¥ 2,160
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
開発教育 Vol.65 特集「安全・安心に暮らすと... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

開発教育 Vol.65 特集「安全・安心に暮らすということ-難民・避難民・先住民族の視点から」 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/12/10
¥ 2,160
¥ 2,160

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

【目次】
特集にあたって
理論編 安全・安心に住む権利を剥奪された難民と「国際社会」の責任 … 米川 正子
理論編 琉球独立運動とは何か-先住民族を縛る抑圧の鎖からの脱却を目指して . … 松島 泰勝
実践編 ワークショップで伝える「難民」 … 安達 三千代・小笠原 直子・阿部 眞理子
実践編 アオテアロア・アイヌモシリ交流プログラム-マオリから学ぶ<先祖>、<過去>、<未来>のつながり、 そして<考え方の脱植民地化> … 伊藤 翠
実践編 福島県いわき市ですすめる「未来づくり業」里見喜生氏に聞く … 小野 行雄
インタビュー 「故郷から逃れたひと」として生きる―オーストラリア・日本の事例から … 野口 扶美子・小口 瑛子・中村 絵乃
コラム ロヒンギャ難民の子どもの聞き取り調査報告 … 奈良崎 文乃
安全・安心に暮らすということ-難民・避難民・先住民族の視点から

【d-lab2018 全国研究集会報告】
全体報告
プログラム
パネルトークシンポジウム 世界をケアするために~グローバリゼーションの隘路を超えて
課題別分科会1 難民になること・難民として生きること
課題別分科会2 18歳成人・18歳選挙権と市民教育の課題
課題別分科会3 地域における開発教育~「持続可能な地域づくり」にむけて
課題別分科会4 スマホ・電気自動車から考える持続可能な開発
課題別分科会5 SDGsの授業をやってみた
課題別分科会6 子どもの貧困への取り組み―こども食堂の事例から

【投稿論文】 社会参加概念の捉え直しから再考する開発教育―「学びを生み出す社会参加プロセス」に着目して … 林 加奈子
国際協力に対する子どもの自己効力感の変容とその要因―「世界一大きな授業」を事例として … 三宅 隆史
セントルシアにおけるビデオレター交流を通した異文化理解教育の実践 … 神澤 律子
中国出身の留学生による開発教育に向けた授業案―北海道占冠村の小学校における実践 … 劉 穎・高橋 界・山中 康裕

特集にあたって
本特集を組むきっかけとなったのが、昨年の本誌の特集「多文化共生社会の未来と開発教育」の編集過程の話し合いの中で着目した「難民問題」である。

「難民の地位に関する条約(1951年)」によると、難民とは、「人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であることまたは政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けられない者またはそのような恐怖を有するためにその国籍国の保護を受けることを望まない者」と定義される。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、2017年までに、これらの理由で住む場所を追われた人びとの累計は6,850万人であり、うち、難民として認定されているのは2,540万人である。また、2017年だけで新たに、避難を余儀なくされている人びとが1,620万人いる。

難民を生み出す要因には、戦争や紛争、政治体制による思想信条、宗教、性的多様性への弾圧やそれらの相違を背景とする民族間対立などがある。世界のさまざまな地域に移り住む移民の背景にある大きな問題のひとつが難民問題で、多文化共生社会を考える上で避けることのできないテーマである。

しかし、難民問題を突き詰めると、「難民」と呼ばれなくとも、さまざまな理由で住む場所を追われたり、同じ地域にとどまり抑圧のなかで苦しむ人びとがいる。

難民問題に限定するのではなく、同じ土地に住み続けても、移り住んだとしても、さまざまな困難に直面し続ける。「安全・安心に生きる権利を奪われる」という共通の問題が、直接的暴力や構造的暴力によってもたらされているということを改めて問う必要がある。本誌では、特に難民や避難民、先住民族の視点から、安全・安心に暮らすということが、どのように考えられ、どのような具体的な取り組みが行われているのかについて紹介していく。

世界中で住む場所を追われる人びとは、今後ますます増える可能性がある。多くの人びとが安全・安心に生きる権利を奪われている状況について、そしてその原因である社会の構造について「あなたの問題」ではなく、「私たちの問題」として取り組むには、どうしたらいいのだろうか。本書が今後の開発教育の議論や実践、活動につながれば幸いである。
(「開発教育」65号編集委員会)

出版社からのコメント

開発教育に関する研究論文、実践者からの投稿をまとめた機関誌です(年1回発行)。
特集のほか、「d-lab2018(開発教育全国研究集会)」の報告や、会員からの実践事例や研究論文などの投稿も掲載しています。機関誌はDEAR設立の1982年から毎年発行されており、開発教育の歩みや歴史を知る貴重な資料としても活用されています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 134ページ
  • 出版社: 開発教育協会; B5版 (2018/12/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877730656
  • ISBN-13: 978-4877730659
  • 発売日: 2018/12/10
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,291,240位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう