通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
陽だまりの樹 (1) (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

陽だまりの樹 (1) (小学館文庫) 文庫 – 1995/5

5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 627
¥ 627 ¥ 1
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 陽だまりの樹 (1) (小学館文庫)
  • +
  • 陽だまりの樹 (2) (小学館文庫)
  • +
  • 陽だまりの樹 (3) (小学館文庫)
総額: ¥1,881
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

▼第1話/三百坂▼第2話/おせき殿▼第3話/鬼鉄(おにてつ)▼第4話/曾根崎新地▼第5話/腑分け▼第6話/適塾の人々▼第7話/星鶴(ほしづる)、豆鶴(まめづる)▼第8話/夜の客人▼第9話/嵐の前●登場人物/伊武谷万次郎(松平藩の家中。剣の才能に恵まれている)、手塚良庵(医師・手塚良仙の息子。女好きだが、腕は確か)、手塚良仙(良庵の父で、蘭方医。江戸に種痘所を設立する運動をしている)●あらすじ/江戸小石川伝通院裏に、三百坂と呼ばれる路地があった。毎朝6ツ半になると、江戸城の太鼓を合図に、大名、旗本たちの登城が始まった。そしてその中に出仕してまだ4か月の武士、伊武谷万次郎がいた。万次郎は登城の際の、三百坂の早駆けを眺めている一人の若者のことが気になっていた。ある日、万次郎が尊敬している千葉周作先生が死に、痛夜の場で諍いになった万次郎と清河八郎は、河原で真剣勝負をする。この勝負で怪我をした万次郎の治療にやってきた医者・手塚良庵は、いつも登城の様子を眺めていたあの若者だった(第1話)。▼行き付けのそば屋で食事をしていた良庵は、そこで万次郎と偶然再会する。「この近くに用がある」と、同じ道を歩いていく良庵と万次郎。お互い、善福寺の住職の娘、おせきに会いに来ていたのだった。二人はおせきに自分の想いを伝えるが、おせきの返事は「住職になってくれる人と結婚をする」というものだった。その帰り道、良庵は、何者かに襲われてしまう(第2話)。●本巻の特徴/第1巻では、後に親友となっていく良庵と万次郎の出会いと、それぞれが己の進む道を本格的に歩み始めることを中心に物語が進んでいく。それと同時に、安政時代ではまだ西洋医学が認知されておらず、そのために人の命が失われていたことにも焦点を当てて描かれている。●その他の登場キャラクター/万次郎の父・伊武谷千三郎(第1、3話)、万次郎の母(第1、3話)、おせき(第2、8話)、多紀誠斉(第1、8話)、山岡鉄太郎(第3、話)、原田(第4、5話)、緒方洪庵(第4話)、福沢愉吉(第5、6話)、丑久保陶兵衛(第7、8話)

出版社からのコメント

動乱の江戸末期、来たるべき近代国家への苦悩と希望を描いた巨編!!時代の流れに翻弄されつつも、自らの使命を全うした武士・伊武谷万次郎と医師・手塚良庵。二人の男の生き様を軸に、近代国家幕開けまでを作者自らのルーツを折り混ぜながら描いた幕末感動ロマン!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 325ページ
  • 出版社: 小学館 (1995/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091920519
  • ISBN-13: 978-4091920515
  • 発売日: 1995/05
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 61,421位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
登場人物も物語の展開も面白い。
良庵や万二郎が主人公なのでしょうが、おせき、良庵の母、万二郎の母、などの女性達が大変に魅力的です。
男達を後ろで支えている様でもあり、またその実、操っている様でもあり。・・・そう考えると時代を動かしていたのは女性達?なんて。

ただ、「陽だまりの樹」は『漫画全集』もあるのに、良く調べずに『文庫全集』の方を購入してしまったことを後悔しています。
やはり、文庫サイズは小さいです。もともと漫画雑誌のB5版サイズ用に描いたものなのだから、せいぜいコミックサイズ(B6版)までが適当なんだな、と改めて確認してしまった感じです。

30年前の印刷技術を背景とした話ではありますが、その当時、手塚治虫氏自身も文庫サイズ化には大反対していた様です。
現在の印刷ですから、縮小によるつぶれや、モアレの発生など、気になるほどの劣化は見つけられませんが、絵というものは、そのサイズ自体が大きな意味を持つのだと私は感じます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
手塚治虫氏の3代前の祖先・手塚良庵、その親友・伊武谷万二郎が幕末の動乱期を生きる物語。
良庵はすぐに女性に手を出す軽い性格(よくいえば柔軟な性格)、一方、万二郎は一本気で不器用な性格(悪く言えば頑固者)。このふたりの性格の違いが物語全体にわたって重要な役割を果たしています。
物語の後半、良庵が西郷隆盛に言うセリフ、
「歴史にも書かれねえで死んでったりっぱな人間がゴマンと居るんだ……そんな人間を土台にした歴史に残る奴などゆるせねえ。」
とても印象に残る言葉でした。作者の思いが伝わってきます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
秀作であり薦めることのできる作品ではあるのだが、決してわかりやすい娯楽作品ではない。とくに物語の冒頭は義務教育で習う日本史以上の予備知識がないとチンプンカンプンだろうし、外人のセリフが片仮名で書かれていて読みにくかったりもする。登場人物も物語の中心以外の人物(時代背景を描写するための人物)がやたら多い。

主な舞台は幕末の江戸。話の中心となるのは普段はチャランポランの若い医者(著者の曽祖父らしい)と愚直で不器用な下級武士の青年。歴史の表舞台の人物ではなく一般庶民と支配階級の中間の人たちに焦点をあてながら激動の時代を描写している。物語の序盤で語られる「陽だまりの樹」の意味や物語の終わり近くの主人公(武士の方)の言葉が長い物語を通して一貫したテーマになっており、現在でも、たぶん100年後でも、共感を覚える人は多いだろう。エリートとバカを兼業しているような人にとっては脳を激しく揺さぶられる内容だと思う。当時の江戸の描写も(どこまで史実に忠実なのかは知らないが)読んでいてリアリティを感じさせるものだった。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
後期手塚作品の傑作のひとつ。
幕末の黒船来航の混乱期に滅び行く幕府に忠誠を尽くそうとするひとりの武士と手塚先生の先祖にあたる医師を中心に話は展開していく。
「アドルフに告ぐ」には負けるものの、やはり歴史ものは先生の得意分野であったようだ。
巻数から考えて手塚先生の代表作を挙げよと問われれば、
「ブラック・ジャック」
「火の鳥」
「鉄腕アトム」
「陽だまりの樹」
「ブッダ」
と思う。傑作揃いでハズレなし。
この中では「陽だまりの樹」は下のほうになってしまいそうだが、他が傑作過ぎるだけだ。

そこに「手塚先生の凄さ」を見たいと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/17
形式: 文庫
曽祖父が江戸の医師であった手塚家のルーツを辿る歴史長編。
様々な幕末の志士達が交錯する。

作品冒頭、伊武谷万二郎が、玄武館の北辰一刀流、千葉周作門下である
清河八郎と真剣で渡り合うことになるが、そのとき清河は「相馬藩脱藩」
と名乗る。そう名乗ることはあるのだろうか。僕には分からない。
僕は寡聞にして清河が、相馬藩の録を食んでいた事実を知らない。
調べたが分からない。誰か教えてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック