中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

開放区 単行本 – 2003/4

5つ星のうち 4.3 45件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,243 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

『MYOJO』1995年6月号~2003年5月号の連載エッセイを加筆・訂正。恋愛、家族、SMAP、趣味など、木村拓哉が率直に語る。新たな撮り下ろし写真も多数収録。


登録情報

  • 単行本: 300ページ
  • 出版社: 集英社 (2003/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087803775
  • ISBN-13: 978-4087803778
  • 発売日: 2003/04
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,621位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
とにかく、マジメな人というのが印象。正直タレントさんの本なので、徹頭徹尾リアルを語るわけにはいかないはずですが、それでもなおこの方の誠実さは伝わってきます。

おちゃらけた本でも、能天気に幸福を語る本でもないです。とても内省的で、自分に厳しくて、そんな中で、大切なものを見つけようとしている、そういった姿勢に見えました。この方が支持されるのは当たり前です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
木村拓哉という人は、いろいろなイメージを持たれている事は確か!
この本は、彼の8年間の(全てではない)その時々の思いを綴った本だと思っています。
その時々の思いを、飾ることなく素直に・・・。
マスコミの言葉に踊らされて、暴露本がらみの本だと思って読まれる人も少なくないでしょう。残念ですが・・・。
この本は、タレント本ではないなあと読んで思います。
地味な本です。若い人よりも、ある程度年を取らないと、この本の本当の良さは解らないと思う。
なぜ星4つなのか・・・、現在の彼の思いは書かれていないというか、載っていませんから・・・。
普通で居ようとする彼の気持ちが良くわかる本だと思う。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
多くのアイドル本に描かれるその人の実像は大抵、当たり前の事しか書かれていない。木村拓哉さんの本書も確かにそうなのかもしれない。しかし、その当たり前の事、ありきたりな生活感の中で、『自分をきちんと持つ』事が実はどれだけ大変な事かは意外と認識されない。多くの人が「自分探し」という言葉で括られる『ありたい自分』を、自分の生理と自分の生活の中でふつうに見つける事ができず、あふれる外部に求める。文学。自己啓発本。心理学。海外旅行。etc.etc.etc.
僕はここに描かれた木村拓哉さんの傷つき、弱いところもありながらそれを安易に「外側」に求めない『素敵な強さ』を好感を持って受け入れる事ができた。「考えが浅い」「もっと深遠な知識に基づいた人生感を知らない」確かにそれはそうなのかもしれない。
しかし、人間は泣き、笑い、喜び、日々の生活の中で生きがいを見つけ、その中でこそ『自分を持てる事』が一番幸せなんじゃないだろうか。僕を含め、自分を見失い日々の生活の中での過不足ない自分を見つけられない事の方が、不幸なんじゃないだろうか・・。邪推だが、彼が浅いと断罪する心理は、「当たり前の中で自分を見つける事が出来ない嫉妬」なんじゃないか。僕は(お断りしますがストレートです・・。)木村拓哉さんという人のファンではないが好きだ。ファンの方には申し訳ないが、彼には役者としての卓越した素質はない、
...続きを読む ›
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
見た目のかっこよさは、誰しもが認めるものだろう。

けれど、内容を読んで、驚いたのは、その中身の濃さだった。

あの自信の裏には、きっとかなりな努力があるんだって思う。

文章も、自然体で、とてもいい。飾らず、かっこつけるとこは、かっこつけているところが、素直でとてもいいと感じた。

モノをみる目が、表面的でなく、いつもその本質を知ろうとする真摯な態度が、好感が持てる。

自分の気持ちや、生き方に、忠実であろうとする態度は、とても男らしい。表現方法より、何を伝えたいのかの方に重点を置く姿勢は、とても共感できるものだった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はなこ 投稿日 2005/12/18
形式: 単行本
初めて買った写真集です。

読んでみたい、読んでみたいと思いながらも値段を見てはため息をついてしまいました。

悩みながらも2年も経ってしまいましたが、古本屋で格安で売っていたので即買いました。

内容はとってもよかったです。

読みやすくて。

木村さんはなんかかっこつけているような気がしてあまり好きではなかったのですが、これを読んで、ライブにもいってみたいと思いました。

心が動かされました。

私の性格が影響されやすいのだと思いますが、いい意味で影響していると思います。

言葉では表現しづらいですが、とても人間がすばらしいものに感じました。

心が温まる私の大切な本の一冊になりました。

すぐに買わなかった自分に後悔しています・・・
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック