¥ 2,592
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
陶芸 銅・マンガン・クロムを使った装飾技法: 金属... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

陶芸 銅・マンガン・クロムを使った装飾技法: 金属顔料で新しい色彩表現に挑む 大型本 – 2017/5/9


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2017/5/9
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 5,325
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 陶芸 銅・マンガン・クロムを使った装飾技法: 金属顔料で新しい色彩表現に挑む
  • +
  • 人気陶芸作家の凄技ファイル: 作陶のスキルを上げる極意がわかる
  • +
  • 染め付け blue and white porcelain
総額: ¥6,696
ポイントの合計: 202pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

陶芸において発色の調整は、鉄やコバルト、銅、マンガン、クロムなどを主成分とする金属顔料によって行われる。
なかでも、近代になって入手しやすくなった銅・マンガン・クロムは、新しい装飾の可能性を秘めた素材と言える。

これらの金属がもたらすピンクや緑、青、紫色などの発色は、伝統的な作品にはなかったとても魅力的なものだが、
陶芸の歴史上まだまだ新しい素材であるため、これまで書籍でレシピや表現方法などが紹介されることはなかった。

本書では、象嵌や練上げ、化粧土装飾、掻き落とし、下絵付け、釉上彩などの技法と組み合わせて、
筆者オリジナルの技法で、本書のためにつくった参考作品とともに詳しく解説する。

著者について

小山 耕一:日本工芸会正会員。1983年玉川大学文学部芸術学科陶芸コース卒業。 日本陶芸倶楽部を経て、東京都台東区竜泉に築窯。 1997年第35回朝日陶芸展特別賞。2003年第43回伝統工芸新作展東京都教育委員会賞。 2007年おおたき北海道陶芸展大賞。2008年第70回一水会陶芸部公募展会員優賞。 おもな著書に『釉薬・加飾による新陶芸技法』『化粧・粘土による新陶芸技法』 『増補改訂版 釉薬・加飾による新陶芸技法』(すべて誠文堂新光社刊)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 127ページ
  • 出版社: 誠文堂新光社 (2017/5/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4416517041
  • ISBN-13: 978-4416517048
  • 発売日: 2017/5/9
  • 梱包サイズ: 25.8 x 21.2 x 1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,098位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。化粧落とし