この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

隔週刊 燃えろ!新日本プロレス 65号 2014年 4/10号 [分冊百科] 雑誌 – 2014/3/27

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2014/3/27
"もう一度試してください。"
¥ 2,743

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 集英社; 隔週刊版 (2014/3/27)
  • ASIN: B00J35B7GE
  • 発売日: 2014/3/27
  • 商品パッケージの寸法: 30.4 x 23.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

DVDジャケットはオカダ
カードはレインメーカー

入場シーンは無し
勝利後の曲は藤田VS永田のみオリジナル、他は差し替え

藤田VS永田
総合格闘技で活躍した藤田がIWGP王者になり、永田戦でプロレス大賞ベストバウト、新時代到来を予感させた
だがその後の新日マットの中途半端な格闘技路線は「なんちゃってバーリトゥード」と酷評され、時代は暗黒期へと突入
しょせん藤田はプロレス歴二年半にすぎず、ベストバウトは藤田を光らせた永田の功績だろ

天山VS秋山
それまでノアとの頂上対決は
2002年1月4日 ×永田VS秋山○
2002年5月2日 △蝶野VS三沢△
2003年5月2日 ×蝶野VS小橋○
新日が負けてばかり
そのためか、G1決勝で天山の攻撃中は両国が凄い歓声に

健介VS高山
当時の高山は「帝王」と呼ばれ、時代を掴みかけてたが、この試合で病院送りになり長期欠場で失速
いっぽう健介は、WJ崩壊や新日出戻りで逆境だったが、この年にプロレス大賞MVP、翌年にノアのドーム大会の小橋戦でプロレス大賞ベストバウト、一気に時代を掴む
時代のターニングポイントになった試合ですね
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最近、またプロレスを見るようになったのですが、自分が見ていなかった時代の試合を見ようと思い購入しました。健介と高山のぶつかりあいが素晴らしかった。新闘魂三銃士が気になっているので、この時代の新日がもっと見たい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック