Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 820

¥ 66の割引 (7%)

ポイント : 155pt (18%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田中聡]の陰謀論の正体!
Kindle App Ad

陰謀論の正体! Kindle版

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 820
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886 ¥ 221

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

安倍晋三首相がケネディ駐日米大使と交わした握手がフリーメーソン式であったということで、安倍首相はフリーメーソンだと断じる人たちがいる。小泉純一郎元首相の〝脱原発〟も実は「大きな力が動いている」せいだと信じる人たちがいる。三・一一以降、マスメディアへの信用が失墜し、ネットの情報に依存して、いつのまにか陰謀論が世界を覆っている。その理由を解き明かし、「陰謀論の時代」を生きるためのリテラシーを提示する。

内容(「BOOK」データベースより)

安倍晋三首相がケネディ駐日米大使と交わした握手がフリーメーソン式であったということで、安倍首相はフリーメーソンだと断じる人たちがいる。小泉純一郎元首相の“脱原発”も実は「大きな力が動いている」せいだと信じる人たちがいる。三・一一以降、マスメディアへの信用が失墜し、ネットの情報に依存して、いつのまにか陰謀論が世界を覆っている。その理由を解き明かし「陰謀論の時代」を生きるためのリテラシーを提示する。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 309 KB
  • 紙の本の長さ: 123 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2014/7/3)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00LGB5ZQ6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 63,287位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
陰謀論の裏にある真実と、その真実の裏にある陰謀論と
そのまた裏にある真実、と、際限なく続く輪廻。

それが陰謀論である。

東日本は自身平気だ。
アポロ月着陸はスタジオで撮られた
といった荒唐無稽なものから、
小泉純一郎の郵政民営化は、アメリカに
巨額の郵貯マネーを自由に使ってもらうためだ、
といった、ちょっと真実味を帯びたものまで、
これを陰謀論といっていいのかといわれる事例も数多く挙げられ
興味深い。

そも、
陰謀論の発生は
・何事にも偶然はない
・何事も表面とは異なる
・何事も結託している
という3点の考え方が、人口に膾炙していることから発生するそうだ。

私は思うが、時代の雰囲気が人々の集団思考(集団による浅慮)を
形作り、陰謀論のみならず、真実をも後押ししているのではないかと思う。

つまり陰謀論はある種の真実を含み、
その真実が、陰謀論を後押しして、
簡単に言うと
「火のないところに、煙は立たない」
という、共同幻想を生み出すのではないか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
変わることなど思いもしなかった日々の生活が、実はいつ崩れ去っても不思議ではないことに気づかされてしまった。私は今、地震におびえ、近隣諸国との戦争の予感におびえ、放射能による将来への影響におびえて生活している。
そして、国営放送と全国紙が、この不安を和らげることにほとんど無力なことを実感している。

著者は、「私たちが、食の安全、健康、生命を守るため、お墨付きのない情報も取り込み、咀嚼し、利用していかなければならなくなった」と述べている。(と私は読んだ)

著者は、陰謀論として話題となっている膨大なテーマについて、形成された背景、経過について解説をしている。陰謀論とは無縁の生活をしていた私たちが、お墨付きのない情報との付き合い方の指南書になっている。あまり乗り気ではないが、時代がすでにそうなってしまったなら、やはり向き合うしかないだろう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 田中誠子 投稿日 2015/10/21
形式: 新書 Amazonで購入
陰謀論に一石を投じる本ですね。ぜひ陰謀論者に読んでいただきたい!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover

関連商品を探す