通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
間抜けの構造 (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

間抜けの構造 (新潮新書) 単行本 – 2012/10/17

5つ星のうち 4.0 61件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 間抜けの構造 (新潮新書)
  • +
  • 新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか
  • +
  • 全思考 (幻冬舎文庫)
総額: ¥2,308
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

見渡せば世の中、間抜けな奴ばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。〝間″というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功することができるんだよ――。芸人、映画監督として、これまでずっと〝間″について考え格闘してきたビートたけしが、貴重な芸談に破天荒な人生論を交えて語る、この世で一番大事な〝間″の話。 ● すべての勝負事に必要なのは、相手の〝間″を外すこと ●成功の秘訣は、時代の〝間″をいかに読むか ●政治家はいつからこんな〝間抜け″ばかりになったのか ●〝間抜け″とは、自分を客観視できない奴のこと ●芸人にとって〝間″の良し悪しは、死活的に重要である ●漫才の〝間″をコントロールするのは? ●ディベートの上手い人は、呼吸の〝間″を読むのが上手い人 ●「言いたいこと」は、〝三つ″ではなく〝二つ″に絞る ●映画は、〝間″の芸術である ●説明ばかりで〝間″のない映画やドラマはつまらない ●〝間″とは何かを考えることは、日本人を考えることに通じる ●「〝間″がわかる」「空気が読める」には弊害もある ●あえて意図的に人生の〝間″をつくれ ●どうすれば〝運″や〝間″を味方につけることができるか ●我々の人生は、生きて死ぬまでの〝間″である

内容(「BOOK」データベースより)

見渡せば世の中、間抜けな奴ばかり。どいつもこいつも、間が悪いったらありゃしない。“間”というものは厄介で、その正体は見えにくいし、コントロールするのも難しい。けれど、それを制した奴だけが、それぞれの世界で成功することができるんだよ―。芸人、映画監督として、これまでずっと“間”について考え格闘してきたビートたけしが、貴重な芸談に破天荒な人生論を交えて語る、この世で一番大事な“間”の話。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 187ページ
  • 出版社: 新潮社 (2012/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106104903
  • ISBN-13: 978-4106104909
  • 発売日: 2012/10/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 48,970位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazonのお客様 投稿日 2012/12/19
形式: 単行本
「間というのは魔という文字を書く」

「間の研究」という昔の本で、六代目尾上菊五郎(歌舞伎役者)が
紹介している言葉である。

『間抜けの構造』でビートたけしは次のように解説している。
---------------------------------------------------
歌舞伎でも踊りでもその出来を左右するものは"間"であって、
芸時を活かすも殺すも、"間"次第。
それだけ"間"というものは重要なんだけど、同時に怖い物でもあって、
"間"を外せば、"魔"ともなる。そんな含蓄のある言葉。
---------------------------------------------------

お笑い芸人にとっては死活的に重要なこの"間"であるが、
著者は、お笑いだけではなく、スポーツや芸術・映画、
はたまた人生において、"間"は決定的に重要であると断言している。

日本人は「床の間」や「茶の間」といった空間に昔から馴染み、
「間に合う」という慣用句もあるくらい、"間"を大事にしてきた民族。
この欧米に存在しない言葉や概念である"間"を考えることは、
日本人を考えることに
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ビートたけしが、間について語っています。
他人も含めたさまざまの失敗談で読者を笑わせながら、かなりまじめに、自分の考えを述べています。
漫才において、ツッコミが間の司令塔で、この客で、この間ではだめだと悟ったら、ツッコミがそれを変えていく。
というような、専門的な話もでてきます。
そのほか、間に必ずしも関係があるかどうかわかりませんが、自分の半生を振り返ってもいます。

単純に読んでおもしろいですし、お笑い芸人をめざす人ならば、絶対に読むべき本だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前半はほぼ全ページに「くすり」と笑えるエピソードが盛り込まれていて、思わず読み込んでしいまします。
文章もたけしさんの語り口調で書かれているため、あたかも本人が話しているようです。

後半にはきちんとまじめなことも書かれていて、こちらはふんふんとうなずける内容。
それでも文体は軽いため、すらすらと読めます。

深く掘り下げすぎず、広げすぎず、にもかかわらずブログのような薄さもなく、
ほどよい読み心地で、全体を通してまさに「間」がいいと感じました。

もう少し読みたいな、というところでさらっと終わり、さわやかです。
すがすがしさが残りました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cooper_way 投稿日 2014/3/15
形式: 単行本
本書はにいたって常識的なことが書いてあると思います。
礼儀の綺麗な人に、間が悪い人はいない、とか、でも常識的なことじゃないかなぁ。
一ついえるのは、ビートたけしが言うと、同じ物事でも全く説得力が違う、ということではないでしょうか。

因みに本書からちょっとずれますが、彼は映画を撮る際、他人の作品は観ないようにしているそうで、
理由は他人の作品を見て落ち込むのが嫌だからなんだそうです。(個人的には共感する部分)

しばしば芸術やお笑いを、分かる人にはわかるようなレベルの世界に持って行く事がありますが、(ゴッホとか死後何年も経ってからに評価されたという)
そうじゃなく、(お笑いや映画を)世間の普通の人に関心を持ってもらったり、自分の技術を一般化するというか、(確か爆笑問題がそう語っていた気がするんですが、)そういうことも大切だと思います。

本書は彼自身の回顧録ではないですが、彼はお笑いブームの並に乗れた、時代という間に恵まれたと述懐しています。
ただ、それだけではなく、常に世間にアンテナを張って、いつまでも好奇心を忘れない、そういう事も大切だと思います。

あぁ、ユーモアって難しい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他のレビュアーの方も触れていますが、たけしさんの人生を振り返って想いを綴った本です。たけしさんのファンの方や漫才や芸能関係に興味がある方は楽しく読める本だと思います。でも、タイトルから学術的な内容や「間の構造」というロジックを求めようとすると、内容的に違うかな、と思われるかも知れません。

漫才や落語では、間はとても大切な要素です。間の取り方次第で良くも悪くも全く違った結果になります。日常の会話や生活でも、たけしさんが言う通り間が悪いな、ということは良くあります。間は、そういったとても大切なコミュニケーションの要素だと思いますが、こうすれば間の取り方が上手くなるとか、間が抜けてしまう時のコミュニケーションの構造などを解析した本ではありません。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック