この商品は現在お取り扱いできません。

関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 舟行 165mm AK-5028

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

この商品は現在お取り扱いできません。 在庫状況について
  • メーカー型番:AK-5028
  • サイズ:295×45×21mm
  • 重量:155g
  • 材質:刃体/あわせ材(切り刃/炭素鋼、側金/軟鉄)、口金/ナイロン、柄/天然木(朴)
  • 原産国:日本
  • 刃渡り:165mm
  • 仕様:ナイロン口金

この商品には新しいモデルがあります:

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!


キャンペーンおよび追加情報



製品概要・仕様

  • メーカー型番:AK-5028
  • サイズ:295×45×21mm
  • 重量:155g
  • 材質:刃体/あわせ材(切り刃/炭素鋼、側金/軟鉄)、口金/ナイロン、柄/天然木(朴)
  • 原産国:日本

商品の情報

詳細情報
食洗機対応いいえ
電池式いいえ
  
登録情報
ASINB0026L5MVI
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング ホーム&キッチン - 329,190位 (ベストセラーを見る)
発送重量240 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2009/4/15
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

Amazonより

切れ味冴える「鍛造和造り」

関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 舟行 165mm AK-5028

鋼と軟鉄を合わせた伝統の鍛造製法と鋭利な手仕上げ刃付けにより日本料理の繊細さを表現するための用途に合った切れ味を追求した和包丁です

小振りの魚やエビの調理に適した舟行包丁

関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 舟行 165mm AK-5028

出刃包丁より峰薄で細身となっており、骨ごと叩き切るには不向きだが、小振りの魚やエビなどに適している。また、野菜にも使えるので一本あると便利な包丁。舟行の名は漁師が船の上で全ての料理をこの包丁でまかなったことに由来する

天然木〈朴〉製ハンドル

関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 舟行 165mm AK-5028

柄の素材には高級感があり、水に濡れても傷みづらい〈朴〉を使用。耐久性と持ち易さを追求している

日本製

お手入れ方法

ご購入すぐのご使用時でも、水分・塩分等がついたままだとと10~15分で錆びる。
水分をよく拭き取って、乾いた状態にしていれば、錆びは防げる。
長期間使用しない場合は油をしみこませた新聞紙等で包み保管する。
錆びてしまった場合、砥石で研ぎながら錆びを落とすか、少しの錆びならばクレンザーか「錆び消しゴム」でも錆びが落とせる

鋼(ハガネ)製のため、錆びが出るので、食器洗浄機や食器乾燥器には対応していない

包丁の研ぎ方

関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 舟行 165mm AK-5028

1.刃の表を研ぐ。包丁を砥石の上におき、手でおさえ、刃の角度にあわせる。片方の手を柄にそえて角度を保ち、刃返りが出るまで研ぐ
2.刃の裏を研ぐ。包丁を砥石の上に平らにおき、そのまま角度をつけずに刃返りが無くなるまで数回研ぐ


簡単な包丁の研ぎ方
ちょっと切れないときは、茶碗の糸じりに刃の両面を数回すべらせる。
それでも切れにくいときは、簡易型研ぎ器で数回研ぐ

関に継承された伝統、名刀の極み

関孫六 銀寿 本鋼 和包丁 舟行 165mm AK-5028

鎌倉時代に九州から関(美濃)に移り住んだ刀鍛冶が、良質の土、水、炭に恵まれたこの地で、刀剣作りをはじめたのが関鍛冶の起源。
多くの名刀が生まれたが、名匠「関の孫六」は独特の作刀を工夫し、美しく芸術性の高い、切れ味の抜群な最上の業物を世に送り出した。
江戸から明治と時代は変遷し、関の刀匠たちの多くが家庭用刃物の製造へと転業した。
関の刀剣が「折れず曲がらず、よく切れる」と称賛された信念は、現代の刃物作りにもしっかりと受け継がれている。
「関孫六」の銘は27代目兼元、刀匠 金子孫六氏によるもので、匠の技を生かしながら、その切れ味を現代に伝えている

関孫六の銀寿 本鋼 和包丁シリーズ

はがね材と軟鉄を伝統の製法で鍛錬し、手仕上げによる本格刃つけによる鋭い切れ味と研ぎやすさを追求した和包丁シリーズ

出刃:魚をおろす時に活躍する包丁。鶏、カニ等のさばきにも使用できる刺身:デリケートな素材をつぶさず切れるよう、峰薄で幅が狭く、刃渡りが長いため、刃元から切っ先までを使い一気に引ききること菜切:野菜専用の包丁で刃が薄く、皮むきや薄切り、輪切りに半月切りなど広範囲に活躍できる包丁薄刃:野菜を中心に調理全般に使える伝統的な形状。野菜を形よく繊細に仕上げることができる舟行:漁師が舟の上で全ての料理をこの包丁でまかなっていたことに名前が由来する包丁。小振りの魚や海老、野菜にも使える鎌型:片刃の刃付けになっており、皮むきやくくり抜き、桂むきや面取りなど野菜の調理に適している

その他の貝印の関孫六シリーズはこちら


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2015年5月18日
Amazonで購入
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年11月30日
Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年3月11日
Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年8月6日
Amazonで購入
review imagereview imagereview image
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク