Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 490
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[日野 裕太郎]の陽だまりうたた寝若桜
Kindle App Ad

陽だまりうたた寝若桜 Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 490

商品の説明

内容紹介

【ファンタジー長編】
家を飛び出し廃駅に辿りついた女子高生・美耶子。
行き場のない美耶子は駅で地元の老婆、老人たちに匿ってもらうこととなった。
食べ物や寝場所、風呂など身の回りの世話をしてもらい、老人たちの優しさに守られて美耶子の固く閉ざされていたこころが柔らかくほどけていく。

しかし、廃駅にいるセーラー服の幽霊という噂となり、肝試しにやってきた子供たちと接触。
家に戻ることになった美耶子を、老人たちはやはり優しく送り出してくれるのだった。

家族の問題で家出をした美耶子が老人たちに守られ癒やされていく、すこし不思議でたくさん優しい物語。

文庫 約215ページ(1ページ 39字詰め 18行)

*****

エキセントリックで嘘をつかない、天真爛漫な西村氏を愛した子供たちは、みな残念がっていた。
そして子供たちは、西村氏が最後に残した、駅に立つセーラー服の謎の少女の話を大切な怪異として語り合った。

──駅にいたんだよ女の子だよ、知らない子、見たことない子、きれいな子。
目、いいよ。おいちゃん、目、とてもいいんだよ。
あの子、近所の子じゃないよ。
きっと、おばけじゃないかな、おばけだったら怖いでしょ、だから挨拶しなかったんだ。
おばけにこんにちは、っていうの、怖いでしょう。
だって女の子ね、セーラー服だったんだよ、知らない子でしょう──

自分が「謎の少女」として児童たちを魅了しているなど、当の美耶子は知る由もなかった。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1548 KB
  • 紙の本の長さ: 138 ページ
  • 出版社: doncha.net; 2版 (2012/11/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00A12F30E
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 145,392位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年9月22日
形式: Kindle版
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年1月29日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
click to open popover