中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

闘育論―亀田流三兄弟の育て方 単行本(ソフトカバー) – 2006/2

5つ星のうち 1.6 78件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

亀田三兄弟の父が世界最強の子育てを激白!!
亀田興毅・大毅・和毅の三人息子をボクシング世界チャンピオンにする! 壮大な目標を掲げた父親の型破りな子育てとは!? 亀田三兄弟の父にしてトレーナーの亀田史郎による「闘育」ノンフィクション!!

内容(「BOOK」データベースより)

興毅・大毅・和毅をボクシング世界チャンピオンにする!スーパー親父の激白子育て論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 創美社 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4420310146
  • ISBN-13: 978-4420310147
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.6 78件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 327,139位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
亀田戦に対して批判的風潮だったテレビ朝日に乗り込み、ガッツ石松や、やくみつるに噛みついた史郎氏を見てインネンをつけに来たチンピラみたいにしか見えなかったのは私だけでしょうか?あの親にして、あの子あり。でっちあげの英雄は、いりません!
コメント 1,059人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
教育について、親と子の観点でのみ語っている。

そこには「社会」や「他人」という観点が全く登場しないので、一般社会では通用しない教育論と思います。

社会との関わりを無視した教育などは意味を持たない。

小さな世界でのみ通用する教育論だと思いました。

買ってまで読む価値は無い。
コメント 254人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
単純に自分もボクシングの経験者として思うのはボクシングは一人では出来ないと言う事です。試合前のパフォーマンスは分かります。選手がするのは選手の個性だと思いますが指導者である筆者が選手以上に対戦相手を挑発し試合後は相手選手を称える事もしない。すごくみっともない行為じゃないですか?自分の子供の前で。最低限度の礼節は指導者はもって無ければならないと私は思います。自分の果たせなかった夢を子供に託し子供がそれに応えてくれている事は悪い事だとは思いませんが子供に自分の夢を叶えさせる環境しか与えなかった事に疑問を感じます。本当の指導者って批判的な意見も真摯に受け止めるはずです。ちょっと周りが見えてないんじゃないですか?思い込みが激しい人って可哀相ですよ。
コメント 165人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は自分が世の中で一番正しいとおもっている常識を知らないかわいそうな人が書いた本です。

こんな教育をしていけば目も当てられないかわいそうな子が育つんだといういい勉強になりました。

この人の子供に生まれてこなくて良かった。本当によかった。

何が何でも息子を勝たす、卑劣な持ち上げ方。

これはもしや・・・試合でもやっているということでしょうかね???

とりあえず、この人の育て方を参考にしたら確実に世界中の7割、いや、8割には嫌われるということを覚悟して育ててください。
コメント 271人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本の著者は子供に自信を付けさせるために、近所の子供と遊ぶときすら細工して子供に勝たせるんだそうです。

まけた子が自信を失ったらどうするのか、まさに自己中の鏡!!

道端で見かけたら処分に協力しましょうw
コメント 271人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
どれだけご立派に飾り立てたご高説を延々並びたてても、
必ずしも出来のいい息子が出来上がるとは限らないという事例を
存分に見せ付けてくれた一冊。
教育論としては成立している部分もあるかも知れないが、
人間の育て方ではない。豺狼の育て方である。
「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉があるが、それでも最後には
誰の眼にも明らかな真実だけが残り、
悪貨は消え去る運命という事か。
コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
メディアを取り込んでというよりは、デビューから注目され後に引けなくなった感が強い。

虚飾の世界で生きる親父、そしてダシにされた兄弟たち。
先の世界戦でも審判買収の醜いヤオ劇をやらかしたばかり。
常識あるスポンサーや視聴者ならTBS離れをしているだろう。

嘘を続けるのはしんどい、嘘で得た巨額の富もまた虚しいなり。

TBSと亀田一家、そして持ち上げるマスゴミは必ずや悲惨な末路を迎えるに違いない。
コメント 180人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 boxman 投稿日 2007/10/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
こんな教育論を展開する必要があるのだろうか?
子供達にまともに義務教育すら通わせず、漢字も読めない、書けない子供を作り出した責任は
重い。ボクシングだけで一生食べていければいいが、そういう選手は稀でしょう。
前回のWBCだって、チャンピオンに挨拶することなくリングを降りていった。そういう最低限のマナーさえ守れないし、史郎氏自身も度重なる注意にも関わらず、相手トレーナーへの
ショルダーチャージ、反則の指示・・・。
反面教師にすらなりえない只の輩そのものです。こんな本、読む必要は無いです。
コメント 179人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 子は親の鏡、

 やくみつる氏との“対談”で、改めてそう認識させられた。

 周囲に迷惑かけまくりで、いくら叩かれても全然反省しない問題児は、大抵、ああいう父親を持つ。息子のトラブル相手の家に怒鳴り込み、相手をひたすら攻めて立てる。彼らに、社会常識や理屈は全く通用しない。ひたすら「我が子可愛い」だけである。親は、子供を外的から守る、子供を躾ける、二つの義務を負うが、後者が完全に抜け落ちている。親の躾が悪くて息子が嫌われるのだから、息子にとって親は最大の加害者なのだが、息子は息子で自立する気が全くない。あまりに居心地いいからだ。

 これが美しい親子愛に見える人もいるのだから、世も末という気分になった。ゆがんだ自己愛の延長に過ぎない親子愛を見て感動した人は、自分の感覚を疑うべきである。

 彼らの傍若無人ぶりから、強い人間だと感心する人もいるようだが、裏を返せば、ちょっとした揺さぶりで自滅するような、ひ弱な人間に見えてならない。ランダエタはキューピー人形をニコニコして受け取り、興毅は紙おむつを叩き落した。どちらが精神的に強い人間だろうか?

 できそこない人間の書いた教育論の中身など、推して知るべし。彼ら親子が公の場で見せる不愉快な言動の精神的土壌を知るには、よい手がかりになる。
コメント 267人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー