通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
陸王 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 良好な状態です。書き込みなしです。★帯:あり 総評価:A(A~E)しっかり梱包した上、即発送いたします。迅速で確実な配送を心がけております。当店から同時ご注文2点目から100円返金いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

陸王 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/8

5つ星のうち 4.6 148件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 780

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 陸王
  • +
  • 七つの会議 (集英社文庫)
  • +
  • 銀翼のイカロス
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 131pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

勝利を、信じろ――。
足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。


埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。
社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。
チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

内容(「BOOK」データベースより)

勝利を、信じろ。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。このシューズは、私たちの魂そのものだ!埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。日々、資金操りに頭を抱える四代目社長の宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立つ。これまで培った足袋製造の技術を生かして、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発はできないだろうか?世界的スポーツブランドとの熾烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足―。従業員20名の地方零細企業が、伝統と情熱、そして仲間との強い結びつきで一世一代の大勝負に打って出る!


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 592ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087716198
  • ISBN-13: 978-4087716191
  • 発売日: 2016/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 148件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,825位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
面白い。
何度か泣いた。
敵役に対してこれでもかっ!と、とどめを刺した記述があればスッキリしますが、(たまにはスッキリしたいデス)そこは読者の想像で余韻を楽しむのが、池井戸ワールドですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
他の方のレビューを見て購入したが、レビュー通りとても読みやすく展開が早くて面白い。ただ、池井戸潤作品はどれも「登場人物」シナリオのパターンが似ているので、目新しさはない。気楽に楽しめる娯楽作品だが、質は高く、買って損はしない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あっという間に読み終えて、気持ち良かったです。
マラソン選手の気持ちの揺れ動きや描写も素晴らしいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
池井戸潤先生の作品は、弱気ものがとてつもない強大な敵に敢然と立ち向かい時に挫折あり、それでも最後は仲間の力を借り勝利する本当に胸のすく話で癖になります。全作品を読破します。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
素晴らしいマンネリズム。おすすめな作品です。大企業対中小企業、傲慢対誠実などという対立軸をうまく作り出して、読み応えのある痛快な作品を創作されています。先の展開が予想でき、およそその通りになっていき、将来に対する希望がもてる結末がまっています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
池井戸潤の最新版ということで購入したが、例えば「町ロケット」のように感動することもなく、出来栄えは今一つかなあ
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
夕べロケ先から帰って来た愚娘、「これ読む?」
池井戸さんの新刊だった。
しばらく読むヒマがないのでお先にということらしい。
下町ロケットの池井戸作品、そんなイメージで読み始めました。ネタバレになると悪いので書きませんが、『下町・・・』を遥かに超えたすばらしい作品。一気に読了。
ビジネスドメイン開発に苦悩する老舗経営者、家業に無関心な息子、ただの金貸しに堕ちた銀行、熱いベンチャーあがり起業家、新素材製品のローンチ、コンペティター…これでもかというくらいの縦横斜めの綾を描いてなお直球な物語り。
読後感がまた良い酔い。読みごたえのあるエンターテインメントでした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
足袋老舗「こはぜ屋」が疲弊していく事業から新規事業を立ち上げ、あらゆる苦難を乗り越えてランニングシューズを作り上げていく話です。単純な偉業達成物語かと思っていたら、次々と邪魔が入り、災難が降りかかります。会社を経営するということの大変さと事業が成功していくことの醍醐味は背中合わせなのだと思います。「こはぜ屋」は老舗とはいえ、大企業ではないので経営には常に危機がつきまとい、何かと岐路に立たされます。そんなとき、手をさしのべる人がいたり、社員が応援をしてくれたりして、なんとか危機を乗り越えていきます。それは、この社長が会社を大事に思い、真摯に事業と向き合っている姿に周りが振り向かずにはいられないからなのでしょう。長い作品でしたが、そういった社長と社長を支える人たちの姿や現実に立ち向かう姿に、励まされた人は多いと思います。ちょっと気弱になっている人やこれから立ち向かわなくてはならない何かを抱えているという方にはおすすめです。勇気をもらえます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
進むべき道を決めたら、後は最大限の努力をして可能性を信じるしかない。100年続く老舗の足袋製造会社が、先細りして行く需要から暖簾存続の危機に。会社を守るための新規事業は、マラソンシューズ開発。 仕事への努力や信念、真摯に向き合うことで、人との信頼関係が発展しビジネスが生まれて行く。 苦労して成し遂げた先に芽生えるたくさんの物事に感動するも、日々続く競争に休んではいられない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「下町ロケット」同様、今回も中小企業の奮闘がテーマ。
この本は行田のたび製造会社の物語。

業務拡大に反対する経理担当。
借りたいときに貸してくれない銀行。
そしてライバル企業の妨害。。。。
このあたりは「下町ロケット」と同様。

今回は、駅伝やマラソンの様子が花を添えています。
「下町ロケット」の2番せんじといえば2番せんじかもしれませんが
私は面白く読みました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー