通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
長崎「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない長崎県... がカートに入りました
+ ¥ 320 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】【書き込みなし】中古品ですが、使用感の少ない良好な状態の商品です。ゆうメールにてお届けします。帯は付属していないものとお考えください。万が一見落とし等がございましたら、メールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

長崎「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない長崎県の歴史を読み解く (じっぴコンパクト新書) 新書 – 2014/9/4


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 864
¥ 864 ¥ 184

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 長崎「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない長崎県の歴史を読み解く (じっぴコンパクト新書)
  • +
  • カラー版 長崎―南蛮文化のまちを歩こう (岩波ジュニア新書)
  • +
  • 長崎県の歴史散歩 (歴史散歩 (42))
総額: ¥3,218
ポイントの合計: 74pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

江戸時代には唯一の海外の玄関口で、独特な文化をもつ長崎県。
多くの島や半島を有することから地理や地形に関する面白いネタも多い。
本書は地理や地名、地図から見えるその県の意外な歴史と真実!
長崎県の魅力が深まる知的ガイドブック! 観光するだけではわからない雑学ネタ満載。

坂の町・長崎市ならではの珍風景や軍港の佐世保市、島原半島や五島列島などの
名所のエピソードも掲載し、楽しく長崎を知ることができる。
また、長崎独特の地名や歴史上の出来事などを通じて、長崎の風土に根付いた魅力を
余すことなく網羅しており、長崎を初めて訪れる方だけではなく、
長崎をよく知っていると自負されている方にも、改めて長崎を見直す機会を与えてくれるだろう。

「なぜ秋の大祭を『くんち』と呼ぶ?」
「日本で一番最後に築かれた城が五島列島にある」
「対馬は人の手で三つの島に分断された! 」
「壱岐焼酎の原料が大麦なのは節税対策?」
など、長崎県の地理、地図、地名の“うったまぐる"不思議ネタ満載。

【目次】
■第一章 産業・風習から長崎を知る
●長崎の一大歓楽街にある思案橋 現在の姿は間違いだった!
●住居は西側、炭鉱施設は東側 軍艦島の建物配置に隠された深い意味
●長崎県民がみな食べる「ミナ」の正体とは一体何? など

■第二章 長崎にこんなにある日本一&日本初
●長崎最大なのに日本最小? 一級河川・本明川の秘密
●「バンザイ」が初めて行われた場所はその名も「万才町」だった!
●日本初の化学実験が行われた分析究理所は一体どこ? など

■第三章 地名に隠された長崎の秘密
●「長崎」という地名が表す日本一長い海岸線の成り立ち
●長崎七不思議のひとつ寺もないのに大徳寺とは?
●させほ? させぼ? 知れば知るほど謎が深まる「佐世保」の由来 など

■第四章 長崎の地図を広げて過去を探る
●対馬は人の手によって三つの島に分断された
●埋め立て地の倉庫街が中華街に大変身!
●長崎駅は元々長崎市内になかった! など

■第五章 外国とのつながり深い長崎の歴史
●大陸との貿易の鍵を握っていた壱岐の遺跡が物語る一大王朝
●感動の渦を巻き起こした奇跡の教会大浦天主堂の別名とは?
●江戸時代、日本全国の薬は長崎発で広まっていった など

内容(「BOOK」データベースより)

江戸時代には唯一の海外の玄関口として独特な文化を持つ長崎県。また文化だけでなく、多くの島や半島を有することから地理や地形から見ても、面白い話が多い。本書では「なぜ、秋の大祭を『くんち』と呼ぶ?」「日本で一番最後に築かれた城が五島列島にある」「対馬は人の手で三つの島に分断された!」「壱岐焼酎の原料が大麦なのは節税対策?」など、長崎県の地理、地図、地名の“うったまぐる”不思議ネタ満載。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2014/9/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408110914
  • ISBN-13: 978-4408110912
  • 発売日: 2014/9/4
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 170,906位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう