ新品ともコンディションは異なりますのでご注意ください。)◆注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。190710
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~ 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/27

5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/27
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 651

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 障害を持つ息子へ ~息子よ。そのままで、いい。~
  • +
  • 発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年 (単行本)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 31pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

2016年7月、日本中に衝撃が走った相模原障害者殺傷事件。
過熱する報道、増幅する厭悪の中、ある障害児の父親の詩が人々の心を打った。
『NEWS23』や朝日新聞など多くのメディアで紹介され、瞬く間に広がった詩と
その背景にあった自閉症の息子と家族の物語---。
あの事件から3ヵ月目の10月26日、緊急出版!

「私たち夫婦が授かった長男は、脳の機能障害“自閉症"を生まれながらに持っている。
この男の刃は、私たち家族にも向けられている――。
テレビで容疑者の笑顔を見るたびに、心の中をやすりで削られているような気分に苛まれた。
怒りや憤りをぶちまけても、容疑者はおそらく笑うだけだ。違う次元の言葉を綴りたかった。
フェイスブックに投稿したのは事件から3日後。
容疑者が『障害者は死んだ方がいい』と供述する事件の起きた日本から、
障害児の父が書いた“詩"は世界に拡散されていった」

私は、思うのです。
長男が、もし障害を持っていなければ。
あなたはもっと、普通の生活を送れていたかもしれないと。

私は、考えてしまうのです。
長男が、もし障害を持っていなければ。
私たちはもっと楽に暮らしていけたかもしれないと。

何度も夢を見ました。
「お父さん、朝だよ、起きてよ」
長男が私を揺り起こしに来るのです。
「ほら、障害なんてなかったろ。心配しすぎなんだよ」
夢の中で、私は妻に話しかけます。

そして目が覚めると、いつもの通りの朝なのです。
言葉のしゃべれない長男が、騒いでいます。
何と言っているのか、私には分かりません。

ああ。
またこんな夢を見てしまった。
ああ。
ごめんね。
<詩の冒頭一部抜粋>

出版社からのコメント

障害者19人が殺害された相模原殺傷事件。
報道は過熱し、被害者の名前が伏せられたことで、犯人の不気味な笑顔やコメントばかりが垂れ流された。
「障害者なんていなくなればいい」…その思想に、賛同する人も少なくなかった。誰もが心のおりを刺激され、
異様な空気に包まれるなか、平穏を取り戻させてくれたのは、ある障害児の父親が綴った息子への想いだった―――。


著者は17歳の自閉症の長男を持つ神戸金史。RKB毎日放送の東京報道部長であり、前職は毎日新聞の記者だった。
報道する立場の人間として、障害児の父親として、今なにができるのか――。
長男が自閉症だと知った頃、自閉症について調べる中、母子の無理心中の原因に、自閉症の子の存在があることが多いと気づく。
世間にそれを知ってほしい、支えてあげてほしい、障害のある子を殺さないでほしいと願い、新聞記事に連載したり、ドキュメンタリーを制作し、話題を呼んだ。

本書では、詩とともに、長男の生い立ちから障害に気づいた経緯、障害を受け入れられなかった悔悟、
息子をどう育ててきたかなど、過去の記事も織り交ぜ、長男とともに歩んだ17年の軌跡を綴る。
記者として、父として、息子への想いがすべて詰まった渾身の一冊!
さらに、妻と次男が初めて、心の内を明かした文章も収録。障害児の家族が、今回の事件で抱いた想いとは…。切なる叫びに胸が震える!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 143ページ
  • 出版社: ブックマン社 (2016/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4893088718
  • ISBN-13: 978-4893088710
  • 発売日: 2016/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14.8 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,946位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

22件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

22件中1 - 8件目のレビューを表示

2018年8月8日
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月8日
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月17日
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月26日
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年7月13日
Amazonで購入
2018年2月25日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月2日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年1月13日
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告