Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 823

¥ 257の割引 (24%)

ポイント : 45pt (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[レイモンド・
チャンドラー, 清水 俊二]の長いお別れ ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 7
Kindle App Ad

長いお別れ ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 7 Kindle版

5つ星のうち 4.6 57件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 823
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

私立探偵フィリップ・マーロウは、ふとした友情から見も知らぬ酔漢テリーを二度も救ってやった。そして彼はテリーの殺害容疑を晴らす為に三たび立ち上るのだった! ハードボイルド派の王座を占めるチャンドラーが五年間の沈黙を破り発表した畢生の傑作、一九五四年アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 589 KB
  • 紙の本の長さ: 545 ページ
  • 出版社: 早川書房 (1976/3/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009DEMA48
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 12,137位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
NHKのドラマが良かったので,原作を電子ブックで買い,昨日やっと読了.
それまでわたしの中では,ハードボイルドという単語がまとったオーラだけで魅せられていたのだが,53章まであるこの小説の最後の章を読み,夜勤の休憩時間に何度も何度もこの章を読み返して,ハードボイルドとは何ぞやというのがおぼろげに見えてきた気がする.

本書の初めから,マーロウは友情のため,そして真実を知るため,自分の持てるものを惜しげなく犠牲にしてきた.
そしてレノックスの逃亡のせいでいくつかの命が失われた.
だが最終章でマーロウが知る「真実」とは,その「友情」がもう消えてしまったということ.
しかし,二人の間にはかつて確かに親友の情が存在した.
だからレノックスはマーロウの拒絶を受け入れた時に涙を流したのだ.
そして,マーロウも自分の行動を後悔はすまい.レノックスのために奔走したことも,しかし最後にレノックスを拒絶したことも.
恐らく,それがハードボイルドってもんだ.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
発送が早く、ありがたかったです。
梱包もきれいでした。
良い買物をさせて頂きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
昔々(30年くらい前)にこの清水俊二さん訳のチャンドラーを読んで、
悦に入っていたことが忘れられない。
最近、村上さんの翻訳本を読んだら、ほぼ直訳されて書かれており、
それはそれで良いのだが、何か物足りず、清水さん訳を再度読み返した。
私にはこちらの方が楽しめた。
勿論、個人差があるだろうが、清水さん訳も少しも古くなったという気がしない。
村上さんは、発刊されて50年経った翻訳は新しく訳し直すべきだと主張するが、
必ずしもそうでないように思える。
サリンジャー原作の翻訳についても野崎孝さん訳をまだ新しくしなくても良いのではと思う。
話しが少しずれたが、今回TV放映された「ロング・グッドバイ 東京編」の
ノベライズも読んでみたが、こちらはまた別物として楽しめた。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ”博識である上、ひねった特異の言い回しの”チャンドラーのこの長編傑作は、推理小説の範疇を超えてる。”キザで嫌味なスタイル”と”英国贔屓のアメリカに対する味わいの濃い文明批評と社会批判”が重なり合い、訳者の清水氏を大いに刺激し、悩ませてる所がとても新鮮で興味深い。
 流石、清水氏の含蓄豊富な語彙力が物を言い、チャンドラーの魅力を我々凡人が共感出来る所まで、最大限にまで引き上げてる。彼はこの時代の自由気まま過ぎるアメリカを鋭く冷たく批判する一方で、この豊か過ぎる大国で慢性的に発生する組織的犯罪に、寛容な面も見せる。マーロウは紳士的とは言えないが、英国的な実直なクレバーさと硬派で無謀とも思える強かさで、この国の得体の知れない闇の世界に敢えて首を突っ込んでいく。それだけ、チャンドラーにはこの大国が魅力的にエレガントに俗っぽく映るのだろう。
 私は思うに、これだけの最高傑作を訳すには、それに見合う知の資産と知的好奇心が必要だろう。下手に訳すれば、大衆がいきり立つような、キザっぽく安直な探偵物語に成り下がるケースも少なくない。まさに、清水氏の基本に忠実で実直な高度な教養が、この大作を堅固に支えてる。
 誰もがこの『長いお別れ』を翻訳してみたいと思う筈だ。しかし、訳者を選ぶ傑作であるのも事実だろう。読者からすれば余計な装飾で濁らせることなく、チャンドラーの真っ向勝
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Miracle 投稿日 2017/4/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
原文が難解なのか、翻訳が回りくどいのか、会話が一体誰の発語なのかLostすること多数。
もう一回読み返したいけど、やっぱり長いなぁ。。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いろいろと評価が高く、内容的にもおもしろいのではないか、と思い読んでみたが、たしかにつまらないということはなく、冗長すぎる描写はところどころでとばしながらも、完読することはできた。

しかしながら、まずは編集上の問題として、誤字と思われる部分がいくつか目についた。

次に、登場人物がどれも「そのために作られた」人物と所作のかたまりであって、無論、そういう作家のそういう作品なのだろうが、文章としてのおもしろさはともかく、血の通った人間のそれではない。

フィッツジェラルド夫妻をモデルにしたような登場人物ふくめ、グレートギャツビーを意識して書かれたようなところがあるが、小説としての質は完全にグレートギャツビーが上であり、ハードボイルドというには、主人公が饒舌でスタイルがなさすぎる。

一見、なにかの規範で動いているように見えて、ただそのときどきの場面で、うまい場面を演じさせるために、毎度行動指針が変わっているかのようだ。これなら、ヘミングウェイやブコウスキーのほうが、さっぱりして、一貫しているものがあるように思われる。

中身のないものをあるようにして見せるのが文章の技術なのであれば、きっとそういうものなのだろうが、そこまで高い評価を受けるに値する作品のようには思えなかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover