新品の出品:1¥ 34,996より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

陽だまりの樹 [DVD]

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 34,996より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 市原隼人, 成宮寛貴
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: NHKエンタープライズ
  • 発売日 2012/10/26
  • 時間: 543 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008R4HJSC
  • JAN: 4988066189470
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 150,453位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

時は幕末。開国から戊辰戦争、そして明治維新という大変革の時代の中、
友情で結ばれた対照的な二人の若者がいた―。

義に生きた男・伊武谷万二郎。腕は立つが世渡り下手の武士。倒れゆく幕府に忠誠を尽くす。
情に生きた男・手塚良庵。女にだらしないが腕利きの蘭方医。原作者・手塚治虫の曽祖父 である。
それぞれの信念を貫き自らの人生を切り拓こうとした二人の若者が、福沢諭吉・西郷隆盛といった歴史上の人物との交流を経て成長する姿を描く幕末青春譚。

★漫画家・手塚治虫が自らのルーツを描いた傑作『陽だまりの樹』、初の実写化!
★アクションあり、ロマンスありの痛快青春時代劇!

【内容】
武士と医師という、考え方も生き方もまったく違う二人の青年。
国を守る志に燃える万二郎と、人の命を救う天職にまい進する良庵ははじめ反目しながら、おせきという一人の女性を巡って恋敵となる。
そして次第に、立場の違いや生きる信条の隔たりを越えて、お互いを認め合うようになる…。

■特典映像(予定) : PR番組「みどころスペシャル」他

■封入特典(予定) : リーフレット

○BS時代劇「陽だまりの樹」 2012年4月6日~6月22日 BSプレミアムにて放送

内容(「Oricon」データベースより)

幕末─開国から戊辰戦争、そして明治維新という大変革の時代の中、義に生きた男と情に生きた男の二人の若者が、歴史上の人物との交流を経て成長していく姿を描いた痛快青春時代劇!市原隼人、成宮寛貴ほか出演。全12話を収録したDVD-BOX。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
故手塚治虫氏が、自身の曽祖父良庵を描いたことで話題になった原作漫画ですが、
原作においても、その良庵以上に魅力たっぷりであった親友、伊武谷万二郎が、
このTVドラマではさらに存在感を増しています。

万二郎を演じるのは、気鋭の若手、市原隼人さんですが、
これが空前絶後のハマリ役。大変な名演。
つかみかけた幸せが、運命のいたずらで次々とてのひらからこぼれ落ちていってしまう悲劇的青年を、
ため息の出そうな繊細さで演じておられます。

同じ男が思わずホレる硬派のきらめきの一方で、
好きな女性を前にしてしどろもどろになるシーンの、まあ可愛いこと。
TVドラマでこんな魅力的なキャラクターに出会うことって、ほんとに稀です。
見ているうちに万二郎にどんどん感情移入していきますから、
彼がつらい目に逢う時は、こちらもつらくてたまらず、
クライマックスで、家庭の幸福を振り切って、彼が死地へと赴いていく場面では、
行くな、行くな、バカ〜!!!と、画面に向かって絶叫したくなります。

リアルタイムの放送時に、本作はほとんど話題になることはありませんでした。
確かに、予算の関係上、キャスティングやセットが非常にショボく感じられる
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作について:昭和末期に青年誌に連載されていた手塚治虫の漫画で史実と架空の武士、そして作者の先祖で幕末を生きた実在の医者を見事にブレンドして話を紡ぎだしていた。私が読んだのは平成に入ってからで丁度連続アニメは放送された後だった。個人的にはNHKの大河ドラマで実写化を望んでいたのだが実際は
4分の1のスケール、11話の尺でBS時代劇として放送された。まあ願いはほぼ叶ったのだろう。

ストーリーは細かく書かないが武士も医者も幕末には大転機を迎えお互いを非難したり勇気付けたりしながら時代の波に飲まれていくというもの・・・TBSの「仁(JIN)」を彷彿させるエピソードもあり疑問符を投げかける人もいるかもしれない、いやしかしこちらのほうが原作が先に発表されているので影響を受けたのはあちらのほうだと思う。

配役はアマゾンの記述を見て欲しいがとてもは素晴らしく原作を凌ぐぐらいでそれぞれの演技も良かったと思う、先にドラマを見た人は敢えて原作は読まなくても良いとさえ思える。女優陣が少々控えかな?

とにかく毎話史実とフィクションをうまく混ぜながらどんどん見るものを引き込んで行き最終回は感動すること保障付き。同じ事を繰り返すようですが原作ファンもまったく知らない人も仁が好きだった人も是非一度は見て欲しいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作がボリューム満点すぎるので仕方ないが、脇役の猟師のみならず重要キャラの夜鷹のお紺まで未登場なのが痛い。不幸話とのバランスをとるために欠かせない存在なのに…
母上が綾にしたことを打ち明けるシーンはいいアレンジだった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す