Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

¥ 211の割引 (39%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[劇団ひとり]の陰日向に咲く (幻冬舎文庫)
Kindle App Ad

陰日向に咲く (幻冬舎文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.2 286件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,412 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

劇団ひとりの大ベストセラー小説が電子書籍化!

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれるフリーター。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す――。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。

内容(「BOOK」データベースより)

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す―。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 202 KB
  • 紙の本の長さ: 221 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2008/7/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009CTUJRO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 286件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,803位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
あまりにも評判が良かったので、手に取りました。

前評判がいい本の場合、期待しすぎてがっかりするケースもよくありますが、正直言って評判以上におもしろかったです。

第一の魅力は登場人物。

ホームレスに憧れる男性、アイドルを一途に愛し、応援し続ける男性、「なんとなく」カメラマンになりたいと思っているフリーターの女性、悪者になりきれない小心者のギャンブラー、売れない芸人に恋して上京した女性など、ちょっと社会からはみ出した感じなんだけど、自分の心の片隅にも住んでいそうな人たち。さえないけれど、自分らしく生きようとする彼らの純粋な姿に、ある時は笑わされ、またある時はしんみりさせられます。

第二の魅力は、劇団ひとり氏の人間観察力とそれをユニークかつ適切に表現できる筆力ですね。頭の中にイメージは浮かび上がっても、それを実際にことばで表すことはとても難しいことです。本業でもないのにこのレベルのものが書けるのはすごいと思います。

第三の魅力は、意外性のあるプロットと人物のつながり。読めば読むほど、「もしかしてこの人は…」という発見がありそうです。

そして何よりも、各登場人物へ向けられた温かいまなざしが、すがすがしい読後感を誘います。「自分は自分なんだから、そのままでいいんだよ」と背中を押してもらえた気がします。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 意外に面白いといううわさと、朝のテレビドラマで見たことある人なので読んでみる事にしたのだ。意外に面白いと聞いて読んだのだから意外に感じるのはおかしな話のような気もするけれど、まさかここまでとは思わなかった。はっきり言ってこういう言い方も失礼なようだけれど、物凄くまっとうな小説で、実に上手い展開だ。これは小説家が読んでも上手い小説だと認識するのではないか。あるいはやられたと思うのではないか。いいや、そんなことはないよ、こんなの小説じゃないよ、という小説家がいるかもしれないが、そんなこといっても、たぶんこの小説は勝手に上手い小説として市民権を得るだろう。よくできているけれど、垣根を越えて小説という手法の普及まで果たすのではないか。そんな可能性まで感じさせられるほど、実に上手い。それでいて話は面白い。なんだか不思議な気持ちになった。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一生懸命生きていてもなんだか空回りしちゃって、

でも力を抜いて生きてみても、結局だめだった。

そんな空回りな人々が織成す物語。

純粋で面白いと思いました。

生命力にみなぎってる人よりも

こういうチョッと何かが欠落してる人のほうが

味が出ていいんだよなぁ。なんて思いながら読みました。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
芸人が書いた「色モノ」と思って、買うことをためらってました。

しかし読んでビックリ、「うまい!」の一言。

ちょっと泣いて、含み笑いして・・・

とにかく、読んでみるべし。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ito4188 VINE メンバー 投稿日 2006/2/9
形式: 単行本
帯には名のある作家さんの手放しのほめ言葉が載っているが、あながち誇張されたものではないと思った。技巧的な部分や構成など、感心する部分はいくらでもあるが、とにかく一言で言えば抜群に面白い小説なのだ。ちょっと世間から外れ気味の一風変わった人々を見つめる暖かい視点が素晴らしい。「芸人が書いた」などどいう冠は全く不要だと思う。一人の作家のデビュー作として、これは大いに評価されるべき作品である。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はすごく好感がもてました。
基本はやっぱりコントなんだと思います。
極端に誇張されたキャラクター。
独特の表現や言い回しによるストーリーとは関係のない小ネタ。
各篇に正しく?用意されている大オチ。
また、完全にやり過ぎ感のあるリンクも、《ぶん殴った男》や
《ジュピターさん》のキャラの変わりようも、
「いいかげんにしろ!」「キャラ変わり過ぎだろ!」のツッコミを
想定したボケのような気がします。

小説としては・・・と色々意見が分かれるかもしれません。
ただ、表紙には本名でもペンネームでもなく「劇団ひとり」と書かれています。
あくまでお笑い芸人「劇団ひとり」の本。私はそれを承知で買いました。
そしてこの本で受けた印象は、テレビなどから受ける著者の印象と、
良くも悪くも全く同じでした。 だから私はとても好感がもてました。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover