中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【綺麗なお品】中古品としては使用感が少なくきれいな状態です。本のカバーや中身には書き込みやラインはなく非常に良い商品状態です。※帯がない場合がございます。通常、ゆうメールで丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

陰日向に咲く 単行本 – 2006/1

5つ星のうち 4.1 291件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,511 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す―。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

劇団ひとり
1977年千葉県生まれ。父の仕事の関係で幼少期をアラスカで過ごす。1992年デビュー。コンビ「スープレックス」を結成するが2000年解散。ピン芸人として再出発後、総勢十名のキャラクターを演じる一人芝居で注目される。映画「嫌われ松子の一生」やTVドラマ「電車男」等で俳優としても活躍。『陰日向に咲く』が初の著作であり、処女小説となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 220ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2006/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344011023
  • ISBN-13: 978-4344011021
  • 発売日: 2006/01
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 291件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 318,474位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
伏線貼りまくりで面白すぎて、1日で読みました。
信号の待ち時間すらも惜しくて広げて読んだ本は、後にも先にもこれだけなんだろうな、と。

あとは読みやすさと引き込まれやすさ。
私は数ページ読んで「つまんない」と感じると続きは絶対読まないタイプなので、最初から最後まで面白さが変わらないこの作品は最高でした。

ちなみに何人もの人にこの本を薦め、その時に「夜寝る前に読まない方が良い」と必ず言いました(夢中になって眠れなくなるから)。
それなのに私の言いつけをことごとく破り「寝不足でつらい…」と言うボヤキをいくついただいた事か(笑)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容は何気ない日常で、でも少しおかしな日常。
みんなの想いが交錯し、創り上げられる人間模様。
もう一度読みたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
一話目「道草」、家庭持ちの会社員がふと、日常が嫌になり、趣味でホームレスのふりをする話を読んで、文章も何だか平易だし、ラストがこれか?なんだ所詮、プロというには及ばない。2冊目を出しているか知らないが、これはもう大して売れないよね。と、思った。

古本には帯も付いており、某芸能人が「心より泣きました」と書いていたが、「アオリだな」と感じた。

が、二話目「拝啓、僕のアイドル様」で不覚にも泣かされてしまった。途中まではまだ暇潰し。「彼女の母親以上に俺のそのアイドルへの愛は強い」って、アイドルファンってそんなもんでしょ、と受け流し。しかし、ラストでそのアイドルが初恋の相手であることが記される。

或いは、いや大抵現実的ではないが、そういうことなら、個人的には今までの“強い入れ込み”に思えたもののすべての説明がつく。

文章構成が簡単な感じはするが泣いてしまった。帯の芸能人の言葉が嘘じゃないことも分かった。ミャーコのはなし。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最初、短編をいくつか収載したものだと思っていました。
けれど、全てつながっているんですよね。

伏線が楽しい反面、時間軸も前後することもあって、わかりにくくもあって少し混乱してしまいます。
でも、これだけのキャラを立たせつつ多くの伏線を張って作品を作り上げるのは並大抵ではできない。
本当に凄いと思います。

変に文学かぶれしてなくて、難しい言葉やら、変な引用とかなくて、芸人として勝負している姿勢が凄く良いです。

そして最後の解説を父がされてますよね。
ひとりさんのこれまでの、特に高校を退学したことを含めた人生を振り返り、
「もしも、あの工業高校を普通の成績で卒業していたらどうなっていたでしょうか。今の『劇団ひとり』は生まれていたでしょうか。人生、何が幸いするか分かりません」という文章には胸が熱くなりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 6138 投稿日 2017/6/12
形式: 単行本
ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれる女子大生。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。場末の舞台に立つお笑いコンビ。彼らの陽のあたらない人生に、時にひとすじの光が差す―。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デヴュー作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zooaqua 投稿日 2015/8/31
形式: 単行本
昔、読んで紛失してしまったので、こちらで購入しました。映画も良かったですが、やはり原作最高です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ある意味、KAGEROUよりも性質が悪い。
所詮自費出版のレベルを出ない出来でしかない。編集がある程度修正して、
出版できるレベルに直しているが、起承転結の欠如以前に一体フィクション
を書いて何を訴えたいのか?どのような展開を書きたいのか?本人の精神
構造が未完成で、未熟で、歪んだプライドがさく裂してしまっている。
本人の芸風と同じである。長時間読まされるのが苦痛で、まるで小学生の
嫌々課題のために書いた作文を読まされている気分になる。芸人だったら
面白ければ、何をしてもいいんだろうが、文学は違う。こんな文学を舐めた作品
は二度と出版してほしくない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
劇団ひとりの意外な才能に驚きつつ読めました。

彼の芸風の元でもある多種多様な人への鋭い人間観察力というものをまざまざと見せ付けられる仕上がりだと思います。

複数の登場人物がそれぞれに関連しあいつつも、一方で自分自身の人生を生きている。

連鎖的なストーリー展開でどんどん読んでいけるでしょう。

大物作家のストーリーの巧妙さとは違うし、彼らしさも文章の所々から感じられますが、嫌な感じでは無く新人作家として素晴らしい作品だと思います。

1つ言うなら、装丁に劇団ひとりの写真が裏表使われてるのがちょっと笑えます。

だって、この人が書いたことを本を閉じるたびに「あぁ、そうだったね」と実感させられてしまうんだもの。

そこが、良いところなのか?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー