通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

闇の子供たち 単行本 – 2002/11

5つ星のうち 3.8 109件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 741 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界中の富裕層の性的玩具として弄ばれるタイの子供たち。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。モラルや憐憫を破壊する資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

幼児売春。臓器売買。抑圧と貧困が支配するこの世界で蹂躙される子供たちの運命。日本文学史上、類例なき問題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 401ページ
  • 出版社: 解放出版社 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4759260722
  • ISBN-13: 978-4759260724
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.4 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 109件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,036,647位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
例えは何ですが、スタンリー・キューブリック監督の初期の作品「恐怖と欲望」などで、まだキューブリック監督としては未熟でゆるいのですが、人が殺されるシーンになると俄然輝くように、
この「闇の子供たち」は性虐待のシーンだけは力が入っていて、政治の話や心理描写などは全く未熟でゆるいです。

そして、人物像がよく描けていない。

これだけ濃い話なのに、一人ひとりのキャラが立っていないから、肝心のNGO団体の人達の主張も、いまひとつ心に響いてこない。

地理的なことなどは、よく調べてあると思いましたし、臓器売買に関わる男が、焼肉店を営む在日の元やくざなのがリアルだと思った程度。

でも、ペドファイルの裕福なドイツ人夫婦が貧しい子供を養子にもらうことは、一見、政府としても喜ばしいこととしか思われないなど、この本を読まなければ気づけなかったことがある。

一読の価値はあります。

映画も観てみようと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 乾ききった性描写が特徴の梁石日だが、これは酷すぎると感じる作品である。少年少女の年齢にすら達しない子供たちの売春シーン(彼等が金を稼ぐわけでないので性奴隷)が命ぎりぎりの極限まで書かれる。そして彼等業者と取引し黙認する官憲、軍、政府の実体が暴かれる。
 それに反して子供たちを救出すべく組織されているNGO「社会福祉センター」の非力さはどうだろう。職員たちの行動は激情に発しやすく方法論に欠け、読者が「それは危険だ、やめるべきだ」と思う方向にどんどん突き進んで自滅してしまうのである。
 しかし本作品を出来そこないの幼児売春撲滅キャンペーンと受け取るだけならば、あまりにナイーブであろうと考える。本当の読書家ならさらに踏み込まねばならない。
 ここに表出されているのは梁石日の世界観である。そしてそれは彼の出自である「在日」と切り離すことはあり得ない。本作品におけるタイの公権力を「日本帝国主義」に置き換え、虐待される幼児と無力のセンター職員を「植民地時代の韓国人」さらには「在日」に置き換えて見れば、作家の世界観は明瞭になる。
 「日本帝国主義」の韓国支配は、被支配民族から見れば言語を絶する理不尽な暴力であり、「在日」は今なお残るその後遺症である。「大日本帝国」のみならず全ての権力は、倫理の全く欠如した暴力的存在である以外にない。これが作家・梁石日の思
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
子供に対して性的虐待する場面にだけ作者の力が入っており
他の場面は薄っぺらもいいとこ、虐待される子供の心理描写
も描写していないも同然だし、ほかの登場人物たちも案山子
みたいでした。事実を元にした創作にしてもひどいです、
著者は本当に児童買春、臓器売買という犯罪に対して世の中
に問題提起する気あるのかと感じてしまいました。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本を読みながら、事実がどこまで担保された内容になっているのか気をつけねばならないと感じました。
子供に焦点を当てた衝撃的な内容であるだけに、富める者と貧困層、強者と弱者、先進国と発展途上国などなど、どちらが悪くてどちらが善いという単純な二元論に私たちは行き着きやすいものです。
マスコミの扱いも、NGOの活動は概して好意的に報じ、政府、官僚のそれは酷評するという報道姿勢に晒されている国民としては、無意識のうちに、正義と反正義をこうした二元論で色分けされることに抵抗を感じないのかも知れません。
センセーショナルであるだけに、話題性は十分かも知れませんが、それがそのまま真実と受け止めることは危険ではないかと感じました。
読者は、このような内容について検証できないものです。それ故に、この本の内容がどこまで事実を担保したものとなっているのか、著者の梁石日氏は本文中でも、あとがきでも、もっと説明すべきではないでしょうか。
ルポルタージュやノンフクションではなく、小説という形式をとっていることで、内容の異常さは脚色された部分もあることを読者には予めエクスキューズされたものと理解すべきという考え方もあるかも知れません。それなら、伝聞と推定を交えた梁石日氏の創作という観点でこの小説を読むことはできるでしょう。
つまり、如何にもありそうな
...続きを読む ›
コメント 196人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー