Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 216の割引 (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大美賀直子]の長女はなぜ「母の呪文」を消せないのか
Kindle App Ad

長女はなぜ「母の呪文」を消せないのか Kindle版

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「あなたのために」――母はどうしてこうした“呪文”をくり返すのか?

母親と娘の関係は、同性であるだけによけい難しくなる。娘を自分と一体化してしまい、「娘のために」よかれと思って自分の考えや夢を押しつけてしまう母。母親に見捨てられたくないという幼児期の不安をいつまでも引きずり、母の言動にとらわれつづけてしまう娘。

本書では母が娘に与えてきた数々の言葉=「呪文」を交えながら、それらが娘をどのようにしばってしまうかを読み解くとともに、そこから自由になり「私らしく」生きる方法を示す。

内容(「BOOK」データベースより)

母のその「ひとこと」が娘を縛りつづける!「あなたのために」―母はなぜこうした“呪文”をくり返すのか。違和感に悩む娘がもっと自由に「私らしく」目覚めるためのヒント!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5568 KB
  • 紙の本の長さ: 113 ページ
  • 出版社: さくら舎 (2014/12/2)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01H082XYK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 46,946位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は、単純に「母と長女の心の葛藤とその対策」を描き出しているのではなく、いつの間にか自分自身が作り出してしまった、「母は自分にこれを期待しているだろう……」というインナーマザーの呪縛について指摘しているのが新しい!と思った。
思い込みの母親像(インナーマザー)のほうが現実の母親よりずっと恐ろしいし、母親がなくなった後も自分を捉え続ける。
だが、生身の母親は、自分と同じように傷つきやすく、発展途上にある存在だ。
そんな母親といかにしてわかりあう(あるいは最終的にはわかりあえなくても、わかりあえなかった事実を受容できる)かを具体的な提案で示されていて、読後、心暖まる内容だった。
読んだ後も本棚にしまいこむのではなく、折りにつけ読み返してみたいと思った。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
毒親カテで見つけたので毒母本かと思い購入してみました。
個人的な感想では、割と軽度の、気付き難い毒母(とまでいかない程度?)との対策本の様に感じました。
昔の一般家庭の母親像、という印象。
「母親」と「娘」という名称に依存せず「人間関係」として見れる様になれば解決できる、という様な事をわかり易く書かれてるいると思います。
悪意のない未熟な母親と、自分に都合良く作り上げてしまった母親像にそぐわない相手に不快感を覚えてしまう娘、という様な関係ならば、読んで参考になるかと思います。

逆に、自分の思い通りにいかないと暴言や罵倒を浴びせたり、父親からの暴力の盾代わりにしたり、完全に無自覚の悪意ある毒母、の対策にはならず、寧ろ読んで落ち込みました。
そんな事をしてもやっぱり母親は悪くないのか、と。

全くの余談になりますが、自分には必要ない本だと判断してAmazon買取サービスにお願いしようかと思ったら、一時休止になっていました。
一冊から無料集荷はさすがに継続が厳しかったのでしょうか。。再開されるといいなぁ。。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 non トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/1
形式: 単行本(ソフトカバー)
今、母と子のトラブルの渦中にいるつもりです。この本は、「母娘」をテーマにしたもので、近年実に多くの母娘の本が出ています。高齢化と少子化がこのテーマに拍車をかけているような気もします。私たちだけでなく、血のつながりがあるだけに根深く、どうするといい、どうあらねばならないというルールもなく、とても暗く重いのが正直な気持ちです。自分だけではないということを見つけたくて、安心したくていろいろな本を読んできました。この本は明るいです。「わたしもそう」「あるある」と感じるのです。事例が多いことや筆者の「ヒント」などで、気持ちがすっとしました。不断気が付かないことがたくさんあります。でも。こうして多くの事例を見てみると冷静に「そういうことか」と気がつくことがあります。ストレスを感じている人にはお勧めかもしれません。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover