¥ 535
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
闘獣士 ベスティアリウス 5 (少年サンデーコミッ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

闘獣士 ベスティアリウス 5 (少年サンデーコミックススペシャル) コミックス – 2017/6/16

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 535
¥ 535 ¥ 278
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 闘獣士 ベスティアリウス 5 (少年サンデーコミックススペシャル)
  • +
  • 闘獣士 ベスティアリウス 4 (少年サンデーコミックススペシャル)
総額: ¥1,070
ポイントの合計: 36pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

亜人種希望の地へ…決死の逃避行が始まる!

ブリタニア遠征から戻ったルキウスディアスは、ドミティアヌス帝に政策の間違いを進言。だがそれにより皇帝の怒りを買ったルキウスディアスは、家族を奪われ、闘獣士にさせられてしまい…? ローマとブリタニアを舞台にした『誇りの章』堂々完結! 雑誌掲載時のカラーページ4Pも完全収録! 圧倒的画力で紡ぐ歴史スペクタクル、待望の最新刊!

【編集担当からのおすすめ情報】
ルキウスディアスとアーサーを巡る『誇りの章』が堂々のクライマックスです。
ここまでの物語が繋がり合い、ローマを巡るドラマはいよいよ最終章へと突入します。勇気と決意の最新刊、必読です!


登録情報

  • コミック: 204ページ
  • 出版社: 小学館 (2017/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091276490
  • ISBN-13: 978-4091276490
  • 発売日: 2017/6/16
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
5巻は前巻から続いて英雄から闘獣士へ堕ちたルキウスディアスの話。
泥臭くて無謀に見えるルキウス達のローマへの反逆は熱くて凄絶。
大国ローマと比べて圧倒的少数のルキウス達がどうなるのかハラハラしながら読んでました。

主人公ルキウスを支えるジギーやハンニバルも格好良く良いキャラしてると思います。
柿崎先生の書き込みの凄い絵柄も相まって4巻と5巻を通して読むと出来の良い映画を一本見たときのような満足感を感じました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
自由のために祖国と戦うルキウス、敵を殲滅するために作られ自分の存在を呪う人造人間ハンニバル。
特にハンニバルを救うために自ら傷つきながらもハンニバルの呪縛を解き放ったルキウスの姿や、
自由を得るために立ち上がった奴隷だった亜人種、まさに彼らの姿こそ英雄でありその意思こそ英雄の誇りであると思いました。
まだまだ続いて欲しいですが何やら最終決戦が近づいているような感じがしてますます目が離せないです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
話の流れ的には予想外の内容というのはあまり無いですが、王道を行く展開と表現力、作画力など超一級品です。刊行ペースは遅めですが、楽しみにしていきたい作品の一つです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告