陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディショ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 2.6 73件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,200より 中古品の出品:20¥ 1より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • 陽気なギャングの作り方 [DVD]
総額: ¥6,219
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 大沢たかお, 鈴木京香, 松田翔太, 佐藤浩市, 大倉孝二
  • 監督: 前田哲
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2006/10/25
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 73件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FDK9U8
  • JAN: 4988102288433
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 82,425位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「ロマンはどこだ!?大胆不敵な銀行強盗!」こんな日本映画、見たことない!伊坂幸太郎のベストセラー小説を最高のキャストで映画化した痛快エンタテインメントが、豪華2枚組DVDで早くも発売!

個性際立つギャング・チームの面々
●チームのリーダー&人間ウソ発見器=成瀬(大沢たかお):人の嘘を見抜く能力に優れているが、自分の恋には無器用な市役所職員
●人間タイマー=雪子(鈴木京香):正確無比な体内時計と卓越した運転技術を持つ、一見クールな一児の母
●演説の達人=響野(佐藤浩市):人生や犯罪へのモットーを語り、人質をも感動させるロマンを求める夢追い人
●スリの天才=久遠(松田翔太):華麗な指さばきで獲物を盗む、動物好きの大学生

★DISC-1〈本篇92分+特典13分/片面2層/16:9 LB収録〉
●HD24PマスターからDVD用にカラコレ調整して制作された高画質スクイーズ・マスター
●DTS&ドルビーデジタルの“ダブル5.1chサラウンド”音声
●英語字幕
●聴覚障害者向け日本語字幕
●予告篇&TVスポット集(4分)
●佐藤浩市扮する響野の字幕付き演説シーン集(9分)
●キャスト&スタッフ・プロフィール(静止画)

★DISC-2〈特典:170分/片面2層/4:3収録〉
●撮影現場メイキング「陽気なギャングが映画を回す」(51分)
●VFXメイキング「陽気なギャングとVFXな男達」(11分)
●絵コンテ動画:6シーン(20分)
●撮り下ろしキャスト・インタビュー:大沢たかお/鈴木京香/松田翔太/佐藤浩市(24分)
●撮り下ろしスタッフ・インタビュー:伊坂幸太郎/前田哲(24分)
●完成報告記者会見&完成披露試写会舞台挨拶(14分)
●劇場公開初日舞台挨拶(11分)
●ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2006(15分)

【特典】
初回限定仕様 ●メタリック・アウターケース仕様 ●オールカラー・ブックレット(8P)封入

【スタッフ】
原作:伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」(祥伝社刊)/監督:前田哲/脚本:長谷川隆、前田哲、丑尾健太郎/音楽:佐藤‘Fisher’五魚/主題歌:「How We Do It !!」Skoop On Somebody(SME Records)/エンディングテーマ:「(Everything Will Be)All Right」Skoop On Somebody + AKIKO WADA(SME Records)/撮影:山本英夫/照明:小野晃/美術:佐々木尚

【キャスト】
大沢たかお/鈴木京香/松田翔太/佐藤浩市/大倉孝二/加藤ローサ/三浦知紘/中山祐一朗/古田新太/大杉漣/篠井英介/松尾スズキ/木下ほうか/光石研

Amazonレビュー

   人の嘘を見破ることができる成瀬、正確な体内時計を持つ雪子、演説の達人・響野、若いのに天才的なスリの才能を持つ久遠。こんな4人が組んで銀行強盗を。完璧な強盗をやり遂げた彼らだが、覆面をした4人組にその金を持ち逃げされてしまう。その強奪された金を取り戻すべく、成瀬らはさらなる奇抜な仕掛けを駆使した計画を実行に移すことに!
   CGの甘さなど、技術的な問題は残るものの、娯楽映画としてはなかなかスカッとさせてくれる作品。それぞれの俳優陣の針の振り切った演技(特に佐藤浩市のかっ飛び演技はかなり笑わせてくれる)も素晴らしい。個人的には、車がマンガ映画のような動きを見せたりするのだから、もっと演出も大袈裟にかっ飛んでも良かった気がするのだが、そこは手際よくまとめられている。また衣裳も強烈だ。(横森 文)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

楽しく観ることができる映画でしたが、原作の方が洒脱です。伊坂幸太郎の作品が洒脱なのは、登場人物の「見てくれ」ではなく、会話の軽妙さによるものです。そして会話を裏打ちする一本筋の通った清々しい生き様が、読む者を気持ちよくさせる。映画は非常にスタイリッシュで、アバンギャルドなファッションも俳優や女優たちに似合って格好良かった。しかし、成瀬、響野、雪子、久遠の会話のキレや人物像の描き込みは中途半端でした。これだけセクシーな俳優たちをキャストできたら、かれらがスクリーンに映るだけで、充分にスタイリッシュだったはずで、日常と解離したファッションが必要だったのか疑問です。エピソードを増やすよりも、4人の魅力をもっと描いてほしかったし、エピソードが増えたことによってアクションは派手になったけれど、驚きはむしろ減っています。

総じて、人間を描いたり、頭脳戦を描いたりという「地味な面白さ」を演出して勝負する自信のなさが露呈していると感じました。自信のないところを、表面的なファッションやガジェットで覆い隠そうとしている感じ。

伊坂幸太郎の作品は、日常的な会話、日常的な行動が、ほんの少し非日常にシフトするところに、不意打ちのようにエンターテインメントが産まれるところがすばらしいと、ぼくは思っているので、原作との差違云々ではなく、映画がそのレベルで勝負してくれな
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作ファンとしてはイマイチでした。

キャストが発表になった時点では、最高のキャスティングで盛り上がったのですが・・・。

知的でスタイリッシュな会話が持ち味なのに、それが生かされていなかったのが残念。それにラストが話は込み入りすぎて、分かり辛かったです。

あんなに素晴らしい役者さんが集まったのだから、CGも多用せずに普通の作品で通して欲しかったですね。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yu*e 投稿日 2006/9/13
華のある役者たちが極彩色の衣装をまとい、テンポよくスマートに銀行強盗を成功させる。ハイブローなダークヒーローがそろう原作の持ち味はそのままに、映画オリジナルのネタをたっぷり盛りこんだクライムムービー……誰もが期待するその展開に出会うことは、残念ながら、まずない。主役4人の設定は原作とおおむね変わらない。しかしそれ以外に配された慎一や祥子といった、トラブルの原因をいかんともしがたく人間臭いものにしたり、あるいは解決への味わい深いヒントを提供する人物がまったく活かされず、一方でよけいなキャラクターだけが多数投入される。そしてトラブルはより複雑になる。原作の上を目指したい、その前のめりな意気込みは伝わってこないでもない。が、結局はどれもが消化不良で、プロット自体が息切れし、最終的には古典的なオチで主人公たちの危機を無理やり終息させる。原作の洒脱さはそこにはない。ただドタバタと雑然とした印象だけが後に残る。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
あまりの出来の悪さに怒りを通り越してくらくらした。原作から映画に変わるときに原作ファンの納得いかないものになることは多々あるが、これはそんなレベルを超越している。好きな作品を汚されて非常に不愉快だった。この原作とキャストでここまで酷いのはある意味才能かも。買おうかどうか迷っている皆さん、本当にやめたほうがいいよ。悪いこといわないから。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
他人の嘘のわかる男、スリの天才、完全な体内時計を持つ女、演説の天才が繰り広げる伊坂幸太郎原作の痛快ギャングムーピー。のはずでした。実情はと言うと、それなりに洒落た(寒い)会話とまぁまぁのテンポ、ささやかながらのどんでん返しの応酬。つまり、駄作。

原作未読の方が見る分にはまだ面白いと思います。ただし、原作既読の方が見る場合はそれなりの覚悟が必要です。僕の場合、伊坂幸太郎はこんなにも嫌味な小説を書いていたのかと軽く嫌悪感を抱きました。伊坂幸太郎作品の映画化は難しいのか、監督が悪いのか、とにかくダサい、寒い。

原作の空気感を出そうとしているのはわかりますが、どうにも中途半端な感じがしてなりません。どうせやるならもっと大胆に脚色した方が良かったんじゃないでしょうか。

佐藤浩市を筆頭に、キャストについてはハマり役が多かったように思います。唯一の星はキャストへの星。

ハマっているだけに、この出来はますます残念。続編があるならば監督を変えてお願いしたい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す