闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品です)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.6 67件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,926より 中古品の出品:9¥ 1,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • 闇の子供たち (幻冬舎文庫)
総額: ¥4,667
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 江口洋介, 宮崎あおい, 妻夫木聡, プラパドン・スワンバン, プライマー・ラッチャタ
  • 監督: 阪本順治
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2009/02/25
  • 時間: 137 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 67件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001O094A2
  • JAN: 4988102611132
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 37,046位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

値札のついた命

これは、事実か、真実か、現実か。
幼児買春、人身売買の知られざる“闇”に迫る、2008年最大の衝撃作!

【初回限定特典】
●特製ブックレット(16p)封入
●アウターケース

【本篇ディスク特典】
●阪本順治(監督・脚本)、笠松則通(撮影)、今村治子(スクリプター)によるオーディオ・コメンタリー収録

【特典ディスク内容】
●メイキング
●インタビュー集(江口洋介/宮﨑あおい)
●対談映像(梁石日(原作)×阪本順治)
●ティーチイン:齋藤百合子(惠泉女子学園大学)×江口洋介×阪本順治
●舞台挨拶映像(公開初日/大ヒット御礼/ロングラン御礼)
●予告篇

【スタッフ】
監督・脚本:阪本順治 原作:梁石日 撮影:笠松則通
音楽:岩代太郎 主題歌:桑田佳祐

【キャスト】
江口洋介 宮崎あおい 妻夫木聡 プラパドン・スワンバン プライマー・ラッチャタ 豊原功補 鈴木砂羽 塩見三省 佐藤浩市

【ストーリー】
タイ駐在の新聞記者、南部浩行が、闇ルートでの臓器売買に関する取材を始めると、金のために子供の命までもが容赦なく奪われるという、想像を遙かに超えたおぞましい実態が明らかになってくる。一方、理想を胸にバンコクのNGO団体に加入した音羽恵子も、子供たちがさらされている、あまりに悲惨な現実を目の当たりにしていく。やがて、突然姿を消した貧民街の少女が売春宿に売り飛ばされていることを知った恵子らNGOのメンバーは、彼女を助け出そうとするが…。

【劇場公開情報】
渋谷 シネマライズほか全国ロードショー公開

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

梁石日の同名小説を、『亡国のイージス』などを手掛けた阪本順治監督が映画化したサスペンスドラマ。新聞記者・南部と福祉活動でタイを訪れた音羽は、臓器密売や幼児売買としてタイの子供たちが取引されている現状を目の当たりにし…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2008年公開。 監督は阪本順治。

原作は梁石日(ヤン ソギル)の同名小説。 梁石日は邦画史上屈指の名作、
『血と骨』の原作も書いてます。

タイが舞台で、小児売春や臓器売買の闇を暴こうとする日本人記者やNPO職員
の物語。

原作はかなり前に読んだのであまり覚えてないのだが、結構内容が変更されてる
と思う。 ちなみに映画『血と骨』を観てあまりに面白かったので、原作を読んだら
こっちもすごすぎてやられました。 そこから梁石日の本は手に入る限り読んだ
のですが、やっぱり『血と骨』が最高傑作だと思います。

原作ではかなりエグい描写があったのだが、その辺はかなり気を使って映像化
されていた。 それでも十分ショッキングです。

俳優陣も豪華だしいい演技してるのだが、テンポがすごく悪いしありえない不自然
な展開が多いので、盛り上がれなかった。 デヴィッド・フィンチャーにリメイクして
ほしいです。

ただこの世の闇を把握するという意味では、観ておくと勉強になる作品だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
幼い子供たちのするどい視線が、あまりにもイタイ。
新聞記者 南部(江口洋介)は、正義と悪魔 を内在していた。
闇を抱えていたのは 南部だった というのを突きつける。
なぜ、そうなったのか?
が言葉が足らないそして 鏡で見せるなんて。物語が小さくなってしまう。
自分に問題を持っていってはだめである。

臓器売買というテーマは、重く、そして経済の論理で言えば ありうる話だ。
子供の臓器移植を 禁止している日本は 何故なのだろうか?
臓器移植 児童買春 エイズを、梁石日 が 本にしたということが、
アジアの抱えている問題ということを意味している。
 
宮崎あおいが NGOのボランティアに来たときの
顔からラストへいたるまでの顔の変化がことの重大性を示している。
役者自身が 深刻 に受け止めている。
妻夫木聡も おなじように、ふらふらしたカメラマンとして 浮ついていたのが。
真実をカメラで とらえようとする。
実際 ベトナムと中国の国境近くに
日本人がいて アダルトビデオなどをつくっていると聞く。

警察が腐敗しているというのは よくあることだ。
警察が 犯罪に手を貸していたら、とい
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
真正面から取り組む気がないのなら、こんな題材を選択するべきではない。
原作をどの様に「解釈」すれば、こんな学芸会に毛すら生えてない様なメロドラマに仕上がるのか?
全編通して、「切実さ」の欠片もない。
一体、何目線で語られているのか。
原作から「見栄え」のよさそうな所をチョイスして、合間に無意味な「改悪」を
挟み込んで繋げただけの映画である。
原作崇拝ではないが、あまりにも原作を冒涜している。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
になりますよ
生々しいので気持ち悪い
特に子供を売買する人間をみると殺意が沸くレベルの仕上がりです

ノンフィクションだが、現実世界でも似たようなことは起こっていそうな感じです

色々感じたことはありますが何回見ても気持ち悪い です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
梁石日(ヤン・ソギル)の原作をこのように映画化するという途方もないことに挑戦した坂本順治監督に喝采をおくりたい。
坂本の脚本がいい。
役者がいい。
江口洋介演じるタイ駐在7年の新聞記者南部を中心に展開させることにより、事実は鮮明に見えてくる。江口の演技力はすごい。
さらに、音羽を演じた宮崎あおいは、逆に可愛くて好感が持てる。
タイの大人の役者たち。ナバボーン演じたプライマ・ラッチャタ、チット演じたブラバドン・スワンバン。
そしてタイの子どもたち。
主役公はこの子どもたちである。子どもたちの演技は光輝いていることに驚く。その強さに希望をもつ。
★さらに『特典』がついている。これは、みないといけない。現在の映画人たちの姿を知るキッカケになる。
梁石日と坂本順治の対談。テーチイン。江口と宮崎へのインタビュー。さらに、舞台での挨拶。
みんな、真面目なのだ。捨てたもんじゃない。日本にも真正面にかような問題にぶつかっていった人間がいるのだ。
久しぶりの現実直視映画、必見。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。プライマー