中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

陽気なギャングが地球を回す (KCデラックス) コミック – 2006/4/27

5つ星のうち 1.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

伊坂幸太郎
1971年千葉県生まれ。95年東北大学法学部卒業。96年サントリーミステリー大賞で、『悪党たちが目にしみる』が佳作となる。2000年『オーデュボンの祈り』で、第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。03年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、04年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した。最新書き下ろし『ゴールデンスランバー』が08年度本屋大賞を受賞。


登録情報

  • コミック: 168ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063721426
  • ISBN-13: 978-4063721423
  • 発売日: 2006/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
小説の漫画化って、読む人個人個人のイメージにより近いものにしなければならないと思うので、難しいことなんだと思いますが・・

これはちょっと・・・酷い・・。

本書と、原作ノベルズの表紙を並べて見比べるだけで、世界観の不一致が解ります。

原作の雰囲気が好きな私としては、もう少し考えて作ってほしかった・・・
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
小説を読んでから、映画を観ましたが小説にあるスピード感は感じられなかった。むしろ漫画のほうがさらさらと内容が分かって良かったと思う。「チルドレン」もそうだけど、伊坂さんの作品って、映画にするのがとても難しいんですね。ぜひ、「日常と生活」も漫画化して欲しいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
映画を先に見て、キャストに惚れちゃった人なので、漫画のキャラがイメージ合いませんでした。特に響野は映画は佐藤浩市さんが魅力的でステキなオヤジっぷりを発揮しているので、漫画をみてがっかりしました。でも原作読んでのイメージってほんとはこの漫画みたいなのかな??

原作のヒットがあり、映画化されそれにともなっての漫画化だと思うので、もうちょっとビジュアルを映画に近いものにしてほしかったです。

あと、原作のテンポのよさ、痛快・爽快なかんじが出せてなかったように思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ご都合主義を上手く利用するのも、ひとつの技術だとは思うが、私は、笑えないし、ワクワクもしなかった。「最後の対決」が、「伏線」を台無しにしている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告