間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,420
通常配送無料 詳細
発売元: 大手家電メーカー提携店 上村電気本店
カートに入れる
¥ 2,420
通常配送無料 詳細
発売元: i-temp メディア専門店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]

5つ星のうち 3.8 69件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,420 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,656 (52%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、株式会社高木屋が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,000より 中古品の出品:17¥ 243より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
  • +
  • 大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
総額: ¥4,090
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐々木蔵之介, 塚地武雅, 常盤貴子, 沢尻エリカ, 北川景子
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2006/10/20
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 69件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000EGCTWC
  • JAN: 4988126204273
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,712位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   間宮明信と徹信は仲のいい兄弟。それぞれ立派な社会人だが、趣味、価値観、モテなさ加減も一緒のふたりは、仕事以外、ほとんど行動をともにしている。ある日、カレーパーティを企画したふたりは、それぞれちょっと気になる女性を招待する。一方、明信は会社の先輩の離婚に協力を求められ困惑。兄弟ふたりの平和な生活に変化が訪れる…。
   江國香織の同名小説を、森田芳光が映画化。映画やTVで活躍する名バイプレイヤーの佐々木蔵之介とドランクドラゴンの塚地武雄が間宮兄弟に扮している。兄弟離れができない自立しきれない男ふたりの物語は、描き方によっては変人扱いされてしまいそうだが、森田監督は家族を誰よりも大切にする誠実さを全面に出し、ふたりのズレ加減をユーモアの核にして、本作をコミカルなヒューマンドラマに仕上げた。ふたりを取り巻く女性陣、常盤貴子、沢尻エリカ、中島みゆきなどが、キャラクターをしっかり際立たせた好演。しかし、なにより注目してほしいのは、佐々木と塚地。ふたりの明るいキャラクターと相性の良さのおかげで、この映画は心温まる作品になった。(斎藤 香)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

30代になっても同居を続ける仲のよい兄弟の日常を描いた江國香織の原作を、森田芳光監督が佐々木蔵之助と塚地武雅(ドランクドラゴン)を主演に映画化。弟・徹信は兄のために、ふたりの女性を自宅に招くが…。特典ディスク付き。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 nijinsky 投稿日 2006/8/1
Amazonで購入
悪い映画では無いのです。

私も劇場ではくすくす笑っていたのですが、登場人物に現実感が無い

ので、誰にも感情移入できなくて、だんだんつらくなって来てしまいま

した。

複数回観るのはつらいと思います。

あ、あと、エンドロール後の「おまけ」は映画館では失笑がおきていま

した。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は物語に、これと言った盛り上がりがあるわけでもなく、

風変わりな兄弟の日常生活が、ほのぼのと描かれている。

全編通して、兄弟のやりとりが「クスリ」とした笑いを誘う。

でもちょっとジ〜ンとくるシーンもあったりして、

そこらへんのバランスがとても良いと思った。

物語としては地味めかもしれないが、最後まで飽きることなく、

この映画の中の兄弟の行く末を暖かく見守ってしまう。

平凡な毎日かもしれないけど、この兄弟は幸せな日々を過ごして

いて、幸せのカタチは人それぞれで、誰かと比べて、

妬み・嫉みをするよりも、こんな風に生きる方が、例え誰かの

目には滑稽に映っても、幸せなんじゃないかと思う。

観終わったあとに、なんか良い気分になれて、気分転換に

向いている作品だと思いました。ちょっと落ち込んだときに

観ても、きっと「クスリ」と笑えて、元気がでそうなので、

星5つ。

中島みゆきが佐々木・塚地の母親役で、登場するのですが、

この映画のホノボノとした空気に、とてもマッチしている

ように感じました。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
あなたは,映画と,江國香織さんの小説どちらを先に見たでしょうか。

とくに,小説が先だったという人は、佐々木蔵之介と塚地武雅が演じる
間宮兄弟にそそがれる森田芳光監督の優しい目線に気づかれると思う。
「男はこれでいいんだ」
物語はほとんど同じだが、江國香織さんが注いでいた眼は間宮兄弟に
「こういう男はどう思う」ということではないかと私には感じられた。

映画のキャストでは、演技開眼した塚地武雅は小説どうりのキャスティングだが、
佐々木蔵之介は,カッコよすぎるのである。
森田監督は原作とは違う自分の色を出すためにわざわざ佐々木蔵之介をキャスティング
したのではないか。

ところで、塚地 武雅(つかじ むが、1971年11月25日 生まれ )は
今後どういう芸能人になるのだろうか。小林信彦さんによれば、
ヴォードヴィリアンであり続けるか、役者に進むか、
それはちょうど40歳が転換点なのだそうである。
渥美清さんも40歳の時、ヴォードヴィリアンであり続けることを辞めた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/8/4
まず、30歳を超えても、寝るときも休日も仲良く一緒って兄弟を、キモく無く純粋な少年のように描き、体型・容姿が全然異なる佐々木蔵之助・塚地武雅を本当の兄弟のように思わせてゆく脚本と演出は素晴らしいです。

森田監督のセルフオマージュとも言える、「家族ゲーム」の食卓シーンを連想させる皆で並んで線香花火をするシーンとか、自転車のシーンに東京名所のナレーションがかぶさるシーンは、まさに「の・ようなもの」です。(笑)

洗濯機の中で洗濯物が回るシーンとか、河原の土手や銭湯のシーンでの何パターンかの見せ方や演出も面白かった。『塩むすび』は本当に美味そうだったし、兄がビール弟が牛乳を飲むシーンは笑いを誘うけど、これも美味そうそうだったね。

そんなこんなで、ずーっとどうでもいいエピソードと小ネタを積み重ね、ダレるかダレないか絶妙のタイミングで、笑いをさそうネタを入れる。

ヒロインを演じた常盤貴子、沢尻エリカもまた、可憐にして、どこか普通っぽい女性を好演。特に、常盤貴子なんてメガネ美人ながら、オバサン風味が入りつつある小学校教師ぶりがとってもよかった。また、兄弟の母親役の中島みゆきが作品全体にほのぼのと暖かな雰囲気を醸し出している。この映画は、兄弟愛を描くと同時に、家族愛の物語でもあるから彼女の起用は大成功と言ってい
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す