通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
開かせていただき光栄です―DILATED TO M... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感は少なく概ね良好な状態です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド) 単行本 – 2011/7/15

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 83
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972 ¥ 177
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
  • +
  • アルモニカ・ディアボリカ (ミステリ・ワールド)
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

十八世紀ロンドン。当時の先端科学で偏見にも晒された解剖学的見地から、外科医ダニエルと弟子たちが連続殺人と不可能犯罪の謎に挑む

出版社からのコメント

『死の泉』の衝撃から14年―― 家族や芸術、歴史、幻想味といったテーマは『死の泉』同様通底しているが、さらにそこにユーモアやキャラクター性、ミステリ・ガジェットが加わり、著者の新たな代表作に仕上がっている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 440ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152092270
  • ISBN-13: 978-4152092274
  • 発売日: 2011/7/15
  • 梱包サイズ: 19 x 14 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,928位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
解剖教室の「ルパートの王子の暖炉」なる仕掛けの物体から想定外の死体が出現。
その導入部に、何とな〜くエラリー・クイーン『フランス白粉』や『ギリシャ棺』的な雰囲気を感じ……

場面切り替わり、古語を操る天才少年:ネイサンが登場、新たに発見された十五世紀の詩編を携え、ティンダル書店の扉をくぐり……
折り丁、仮り綴じ、高価な製本装丁 といった当時の出版事情も興味深く。

はじめ、並行して語られていた両者が、1点に重なり……

四肢切断遺体で発見された少年。
関係者(人一倍頭の切れる美青年と、その連れ)によって、何重にも巧妙に重ねられるフェイクとミスリード。
「なぜ? …何のために??」
読み進むうち、その謎のベールが1枚剥がれたと思いきや、下から現れるのは「次なるフェイク」。

そんな「虚言と捏造のミルフィーユ」状態な事件に、終始真摯に・どこまでも忍耐強く取り組み続けた
盲目の慧眼判事と、正直者の外科医。
↑ 冷静でクレバーなこの年長者二人の功績は大きい☆☆ と映った。

ちょっと“ブラウン神父とワトソン先生がコンビになったような感じ”??
若造たちがさかんに裏工作に走ってる事件に、信頼感と落ち着きを醸し……<
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/6/18
形式: 単行本
本作品は、出版社が主催する2011年発表作品のミステリランキングでも上位に挙げられるとともに、本格ミステリ大賞を受賞した評価の高い作品。
遅ればせながら読んでみました。

著者の作品に接するのは初めてでしたが、直木賞作家として記憶にとどめており、でも、受賞したのは、随分前だったよな−−と、プロフィールを調べてみると、1929年生まれ。
もう80歳を越えているのですね。
そんな歳を全く感じさせない、意欲作と言えます。

舞台は18世紀のロンドン。
解剖室で次々と発見される謎の死体−−という、猟奇的な内容で幕を開けます。
冒頭10数ページは、多くの人物が一度に登場してくるので、登場人物一覧を参照しながらになり、ちょっと読みづらいかもしれません。
でも、そこを乗り越えると、あとは著者の思うツボ。
死体を巡る捜査の章の合間に挟まれる、詩人を夢見て片田舎からロンドンに出てきた少年、ネイサン・カレンの運命の行く末に、惹き込まれていってしまいました。

本書が「本格ミステリ」としての本領を発揮するのは、物語も半ば、盲目の判事、ジョン・フィールディングの推理が展開していくところから。
深い洞察力をもとに導き出される仮説は、説得力があるものの、新証言や新事実にあ
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
18世紀末、未だ解剖学が軽んじられていたロンドンを舞台に、ある熱心かつ優秀な解剖医とその弟子達が遭遇した事件を、ある天才少年詩人の運命と重ね合わせて描いた作品。作者のミステリーと言うと、幻想小説味あるいはM.ミラー風のサイコ・サスペンス味の濃いものが多いのだが、本作は綿密な時代考証の下で全編明るいタッチで描かれている。冒頭、解剖台の令嬢の死体が突如として両手両足切断された少年の死体に入れ替わっていたり、更に、顔面を潰された別の死体が忽然と現われたりとカーやタルボットを思わせる滑り出しだが、この謎をミステリー的に追求する(捻った解決を提供する)意図はなかった様である。

どちらかと言えば、当時のロンドンの雰囲気を背景とした時代風俗小説の要素を強く感じた。その中で、特に「善意」を描きたかったのだと思う。そう、最初から最後まで人間の「善意」を描いた作品なのである。ミステリー的要素は単なる遊びであるし、作者の余裕でもあるのだろう。解剖医を初めとし、その弟子達、探偵役を務める判事及びその助手を務める姪(!)等、キャラクター設定も良く出来ている。いつもの濃密さこそ感じられないものの、安心して読み進めれば、安心した結末が待っているという、楽しい一時を過ごせる一級の娯楽作品に仕上がっていると思う。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
舞台はイギリス。日本の作家が外国を舞台に、
外国人を主人公として小説をかくことほど
眉唾なものはないと思っていましたが
(その逆もまた然り)
そのような懸念も吹き飛ぶ良作でした。

最後にどんでん返しのストーリーはもちろんのこと、
当時の警察組織がまだ今のように
確立されていなかったことや
当時本屋での書店での装丁のあり方についての記述など
この本を読まなければ知らなかった知見にも出会えました。
また補足として個人的にネットで調べると
この時のイギリスでは15才くらいになると家を出て
下宿先で奉公しながら生活することも珍しくなかったようですね。

なかなか犯人の“は”の字も見えず
展開にはじれったさを感じ、出てきた人皆が怪しく見えてきてしまいました。
が、ラストがわかればまた初めから読み返したくなるような
細かい伏線がたくさんあり、またもう一度楽しめます。

現代では医療技術も発達しているため、
逆にまだ聖書や神を信じることがごく日常的であった当時だったからこそ
物語の構想は成立したと思います。

退廃的でどことなく耽美的な世界をとくとご覧あれ。
ダニエル先生をはじめ、登場人物も魅力的でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー