Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 56の割引 (9%)

(税込)
ポイント : 150pt (27%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[真鍋昌平]の闇金ウシジマくん(22) (ビッグコミックス)
Kindle App Ad

闇金ウシジマくん(22) (ビッグコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 闇金ウシジマくん(ビッグコミックス)の39の第22巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

紙の本の長さ: 264ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

歌舞伎町No.1ホストの王座--何もない若き日の高田・瑠偉斗は、この街で成り上がるために、ライバルとの激戦を制し、キングを目指す。一方、瑠偉斗の太客・愛華は、街にも家にも居場所がない。自分の居場所を求めて売春を繰り返し、ひらすら瑠偉斗に貢ぐ。若い二人が見た「一瞬の栄光」、そして…重き十字架を背負うとはこのことなのか!ホスト編ラストを見逃すな!!圧倒的リアリティーで現代の闇、それでも消えない光を描いた小学館漫画賞受賞作、単行本第22弾!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 72149 KB
  • 紙の本の長さ: 264 ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/8/30)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00AQ9H3VY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 El Che Nanto. 投稿日 2013/5/16
形式: Kindle版 Amazonで購入
ちょっと見ててツライわと思った。
救いがないし、ホストとかキャバとかて本当に大変だなと思ってしまった
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
雑誌では一応読んでたんですが、単行本でまとめて読んだらこれが意外とぐっときた。真鍋先生の本領発揮でしょう。
筋はホストとその彼女の悲恋もの。ウシジマくんでは出尽くして少々飽きさえしてる裏の世界の嫌さ(段々とホラーの類型になってるのが興味深い)をまじえつつも、ベタとも言える悲恋ものがなぜかぐっとくる。
なぜか。これが思春期・青春期の挫折の物語だからです。

真鍋先生の昔からのファンはご存知でしょうが、先生は昔から「青春の蹉跌」を描いており、これが非常に良いのです。
ウシジマくんにおいても、ギャル男くん編のギャルサーイベントの乱痴気騒ぎとその祭りの終わりを予感させる寂しさ・ゲイくん編の花火を見上げるラストの言い知れぬ味わい・サラリーマンくん編で地獄へと向かう友人が輝かしかった若き日を思い出すあの感じ・トレンディーくん編で友情を確認できた二人が最後希望に満ちたように並んで歩く(そしてその後残酷に終わったという後日譚も含めて)あの感じ。
眩しいばかりの青春期と、それが有限のものであると思い知らされる挫折・破滅のコントラスト、それこそが真鍋先生の真骨頂であると思います。

個人的に思い入れの深いアフタ時代の佳作「THE END」のラストに出てくる猫が、この巻にも登場します。「THE END」でも猫一匹だけが広い外
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/8/30
形式: コミック Amazonで購入
ホストくんのエピソード、もうちょっと引っ張るのかと思ったら、この巻で完結。ウシジマのエピソードの中では短いほうだと思うけどこのマンガのエッセンス=人間の闇がギュッと凝縮されている感じ。ウシジマの最近の流れ、正直ちょっと面白くなくなってきた、、、と思ってたけど、ホストとホストに入れあげる女、金と欲、ある意味原点回帰。最後のほう、読んでてブルブルきた。こういう感覚は久しぶり。是非この路線をキープして欲しいもの。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
雑誌連載を追っていないので作者ツイッターがソースですが
「ホストくん」編で残るわだかまりは次編の「元ホストくん」にて描かれるとのことです。
その点を考慮し、「ホストくん」編の完結である今巻に抱く印象は確かに話の筋が陳腐であるということです。

ネタバレ気味になるのでなるべく伏せて書きますが
ホスト時代の「高田」と「愛華」の関係の変遷が
この作品含め再三再四目にしてきたことのある「男のために借金をする女の成れの果て」の範疇にすぎず
前巻で抱いた「愛華とは誰なのか」という関心の答えとしては弱く思いました。

ただ、個人的に好きなキャラであった「高田」の過去を描くという意味では
ホストとしての苦悩、栄光と没落、その後ウシジマに拾われるまでをようやくにして把握でき
登場初期など、比較的一般人的な主体として描かれることが多い「高田」の内面を補充するに足る内容でした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あまぞん 投稿日 2011/8/31
形式: コミック
すべての巻を集め、さらには何度も読み返すほどこの作品は大好きです。
面白いというよりは普段は隠されて見えない現実や闇をリアルに描写してあるところは
それと同時に怖さも印象深く残ります。

ただ、今回の巻についてはやや意外性が薄かったような気がしました。
前巻を読んだ方にはわかるとおもいますが、過去編ということもあり結末はある程度明らかにされています。今回はそこまでのプロセスを
描いたシリーズだったのと、ホストの世界はある程度いろんなメディアでもクローズアップされていますのでそこまで驚くような
ストーリーではないように思います。いくらなんでもそれ以上なんでもかんでも描けないとは思いますし。

評価も個人的には期待ほどではなかったというだけで、作品としては充分見ごたえのあるものだったように思います。
相変わらず読み終わったあとはなんか怖かったです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover