Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 855

¥ 95の割引 (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[呉座 勇一]の陰謀の日本中世史 (角川新書)

陰謀の日本中世史 (角川新書) Kindle版

5つ星のうち 4.0 60件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 855
新書 ¥ 950 ¥ 382

商品の説明

メディア掲載レビューほか

本能寺の変に“黒幕"はいたのか 日本史の陰謀論を論破する

素晴らしい快著だ。胸のつかえが一挙に取れる。

本書は、具体的な史実に照らして日本中世史にかかわるもっともらしい陰謀論、トンデモ説の類を一刀両断に裁いたものである。

著者は、主要な陰謀論等を七章に分けて論じているが、その代表として、本能寺の変を取り上げてみよう。

著者は朝廷黒幕説、足利義昭黒幕説、イエズス会黒幕説、それに家康黒幕説を順に紹介し、それぞれの問題点を史料に基づいて丁寧に解説、論破していく。本書を素直に読めば、本能寺の変に黒幕は存在せず、光秀の単独犯行であったことが自ずと了解されよう。

著者お得意の応仁の乱はどうか。これまでは、「応仁記」に従い義政の後継争いが原因で、義視(よしみ/弟)で決まっていたものを、後から生まれた義尚(よしひさ/子)可愛さに実母の日野富子が暗躍したことが主因とされてきた。

しかし、著者は史料を綿密に考証し、乱の原因は、畠山氏内紛への山名宗全の介入が契機であって将軍家のお家騒動ではないと結論付ける。

では、なぜ、「応仁記」が富子陰謀論を捏造したのか。

それは「応仁記」が成立した足利義稙(よしたね)の時代に義稙を支えた細川高国と畠山尚順(ひさのぶ)が恩讐を乗り越えるために「ウソの歴史」を必要としたからである、と著者は喝破する。

第一次世界大戦は、クリストファー・クラークの名著『夢遊病者たち』(みすず書房)が見事に描いたように、地域紛争で終わる話が、指導者の優柔不断等により世界大戦へと拡大していった。多大な惨禍をもたらした応仁の乱も、もとは一守護大名家のお家騒動から燃え広がったが、それでは後の人々に納得できないものが残ったに違いない。

そこで富子による将軍後継者問題が大乱を生んだという分かりやすい構図が定着していったのである。

陰謀論は、「因果関係の単純明快すぎる説明」、「論理の飛躍」、「結果から逆行して原因を引きだす」という三つの特徴を持つ。

人はなぜ陰謀論を信じるのか。それは、「単純明快で分かりやすく」、「歴史の真実を知っているという優越感を抱ける」からであり、インテリほど騙されやすいのである。その点、陰謀論は疑似科学に似ている。

また、専門家は陰謀論を暴いても研究業績にならないので無視しがちだ。しかし、専門家が無関心を決め込めば、陰謀論やトンデモ説は生き続け、フェイクニュースの温床になる。「江戸しぐさ」がその典型だろう。「誰かが猫の首に鈴をつけなければならないのだ」(著者)。後に続くであろう専門家に期待したい。

評者:出口治明

(週刊文春 2018年04月12日号掲載)

内容紹介

ベストセラー『応仁の乱』の著者、構想三年の書き下ろし!

本能寺の変に黒幕あり? 
関ヶ原は家康の陰謀?
義経は陰謀の犠牲者?
俗説、一蹴!
『応仁の乱』の著者が史上有名な“陰謀”をたどりつつ、
“陰謀論”を徹底論破する。

史実とフィクションは明瞭に違う!
◆本能寺の変に黒幕あり?→いない。光秀をバカにしすぎ
◆関ヶ原は家康の陰謀? →違う。家康も追い詰められていた
◆義経は陰謀の犠牲者? →誤り。義経の権力は砂上の楼閣だった

他、
■足利尊氏=陰謀家説は疑わしい
■後醍醐天皇は黒幕ではなく被害者だった!?
■富子はスケープゴートにされた
■騙されやすかった信長
■「三成が家康の伏見屋敷に逃げ込んだ」は俗説
■「小山評定」は架空の会議

「事実」はドラマや小説より面白い。
陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破!!
トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために。
陰謀論の法則まで明らかにする、必読の歴史入門書!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4704 KB
  • 紙の本の長さ: 287 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2018/3/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07B7FGYQT
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 60件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 5,858位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年5月13日
形式: 新書Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月29日
形式: Kindle版Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月30日
形式: 新書Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月13日
形式: Kindle版Amazonで購入
2018年5月20日
形式: Kindle版Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年3月18日
形式: 新書Amazonで購入
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月12日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月26日
形式: Kindle版Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク