通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル) 新書 – 2015/10/8

5つ星のうち 4.4 54件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 58

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)
  • +
  • 陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)
  • +
  • 陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
総額: ¥2,296
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

絶体絶命のカウントダウン!
史上最強の天才強盗4人組に強敵あらわる!
嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女――
180万部シリーズ待望の最新作!

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた! 必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶体絶命のカウントダウンが! 人気シリーズ、九年ぶりの最新作!

出版社からのコメント

本作品は、映画化コミック化もされ、著者の飛躍の節目となった『陽気なギャングが地球を回す』以来の人気シリーズの、9年ぶりの3作目となります。
個性的な能力(1人はただの迷惑な性格?)を持つ4人組の明るく愉快な活躍と、絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快なサスペンス、ハイテンポな知恵比べが吹っ飛ばす“時代の閉塞気分"は、前2作の刊行時も現在も同様です。おかげさまで既刊の2作品は、伊坂作品の良き端緒として、今も広く読まれ続けております。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 225ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2015/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396210264
  • ISBN-13: 978-4396210267
  • 発売日: 2015/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,198位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 牧 史郎 トップ500レビュアー 投稿日 2015/11/7
形式: Kindle版 Amazonで購入
今度の敵役はすごくいやな奴です。でも響野さんの自信が揺らぐことは全くありません!

1「控え目だったんだね」雪子は、牛山沙織という人物のことを想像する。「響さんだったら、『恩人です』というプラカードを掲げて、会いに行きそうだけど」
「そうだな。私は常に誰かの恩人だからな」と響野は意味不明なことを言い、胸を張る。

2「無理して来なくてもいいからな。焦る必要はない」「そんなことを言ってられるか?なるべく早く、合流する」
「頼むから」成瀬は言う。「無理しないでくれ」

3「あなたがいないほうが、うまく行くんだからここでのんびりしていたら?」と祥子は言ってきた。どういう意味でそのようなことを言っているのか、響野には理解ができない。

4私がいないと、解決するものも解決しない。響野はそういった使命感を抱き、もちろん客観的には誤った使命感であったのだが、急いだ。

響野さんの活躍を是非お楽しみください!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gonroku 投稿日 2016/3/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
前2作「陽気なギャング・・・」を読まれていない方は、先に読まれることをお勧めします。

過去の背景が理解できている前提で、話が進んでいますので面白さ3倍です。

このシリーズも、サクサク読みやすいのですが、もったいなくてかみしめて読んでしまいました。

9年ぶりだったのですね。次回作ができるとしたら何年後に読めるのだろうか、今から楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 礼直清 投稿日 2015/12/17
形式: 新書 Amazonで購入
まずシリーズ1作から9年前作から6年もたったのかという感慨と
またあの4人に会えたという喜びで☆5つです 笑
あとがきでも伊坂さんが書かれていますが
以前は社会がここまで監視された社会ではなかったので
構想が難しかったのかなという感じ
いくつかの映画のストーリーが混ざったような既視感もあります
そういう意味では斬新さや新鮮味が少なかったのかもしれない
銀行強盗やお金の事件に巻き込まれない4人というのも
少し見たいな
何よりも魅力は登場人物のキャラじゃないでしょうか
映画キャストではなく(成瀬→堺雅人・響野→大泉洋・雪子→深津絵里)でドラマ見てみたい
あとはチルドレンの続編(というか陣内さん)を渇望しております!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
陽気なギャングシリーズをコメディとして楽しむか、ミステリーとして楽しむかで評価が変わってくると思います。
過去作に比べると今作はコメディ寄りな作品です。策を練って入念に準備をしていざ実行!という描写ではなく、ラストでいきなり実行!その後で、実は事前にこんなことしてましたという書き方。そのためミステリーとして読むと、中盤が少し進展がないというか、内容がスカスカしている印象を受ける気がします。
そして今回の敵である火尻ですが、1作目の神崎、2作目の鬼怒川に比べると、ちょっと敵として弱いというか、イマイチ主人公たちに危機が迫っている感じがしないんですよねえ。
まあこのシリーズのファンとしては十分に楽しめる作品です。
ただ自分的には3作目より2作目、2作目より1作目が面白かったかな。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この作品は、「陽気なギャング~」シリーズの3作目ですね。オサレな銀行強盗チームが、オサレな会話とオサレな出来事とオサレな伏線回収をして結末に向かっちゃうよ、っていう、小難しいことを考えずに楽しめるエンターテイメント。

いやね、伊坂作品のファンは、「序盤に出てきた何かが、後半に伏線回収される」ってことを当たり前に信じて読んでいるので、書いている方も大変でしょうね。ま、そんな要注意しながら読んでいるような私ですら、ラストあたりの疾走する謎解きっぷりを読むと、「お~、それがそうなって、こうなって、そんなことになっちゃうのか~~~~!!」っていう興奮を抑えずにはいられません。

伊坂さんの作品はね、ストーリーが面白い、ってことだけでなく、「え、そうなの?」っていうような非常に有用な興味深い情報が織り込まれているところが好きなんですね。今回も88年ぶりに発見された虫にまつわる話なんかが載っていて、すんごい知的好奇心をくすぐられました。そして、それと同時に、非常に有用な人間味があふれた言葉が描かれています。伊坂作品の登場人物は、皆、非常にキャラが立っているので、余計に沁みるんですわ。

ちょっと、その中から、とても感動したところをちょっと長いけど載せてみます。名前は伏せて。

------------
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー