Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[佐藤亜紀]の鏡の影
Kindle App Ad

鏡の影 Kindle版

5つ星のうち 4.0 11件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 176
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 650

商品の説明

内容紹介

──こうである世の中とこうでない世の中は実はさほど違うものではなく、ただどこか一点だけが、決定的に違うのではなかろうか。とすれば、全世界を変えるにはその一点を変えれば充分な筈だ。その時には、坊主も領主も、司教様も騎士殿も、尼さんも姫君もお城の奥方も、チェス盤の上から片手で払い落されるように、この世から払い落されてしまうだろう。

十五世紀末、ザクセン。農民一揆に夢中な兄弟に囲まれて育ったヨハネスは、ある日、天啓のように兄たちの勘違いに気が付いた。その発見は彼をヨーロッパ各地を放浪し、異端の修道士マールテンが支配する神権都市ボーレンメントへと導くことになる。

著者からのコメント

『鏡の影』初版は一九九三年新潮社から刊行され、九九年、平野啓一郎氏の『日蝕』が芥川賞候補となった直後、絶版になった。その後新潮社は同社文庫から出ていた『戦争の法』も絶版にしたが、こちらから問い合わせるまで一切の連絡を行わず、また、担当編集者との約束をふまえて約一年間の海外調査を行った『メッテルニヒ氏の仕事』の掲載ばかりか出版まで拒否した。著者は新潮社との交渉を試みたが、誠意ある回答が得られなかったため、二〇〇〇年一月、残る『バルタザールの遍歴』の版権を新潮社から引き上げた――。 (「あとがき」より)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1122 KB
  • 紙の本の長さ: 247 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: Tamanoir; 5版 (2016/10/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LZGNOG6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 117,598位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
最近、「ミノタウルス」を読んで他の佐藤亜紀の作品を読み始めました。
ですので他のレビューが言及している「あの騒動」等が何をさすのか全く分からないのですが、楽しく読みました。
他の作品同様、歴史・地理的な設定・背景についての説明的な描写はほとんどないです。
が、著者の巧みな時代・人物設定で読み進んでしまいます。
中世ドイツ(宗教改革前夜といった所でしょうか?)を舞台に、主人公と、まあほんとに色々な性格・立場の騎士殿、市民、聖職者たちから人外・魔性のものまでとのそれぞれの性格が現れるやりとりがとても楽しく(時に、にやっとしながら)読み進みました。探れば裏には色々と薀蓄がありそうなのに、淡々とした文体でつづられる、人の様々な欲望・狡さ・弱さ・で繰り広げられる小説の舞台に引きずり込まれてしまいました。
「うーん、うまいっ」と読了後、うなっていました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1993年に読んで、すっかり佐藤亜紀さんのファンになりました。”見えない力で絶版にされた文壇・出版界騒然の問題作”なんて全然知りませんでした。『日蝕』と比べ、『鏡の影』は断然完成度が高く、同列に論じるのは佐藤さんに失礼な気がします。『鏡の影』は、とにかく面白い、ひねりが効いていて、良い意味で軽く、また読みたくなる、そんな本です。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「薔薇の名前」との類似も言われていますが、話の構造、登場人物の右往左往っぷり、そこはかとない「ばかばかしさ」(褒めてます)等々は、むしろ「フーコーの振り子」に近いように感じます。
とはいえ、ストーリーよりも文章をじっくり味わう類の本ではあるので、ゆっくりした気持ちでだらだら読むが吉。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2009/3/29
形式: 単行本
初めて読んだときも十分面白かったのですが、その後、たまたま塩野七海氏の「神の代理人」を読んだ際に「あれ?」と思ったので本書を読み返しました。
うーん、読み手の知識に合わせて複数の楽しみ方が用意されているのだ、と理解。
佐藤亜紀の著書は読む側の知識と教養がどのレベルにあっても十分読書の楽しみを与えてくれます。こちらのがレベルアップすれば、また違った「楽しみ」を与えてくれる懐が深い作者です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 読み価値はある作品だと思うが、この人の作品の中ではベストとは呼べない。まあ、某氏が某賞を受賞した某作品がこの作品と何らかの関わりがあって<省略>……、などと色物扱いを受けているが、公平に見ればこちらの方が完成度は高く、読者を引き込む仕掛けに関しても狡猾に練れており、ユーモアもある。まあ、分量的にはむしろ引き伸ばした方が良かったかと思う。著者の作品はだらだらと引き延ばそうとせず、無駄を削る気概があるのだが、この作品はやややり過ぎのように思う。1.5倍ぐらいのページ数で丁度いい、と思うのは私だけか?
 個人的には主人公の「この世の真理を探求しているはずが、徐々に堕落への道に転がってゆく」という駄目人間振りを堪能するのがこの作品の読み方である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/6/18
形式: 単行本
相当の知識と下調べに裏打ちされたと思われる丁寧なディテールが読んでいて大変心地良い。粗筋だけを追っていくような読みかたをする人には向いていないでしょう。何遍も読み返したくなる「嗜好品としての小説」だと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover