通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鏡の欠片: 御広敷用人 大奥記録(四) (光文社時... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鏡の欠片: 御広敷用人 大奥記録(四) (光文社時代小説文庫) 文庫 – 2013/7/10

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鏡の欠片: 御広敷用人 大奥記録(四) (光文社時代小説文庫)
  • +
  • 血の扇: 御広敷用人 大奥記録(五) (光文社時代小説文庫)
  • +
  • 小袖の陰―御広敷用人大奥記録〈3〉 (光文社時代小説文庫)
総額: ¥2,008
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

竹姫付きの御広敷用人となった水城聡四郎は、八代将軍吉宗の命で購った鏡を竹姫の元へ届ける。しかし、そこには思わぬ刺客が待っていた。一方、大奥の中では、吉宗の寵愛を受けるまだ幼き竹姫に対して執拗な嫌がらせが始まった。そして、聡四郎に伸びる最強の刺客の魔手。聡四郎、危し!城の内外を舞台に壮大な物語が広がる大人気シリーズ、意外な展開の第四弾登場。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上田/秀人
1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒業、歯科医師。’97年、桃園書房主催第20回小説CLUB新人賞佳作。2010年、『孤闘立花宗茂』(中央公論新社)で第16回中山義秀文学賞受賞。歯科医院を営みながら、時代小説を中心に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 329ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433476603X
  • ISBN-13: 978-4334766030
  • 発売日: 2013/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 89,430位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
作品的には、一定レベルはクリアしています。しかし、決して見逃せない重大な齟齬があります!
それは、主人公の水城聡四郎の剣の流儀です。確か「一放流」のはずですが、何故か「涼天覚清流」になっています。
「涼天覚清流」は、奥右筆秘帳シリーズの柊衛悟の流儀かと・・・元々この御広敷用人シリーズは、
勘定吟味役異聞シリーズの続編としてスタートして、主人公や設定もそのまま引き継いでいます。
ましてや、勘定吟味役異聞シリーズはバリバリのチャンバラものだったはず。いくら、作者が間違えようと校正の段階で
編集者が気が付く筈だと思うのですが・・・(普通に読んでいて、私はすぐに気づきました)
ま〜上田秀人さんも、同時期に奥右筆秘帳シリーズの最終巻「決戦」を書いていたので、こんがらがったのかもしれませんが、
本当に編集者は校正したんでしょうか?厳しいとは思いますが、今後の自戒も込めて☆−2の☆☆とさせて戴きます。
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あーあっ 投稿日 2013/11/28
形式: 文庫
勘定吟味役異聞で止めときゃいいのに、だらだら続けるんですかね? 内容が妾屋昼兵衛と重複している。しかも妾屋昼兵衛の方が主人公達が生き生きしていて断然マシ。このままじゃあ水城の特徴が生きませんな。むりやり役変えするとか? いつか劇的変化があって面白くなるのでは、と読み続けてきたが、最近の著者の乱作振りをみてると不信感に陥ってきた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
俗人だが、新参者に知らない事を尋ねられた時、小意地悪く「言ってないトコ残す」ではなく、懇切丁寧に先回り注意を与えちゃうお人よしっぷりが好きかも。
正直、話の流れ自体は大いなるマンネリに近いと思う。が、各人の道理の明解さが好きだ。ほぼ全員「一理」はある。その掛け違いと「一理」の種別が違う事による闘争ってのは普遍的に楽しめます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
期待していたのが少し間が空きすぎた?忙しいでしょうがやはり連続で出してほしいです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告