この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

闇のカーニバル [DVD]

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 太田久美子, 桑原延享, 江戸アケミ, 遠藤ミチロウ
  • 監督: 山本政志
  • 形式: Black & White, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2001/04/25
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HXX3
  • JAN: 4510242163907
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 188,348位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

世界の映画祭で絶賛された、山田政志監督が贈るオーバードライブ・ムービー。じゃがたら、元スターリンの遠藤ミチロウほか1980年代を代表するミュージシャンが多数出演したことでも話題に。

レビュー

『てなもんやコネクション』の鬼才・山本政志監督が放つ異色作。江戸アケミなど、80年代のカウンターカルチャー・シーンを象徴するミュージシャンが多数出演。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作・監督・脚本・撮影: 山本政志 製作: 伊地知徹生 出演: 太田久美子/桑原延亮/室井滋/江戸アケミ/EBBY/遠藤ミチロウ/ナベ/じゅね/伊藤耕
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 鬱金桜 投稿日 2003/8/4
衝撃的なパンチ。痛かった。中学三年のとき深夜テレビでやってたのを観た。観てはいけないものを観てしまった感じがした。理解できなかったもん。ただただ忘れることができない内容。今観たらそんなにショッキングではないかもしれません。麻痺してるし実際こんなことあるから。でも刺激がほしいよ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「ロビンソンの庭」の監督、山本政志と主演、太田久美子のコンビで作った監督の最初の16ミリフィルム作品ということで観たが、正直、集中してみるようなシロモノではなく、雑誌とか見ながらBGVとして流してしまった。

83年の作品で、みんなバブリーでキレイ系な生き方をしていた中で、あえて、アウトサイダー、アンダーグラウンドの「闇」を描いたという意味で面白いし、役者にカメラがあたらず、あくまでハンドカメラで、その「場」を撮っているところが、妙に生々しく見えるが、いかんせん、何を言ってんのかようわからんし、ケンカ(というか殺人も混ざってる)してるかとおもいきや、踊ってたり、笑ってたり、エッチ(男同士も含む)があったり、精神分裂症的な流れで、ストーリーの体もなしていない。

ロビンソンの庭のような画の美しさもなく、モノクロの画が多くて芸術的のように見えるけれど、簡単にいうと退屈な映画。見るに値しない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す