通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
長屋の富 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに軽度のキズ、薄汚れあり。ページ内は概ね良好です。◆付録やディスクなどの付属は原則記載がない場合はございません◇版違い等により商品画像と装丁が異なる場合がございます。◆ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さいませ。万が一品切れの場合はキャンセル手続きをさせていただきます。◆通常2営業日以内の発送となります。到着は発送日より2日から5日程度となります。◆配送業者は日本郵政のみとなります。他の配送業者は使用しておりません◆
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


長屋の富 (日本語) 単行本 – 2010/11/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,870
¥1,870 ¥255
お届け日: 8月5日 水曜日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

江戸の夢、富くじで千両を引き当てた左官の次郎兵衛。神輿のように千両箱を長屋に担ぎこんでの大騒ぎ、まではよかったのだが…金をめぐる長屋の人間模様を全篇会話で描く著者初の時代小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

立川/談四楼
昭和26(1951)年、群馬県に生まれる。落語家。高校卒業後、立川談志に入門。古典本格派の実績があり、創作文芸落語のパイオニアとしても活躍。落語界の真打昇進試験を題材にした小説「屈折十三年」(「別冊文藝春秋」)で文壇デビュー。平成2年、初の小説集『シャレのち曇り』(文藝春秋)を刊行。以来、テレビ、ラジオの出演、講演のほか、新聞、雑誌に連載エッセイやコラムを書き続けている。特に「修行」や「日本語」に関する講演は、学校、企業、団体からの依頼が多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のお客様によるグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2010年11月24日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告