通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 平成19年11月15日92刷。使用感(カバーにスレ、小口破れ、キズ、ヤケ、ヨゴレ、シミ汚れ、折れなど)あり。ページに多少のヤケ、ヨゴレ、シミ汚れ、スレ汚れ、折れ、角折れ、栞切れ、軽い反りあり。読むのに支障はないと思います。迅速に発送いたします。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 1974/6/24

5つ星のうち 4.7 74件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 529
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 212

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
  • +
  • 関ヶ原〈中〉 (新潮文庫)
  • +
  • 関ヶ原〈下〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,430
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

古今最大の戦闘となった天下分け目の決戦の過程を描いて、家康・三成の権謀の渦中で命運を賭した戦国諸雄の人間像を浮彫りにする。

内容(「BOOK」データベースより)

東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 539ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1974/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152128
  • ISBN-13: 978-4101152127
  • 発売日: 1974/6/24
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
特に家康と本田正信の謀略が顕著である。人間的には好感が持てないが戦国の世ではこのようにしてでなければ天下が取れなかったのでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
司馬遼太郎を知りたい方で初めて読まれる方の入り口にはとても良い!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/8/19
形式: 文庫 Amazonで購入
 何となくしか知らない関ヶ原を、きちんと知りたいと思い本書に挑戦。
大河ドラマやサブカル作品、吉川英治、藤沢周平などの大御所の作品などで、関ヶ原に参戦する武将たちが様々なタッチで描かれてきたのを拾うようにして読んでまた見て来ましたが、書き手が誰か、また西軍東軍どちらの武将から眺めているか、ということによって関ヶ原と武将たちの印象が随分変わるものだとしみじみ感じながら読みました。
 司馬さんのご本は『坂の上の雲』以来でしたが、とにかく簡潔で、抒情的な風景描写などはほとんどなく、司馬さん一流の心理分析や史観を織り交ぜながらパッパッとテンポよくお話が展開していきます。なんとなく新聞記者らしい文章だなと思います。

 上巻では秀吉の没前没後の様子が描かれ、関ヶ原で西軍の将となる石田三成と東軍の将徳川家康の対立が徐々に際立っていきますが、本巻の内容としては三成の潔癖な人となりやその卓越した官吏的才能、親友島左近や直江兼続との交情、加藤清正や福島正則ら武闘派との深い軋轢、また家康が豊臣の法度をやすやすと破り、諸大名と婚姻関係を結んだり、利家亡き後の前田家を因縁つけて無理やり取り込んだりと、天下奪取の根回しを恐ろしい勢いで進めていく様子が主で、関ヶ原の戦のかなり手前までで終わります。

 2014年大河ドラマ『黒田官兵衛』の主人公黒田如
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
河出のMOOK(司馬遼太郎―幕末・近代の歴史観 (KAWADE夢ムック))に書いてあったと思うのですが、司馬氏は知る人ぞ知る官僚好きだったそうです。
ちょんまげ裃姿で開国し、日本がたった数十年のうちに日清・日露戦争に勝利するまでの東洋の大国となった背景には、多くの有能な官吏たちの
「国を作ろう、国を動かそう」
という情熱と努力と犠牲(政治家、軍部との摩擦など)があり、その後、第二次世界大戦の焼け跡からの復興にも国民の先頭に立つ彼らの確かな力がありました。『関ヶ原』は、そんな歴史に名前を遺さない国作りの裏方への司馬氏の偏愛が炸裂した作品であり、その意味で、極めて近代的な小説だと云わなければなりません。
つまり、三成vs家康は官僚vs政治家、三成v
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
司馬遼太郎作品は、古いというイメージがあり、今まで読んでいなかったのですが、その考えが間違いだったと気づきました。
 初版は自分が生まれるよりも前に書かれているのですが、文体に古さを感じさせない。驚きです。むしろ表現によっては新しいとさえ感じました。石田光成は、器用ゆえの不器用さが読み手に丁寧に伝わり、戦術に長けた島左近の描きには輝きも感じました。どの登場人物も実に生き生きとしていて、まるで作者がその時代に生きていたような気さえしてきました。色褪せない1冊ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
みんなが好きなのは織田信長、なんだかんだいって話題に事欠かないのが秀吉、そして最後に勝って超長期政権を築いたのに(あるいはそれゆえに)なんとなく好感度が低い徳川家康。その家康の好感度の低さと総合的政治力の高さを描ききった小説。フランス革命を長編小説(佐藤賢一『小説フランス革命』)で読んだときもこの本を読んだときも思ったけれど、革命や戦争は、ぬるぬるとはじまってダーッと盛り上がってグダグダと続いてみんなが飽き飽きしてきたころにオチがつく、という流れの中でいくつか歴史に残るような想定外の出来事が起きるという点で共通している。

ダーッと盛り上がるところと想定外の出来事だけが「歴史の最大公約数」として残るので、パッとやってサクッと片が付いたように勘違いしてしまいがちだけれど、ぬるぬるとグダグダの部分が実はひじょーに長い。そこを制する者、あるいはそこにワイルドカードとして自らを投入する者が戦いを制するといってもよい。前者が徳川家康であり、後者はナポレオンだ。そんなわけで、文庫版は上が石田治部の巻、中が家康の巻、下が家康による秀吉家臣団の切り崩しの巻、とざっくり分けられる。下巻には家臣それぞれの陰謀と損得勘定のすえの行動が描かれていて興味深い。現代の組織における権力闘争、内紛とまったく同じである。石田三成、徳川家康両氏の参謀、島左近、家康の参謀、本多正信、そしてそれぞれに
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー