阪急電車 片道15分の奇跡 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

阪急電車 片道15分の奇跡 [DVD]

5つ星のうち 4.2 124件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,697 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 407 (10%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,697より 中古品の出品:4¥ 2,986より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 阪急電車 片道15分の奇跡 [DVD]
  • +
  • 阪急電車 (幻冬舎文庫)
総額: ¥4,273
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 中谷美紀, 戸田恵梨香, 南果歩, 谷村美月, 有村架純
  • 監督: 三宅喜重
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2011/10/28
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 124件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005GOIOZS
  • EAN: 4988013674028
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 6,870位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

有川浩によるベストセラー小説を映画化したハートフルドラマ。関西を走る片道15分のローカル線・阪急今津線を舞台に、さまざまな悩みを抱えながら同じ電車に偶然乗り合わせた乗客たちに起こる、小さな奇跡を綴る。

内容(「Oricon」データベースより)

人気作家・有川浩のベストセラー小説『阪急電車』を映画化!宝塚から西宮北口間を走る、えんじ色の車体にレトロな内装の阪急今津線。その電車に様々な愛に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた―。片道わずか15分のローカル線で起こる、世代を超えた温かい奇跡の物語。DVD通常版。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 わずか何両かの車両とそこで流れる時間の中には多くのエピソードが詰まっている。そこには人々の喜怒哀楽が常にある。この作品はそこを見事にすくいあげている。大きな展開はないけどそこに魅力がある。ありふれた日常の数々を見事に映し出しているのだ。ウェディングドレス姿の乗客はいないだろうけど。
 登場人物が多いが1人1人のエピソードを丁寧に描いているので混乱する心配も無用だ。季節を越え描いているのもいい。その間に変わったことやそうでないことがきっちり描かれていて。回想シーンが中心なのだがそれが続くのかと思うと、別の演出をしてくる。このあたりも非常にうまい。観ている間は笑ったり、少しグスンときたり。実に映画らしい映画だ。
 女優陣がとくに頑張っていた。なかでも宮本信子は好演だった。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
aikoのホームはまるで今津北線のホームに電車が滑り込むような軽快さで映画の後の爽やかな感動を呼ぶから秀逸。

中谷美紀の翔子の場面から映画は始まるわけですが、一人ひとりの登場人物が深いかかわりは持たずとも、各場面、今津北線の各駅でお互いの人生にリンクして、物語が進むあたりが、人間の縁みたいなものを今津北線を通じて、電車の中のあるいはその沿線でのエピソードとして語られるわけであり、基本は小説の中のイメージを壊さずに映像化されるのが非常によかった。

阪急神戸線と京都線経由で大学に通った経験がありますが、改めて小林駅を訪れてみて、イズミヤや翔子と小学生のショウコが座ったベンチを見て、ぜひこの町に住んでみたいと思わせるような、閑静な住宅地が舞台となったことに、この映画の人間というものに対する優しさを感じました。

映画はちょっと、ほろりとします。

でも、終着駅は、きっと笑顔。たぶんそうなると思います。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
久しぶりに人に鑑賞を勧めたくなる映画に出会えました。

細かく粗探しをすれば批判できる部分もありますが、
鑑賞後のホッコリした気分のよさといったら、
それを補って余りあるどころか、
批判する気すら沸かないくらいです。

特に宮本信子が演じるおばあちゃんが最高です。
孫への厳しくも愛情溢れる躾、
若き日の旦那さんを思い出したときのかわいらしさ、
周囲の迷惑を省みないおばちゃん達への怒り、
どれも感動的でした。

この映画のすばらしさに触れ、
原作も読んでみたくなりました。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 わずか何両かの車両とそこで流れる時間の中には多くのエピソードが詰まっている。そこには人々の喜怒哀楽が常にある。この作品はそこを見事にすくいあげている。大きな展開はないけどそこに魅力がある。ありふれた日常の数々を見事に映し出しているのだ。ウェディングドレス姿の乗客はいないだろうけど。
 登場人物が多いが1人1人のエピソードを丁寧に描いているので混乱する心配も無用だ。季節を越え描いているのもいい。その間に変わったことやそうでないことがきっちり描かれていて。回想シーンが中心なのだがそれが続くのかと思うと、別の演出をしてくる。このあたりも非常にうまい。観ている間は笑ったり、少しグスンときたり。実に映画らしい映画だ。
 女優陣がとくに頑張っていた。なかでも宮本信子は好演だった。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 祭りの後 VINE メンバー 投稿日 2014/11/30
形式: DVD
あまりクォリティの高い映画ではないが、好きな映画の一つである。他のレビュアーにも指摘されている方がいるが、偶然が多過ぎ、設定も不自然な部分が多い。また人生の教訓のようなものがあちこちにちりばめてあり、こちらも制作側の意図が見え透いていて違和感がある。にも関わらずであるが、この映画には思わず涙をこぼさせる場面が何度も出て来る。陳腐だとわかっていながら泣いてしまうのはやはりこの映画のパワーなんだろう。最後に中谷美紀さんと戸田恵梨香さんが「人生そんなに悪くない」と言う場面が出て来るが、見終わって「人生そんなに悪くない」と思わせてくれるような心温まる映画であった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画、例えばTVで有る度に観ている。
いったいどの層をターゲットにした映画が知らないが、
例えば、これも男目線で言えば、
この映画中の彼女たちは世の女性たちの
何割くらいに受け入れられる存在なのだろうか?

或いは例えば、真面目過ぎる故に過労死寸前な人にも気晴らしで観てほしい。
つまり「まともな人間」というキーワードにアプローチしてくれる話ばかりで構成され、
どこかで物の観方を元にリセットされ、或いは浄化をされ、
「あるべき自分」を見い出せるかもしれません。笑

まだ一度も観ていない人、
「自分はまともな人」と思える人にはレンタルでも是非観て欲しい作品。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック