通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
間宮兄弟 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ★中古になりますので多少のキズ、折れ、ヨゴレ、ヤケ、傷み等がありますが、いずれも重度のものではありません。状態の悪いものにつきましては、コメントを記載しております。また、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

間宮兄弟 単行本 – 2004/9/29

5つ星のうち 4.0 84件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

兄・明信、35歳、酒造メーカー勤務。弟・徹信、32歳、学校職員。2人暮らし。読書家、母親思いで、マイペースで人生を楽しむ兄弟だが、おたくっぽいと女性にはもてない。一念発起で恋人をつくろうと、徹信の同僚・依子と、ビデオ屋の店員・直美を誘って家でカレー・パーティーを開く。不倫の恋に悩む依子は兄弟には興味なし。明信は直美をデートに誘うが断られる。その後徹信は、明信の同僚・賢太の妻・沙織に心惹かれるが冷たくふられる。しかし、直美の妹・夕美は徹信に興味を持つ。そして、兄弟の純粋な感性は次第に女性たちの心を動かすことになる……。“そもそも範疇外、ありえない、いい人だけど、恋愛関係には絶対ならない”男たちをめぐる、江國氏の最新恋愛小説。

出版社からのコメント

ありえない男たちをめぐる最新恋愛小説

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 284ページ
  • 出版社: 小学館 (2004/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093874999
  • ISBN-13: 978-4093874991
  • 発売日: 2004/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 84件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 692,232位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「だって間宮兄弟を見てごらんよ。いまだに一緒に遊んでいるじゃん。」

ルックスは冴えず、30過ぎても結婚できず、女には振られ続け、仕事もバリバリこなしているというのでもない。世間的に見たら負け組。

でも「間宮兄弟」は、誠実にきちんと、しかし楽しく暮らしています。

野球のスコアをつけ、ジグソーパズルに興じ、浴衣を着て花火を楽しみ、カレーパーティーを開催して人をもてなす。冬至にはゆず湯に入り、母親の誕生日はみんなで祝う。

華やかさはまったくありませんが、日々の生活をきちんと生きている兄弟と、セレブや勝ち組を目指して退屈な努力を繰り返している人たちと、本当はどっちが幸せなのでしょうか。

ちゃんと生きること、それが難しくなっている現代。そんな中で、いつも暖かな気持ちで暮らしている兄弟は僕たちの心をほっと和ませてくれる存在です。

こんな幸せのかたちもありかな、と思わせてくれる作品です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本には「ゆったり」とか「ほのぼの」って言葉が似合うのかもしれませんが、自分は「残酷」って印象を持ちました。

モテないって自覚は人生の中でも、

すごく大きなテーマになると思うんです。

下手すると人生が曲がるくらい。

そんななかでこの兄弟は、

このテーマとの付き合い方を自分の中に持っていて、

その上で女性を好きになり、実際に行動を起こす。

これは恐るべきほど正常で人間味のある部分だと思います。

確かに、兄弟の価値観や行動には

愛すべきほのぼのした部分がたくさんあるけど、

その根底には自分の納得のいく恋愛がしたいという

強くて普通の意志がある。

でも、兄弟の普通の部分は

この小説に出てくる女性達には全く届かない。

自分の意図することが全く伝わらないこと自体

とても悲しいことな上に、

女性達が兄弟の普通の部分をあまりに軽やかに無視していくのが、

とても残酷で、少し恐いです。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読後感がとてもいい。温かく、赦しを与えられたような気分になる。
独特な世界観や奇抜な性格を持ち合わせた登場人物がいるわけではなく、なさそうでどこにでもありそうな日常を淡々と優しい視点で描いている。
他人からは冷ややかな目を向けられうる兄弟の現状を、世代や環境が違う人々とのひょんなことから生まれた付き合いを通して、瑞々しく描いている。暗く重くなりがちなエピソードを、羽毛のような軽く柔らかい文章で描く、江國香織得意の世界感がいかんなく発揮されているのも江國ファンには見過ごせない一作になっている。
情報過多の昨今、周囲の視線に己を見失い自分を失くしつつある人には、冬のココアのような温かくホッとさせてくれるものになるだろう。
江國作品を読んだことがない人にもお勧めの一冊である。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2008/2/8
形式: 文庫
仲の良い間宮兄弟。
三十を過ぎても二人で一緒に野球のスコアをつけ、ビデオで映画を見、ゲームを楽しんでいます。
彼らにとっての小宇宙が、そこにはあります。

彼らは、時々外の世界に希望を持って目をやります。
カレー大会、花火大会を催し、女性を迎えます。それなりに良い雰囲気は出来ます。彼女らは、彼らに優しさを感じ、安心感や癒しを感じます。でも、彼らを恋人としては捉えられません。

間宮兄弟の方も、もう一つ押してゆくことが出来ません。彼女らと彼らでは、世代が違っているのかも知れません。

終わり近くに、本間姉妹が語り合う場面があります。
直美「私たち、こんな風に二人でお買物して、ぶらぶら散歩したりできるのっていまだけかもしれないわね」
夕美「何言ってんの?そんなことあるわけないじゃん」「だって間宮兄弟を見てごらんよ。いまだに一緒に遊んでいるじゃん」
二人の会話は、間宮兄弟のような関係にある種の憧れのようなものを感じながら、そうならないどろうと解っているようです。

間宮兄弟は、再び、二人だけの世界に戻っていきます。

非常に読みやすい文体で、仲の良い兄弟の関係が淡々と語られており、丁度二人の生き方のような気がしました。こんな兄弟の関係もいいな。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー