通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エース 203-7) コミック – 2010/11/26

5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 605
¥ 605 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 長門有希ちゃんの消失 (2) (角川コミックス・エース 203-7)
  • +
  • 長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)
  • +
  • 長門有希ちゃんの消失 (3) (角川コミックス・エース 203-8)
総額: ¥1,815
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

文芸部存続へ長門の背中を押した少女・涼宮ハルヒ。彼女はクリスマスに行き倒れていたところを長門とキョンに助けられ、それが縁で文芸部の活動に参加することとなる。そしてバレンタイ当日…長門が見たものは!?


登録情報

  • コミック: 161ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047155624
  • ISBN-13: 978-4047155626
  • 発売日: 2010/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ちーず 投稿日 2010/11/26
形式: コミック
何の問題もないと思いますけどね〜

☆1にされるほど酷くないような気がしますが…。

とりあえず評価を下げたいのでしょうかね?

とにかく有希ちゃんが可愛いです。ハルヒも可愛いですし。内容的にも自分は十分楽しめました!
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アイダホ VINE メンバー 投稿日 2014/4/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
本家の設定や鍵となるシーンを取り込みながら、うまく有希ちゃんワールドが再構成されています。ハルヒはもちろん、あの魅力ある面々が勢揃いしました。これからの展開のベースが完成します。
そしてバレンタインデーのチョコレート問題が中心になります。有希ちゃんのことですからあっけらかんとキョン君に渡すなんてできません。でも優柔不断に見えて実はやるべき時には頑張ってやりきる有希ちゃんって素敵です。
ドキドキしながらも、どこか安心して手に取れる、パステルカラーのラブコメとしてお薦め。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 銭失い 投稿日 2010/11/29
形式: コミック
何があるのか知らんがいつまでたっても続編の出ない原作や惰性で続いている漫画版よりはよっぽど面白いと思う。
というかハルヒを冒涜してるとか訳わからん。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おやじねこ VINE メンバー 投稿日 2010/11/27
形式: コミック Amazonで購入
原作を読んでいないと、時々お約束のギャグが理解出来ないかもしれないけども、それを飛ばしても話が成立しています。
なんでかなと言えばこれは原作に無い、「長門がキョンに恋をする」という新しいストーリーだからです。好意的なのと恋をしているのとでは全く違う、そこから始まる物語です。その意味で2巻を買うなら1巻も買わないとついていけないでしょう。
「ハルヒ」の二次創作とはいうもののここまで潔くて面白いと原作も改めて読みたくなります。そこで意外な発見なんですが、原作の世界とこの作品の世界は雰囲気が良く似ています。原作はシリアスに見えてコミカルですが、この作品はコミカルに見えて実はシリアスです。これが小説なら良質のジュブナイルと言えるでしょう。
それと、長門嫁のカットは必見です。これはかわいいとかじゃなくて本当にいじらしいですよ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前作の1巻目で次回も買おうと思っていたので買いました。
まず表紙が上手いです!!そこから??っと思うかもしれませんがww

今回から常時ハルヒ、古泉が登場。
一応主人公ではないのにハルヒの出番多いですね〜。出番としては良い出方ですけど。
逆に古泉の登場が少ない(・_・;)

2巻では前巻より長門は少しずつだが色んな事に前向きになり
案外積極的になっていると言えます。
後、よい意味で長門の喜怒哀楽が楽しいですね。色んな表情を見せてくれます。
ですが、やはり一番多い感情は照れですね。内容が内容なのでいつもより更に恥ずかしがったり、照れたりしています。

にしても、朝倉は長門の母親ですよ、もはや。
アドバイスを与える姿しかり、成長姿を見守るのもしかり。
それにこのマンガでの朝倉はかわいく見えますね。
このシリーズが出るまではただの眉毛としか思ってなかった自分に反省ものm(__)m

時期的には12月〜2年進級までのお話。

カバー裏の絵も忘れず見ましょう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mizuno-ami トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/26
形式: コミック Amazonで購入
第1巻の巻末で予告した通り、ハルヒが顔を出し始めた2巻ですが、「まだ、出始めだから」という奥ゆかしさなど到底あるはずがなく、いきなりアクセル全開で入っている辺りは、こちらの世界のハルヒも同じようです。
と言うか、「涼宮ハルヒちゃん」の方を読んでいたような錯覚を覚えるほど、良く出てきます。
そんなハルヒの勢いに押されて、やや日陰気味の長門ですが、ただの無口なインタフェースとは違った人間としての彼女の魅力や成長ぶりを、より感じさせてくれ、オタク向けラブコメ的な萌え萌え感が増している気がしました。

もはや『涼宮ハルヒの憂鬱』と同じ人物が登場しているだけでなく、その世界も違っているから、完全に別の話になっていますが、大きく異なる『朝倉涼子』という存在によって、単なるパロディを超えた1つの作品に仕上がっていると言えるでしょう。
今回は、バレンタインという女の子にとっての一大イベントを前に、戸惑いながらも前に進む長門の姿に目を奪われがちですが、ふと気が付く、朝倉涼子の存在こそ、この物語のカギ。

『自分の分はいっぱい反省した!次、失敗しないようにすればいい!許す!』

長門に萌え、朝倉に惚れる。
そんなお話です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック