Facebook Twitter LINE
中古品
¥ 1,900
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー、前の上部フチ中央から背付近にかけてスレによるフチのイタミあり。ほか本文中は大きなイタミと使用感なくキレイな状態です。帯付き。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


随筆 上方落語の四天王――松鶴・米朝・文枝・春団治 単行本 – 2011/9/30

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 9,372 ¥ 1,898
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

上方落語四天王――松鶴・米朝・文枝・春団治の芸の魅力とは? 著者はその答を求め、実際の演目を例に挙げながら、具体的に論じていく。演者の声・口調・間・仕草など細部にまでこだわる手法により、知られざる芸の本質が鮮やかに浮かび上がる。随所に、著者の芸を見詰める温かな視線と鋭い洞察が光る、画期的な四天王論。

内容(「BOOK」データベースより)

六代目笑福亭松鶴、桂米朝、五代目桂文枝、三代目桂春団治。彼らは、戦後間もない頃、相前後して上方落語界に入門した。時には助け合い、また時には競い合って芸を磨き、やがて一世を風靡、四天王と称されるまでになる。滅亡寸前だった上方落語を復興させた功績は大きい。それぞれに異なる個性・芸風で人々の心をとらえた四天王。その芸の魅力とは何か?著者は、実際の演目を例に挙げながら綿密な考察を加え、芸の本質を鮮やかに浮かび上がらせる。演者の声・口調・間・仕草など細部にまでこだわった分析は、落語口演を聴き続けてきた著者ならではのものである。四天王への敬愛の念と、その芸への鋭い洞察が光る、画期的な四天王論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2011/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000258141
  • ISBN-13: 978-4000258142
  • 発売日: 2011/9/30
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 389,421位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

ベスト500レビュアー
2012年6月27日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2011年11月10日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告