ポイント: 39pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 6月27日 日曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 6月24日 木曜日 詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
陸羽『茶経』の研究 (世界茶文化学術研究叢書) がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥300 ): 6月26日 - 27日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバー・小口に傷み有り。中古品の為、商品に傷みや汚れはありますが、概ね状態良好です。◇画像と商品が異なる場合があります。中古品の為、書込み等がある場合がございますのでご了承ください。記載のない限り、帯や特典は付属致しません。通常2~3営業日以内の発送となります。発送は日本郵便(ポスト投函)・ヤマト運輸等で発送致します。△別販路にて販売行っている為、在庫切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。ご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

陸羽『茶経』の研究 (世界茶文化学術研究叢書) 単行本 – 2012/10/1

5つ星のうち4.0 2個の評価

価格
新品 中古品
単行本, 2012/10/1
¥3,850
¥3,850 ¥2,120
プロモーション情報 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。 1 件
  • 【最大370円OFF】対象の本とSUUMO住宅情報誌の同時購入で合計金額から割引。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 陸羽『茶経』の研究 (世界茶文化学術研究叢書)
  • +
  • 茶経 全訳注 (講談社学術文庫)
総額: ¥5,489
ポイントの合計: 199pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


プライムデー開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大10,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 プライムデーを今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

唐の文人陸羽の著した『茶経』は、茶文化の源流として、その後の中国・日本に大きな影響を与えた。本書は『茶経』に関する基本文献であると同時に、日中共同研究の最先端の成果である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

熊倉/功夫
1943年東京生。東京教育大学文学部卒。国立民族学博物館教授をへて、現在、静岡文化芸術大学学長

程/啓坤
1937年生。浙江農業大学茶学系卒。中国農業科学院茶葉研究所・研究員、所長を経て、現在中国国際茶文化研究会名誉副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 宮帯出版社 (2012/10/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/10/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 351ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4863668619
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4863668614
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
2 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
51%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年9月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 お茶ファン必携の書
ユーザー名: 質屋の末裔、日付: 2020年9月19日
茶経を著した中国の陸羽は、日本で言えば天平文化の時代だった頃の人である。しかし、その内容はと言えば、お茶に関する知識を体系的に網羅したものとして古今東西の著作の中でも随一といってよいほどの内容を誇る。唐の時代に飲まれた方法によるお茶を対象としているため、宋代以降に主流となった煎茶などと比較するとお茶の淹れ方や道具などは異なっている部分もあるが、それが少しもハンデとなっておらず、陸羽のすすめる方法論でお茶を飲むならば、今もってそれが最高の喫茶法となる。根底となるお茶そのものに対する考え方や選び方、水について、茶樹の種類や生えている環境についてなどなど、広く深く掘り下げられており、今読んでも十分役に立つ知見がたくさん盛り込まれている。お茶ファンを自認するなら必読の書といえよう。

ところで、レビューの写真は私個人の所有する清代にヨーロッパ向けに輸出された景徳鎮磁器である。航海技術が飛躍的に発達したものの貿易船はたびたび嵐に襲われて沈没した。これは『Nanking Cargo』で知られる沈没船より20世紀になって引き上げられたものである。実に250年の時を海底で眠って過ごしていた品であるが、ご覧の通り、私はこれを単なるノスタルジー趣味の骨董のみならず、今なお実用可能な茶器としてコレクションしている。景徳鎮磁器のすごいところは、何百年経ってもそれが割れていない限り、作られた当時と全く同じ品質のまま茶器として使えることである。これで鳳凰単叢烏龍茶などをいただく時は、格別の味わいである。

このように、知識でもモノでもオリジナル(原点)をまずは踏まえたほうが、後代になって変更されたり新しく生み出されたりしたものと比較するとき、必ず有用となる。今日の日本を席巻しつつある茶藝のようなものは、ルーツを辿ってもせいぜい80〜90年代に台湾でもてはやされた観光業のそれと大差のないものだと知ることができよう。ましてジャンピングだの何だの、東洋はおろか西洋のティー文化が発明されたイギリスにもそんな言葉で茶を語った人は誰もいないことを知るだろう。それは完全に我が国の一部だけで通用する造語である。いやはや日本人の知性の凋落ぶりには情けない限りだ。どれもこれも、巷間で喧伝される茶に関する知識や情報は、歴史的になんの裏付けもない、単なる業者が儲けるためだけに作った方便ということが最後にお分かりになると思う。(ジャンピングは何ら科学的根拠のある理論ではなく、耐熱ガラス製ポットなど外部から茶葉を観察してその動きを評しているだけに過ぎない。熱湯の中を浮かんだり沈んだりする様は見た目に面白いかも知れないが、これは何らお茶の味や品質に決定的な要因や現象ではなく本質的なものでもない)

正しい知識はこういった古典から。正しい道具は眉唾なヤフオクあたりの骨董ではなく、出どころの確かなクリスティーズなど権威あるオークションから。リファレンスとなる知識と道具を持って過去を正しく再現するならば、それがあなたにとってのゆるぎない教養となり、かけがえのない財産となります。その体験をベースにみれば、現在のまったく品質のあやしい茶器や茶そのものについて、見破る眼力と見識が得られましょう。こういうものを自分で得ようとする努力なくして、他人の言うことばかりに振り回されているうちは、あなたは一生誰かに鼻面を引き回される醜い牛と同じです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像