通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鍵の掛かった男 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鍵の掛かった男 単行本 – 2015/10/8

5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 411

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鍵の掛かった男
  • +
  • 怪しい店
  • +
  • 菩提樹荘の殺人 (文春文庫)
総額: ¥4,201
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自殺か、他殺か−−−。誰よりもひっそり生きてきた男の過去は悲しすぎた。

2015年、1月、大阪市中之島の古き良きプチホテル「銀星ホテル」で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死(いし=首くくり)と断定。ところが、梨田が自殺したと納得できない一人の人間がいた。同ホテルを大阪での定宿にしている大御所女流作家の景浦浪子である。梨田は、5年以上にわたって銀星ホテルのスイートルームに住み続け、ホテルの支配人をはじめとする従業員や常連客からも愛され、しかも2億円以上の預金があった。梨田が自殺するはずない(=他殺なのではないか)と景浦は直観し、その死の謎の解明を、同業者であるミステリ作家の有栖川有栖と、その友人の犯罪社会学者の大学准教授・火村英生に依頼した。火村が大学の入学試験ですぐに行動できないために、まずは有栖川有栖の単独調査となった。が、梨田はまったく身寄りがない上に、これまでの来歴にかんする手がかりがほとんどなく、どんな人物像を描けばいいのか、まったく闇の中で、その人生は「鍵の掛かった男」としか言いようのないものだった。生前の梨田を知る者たちが認識していた梨田とは誰だったのか? 結局、自殺したのか、他殺だったのか。他殺だとすれば誰が犯人なのか? 有栖川有栖の地道な調査で少しずつ過去が明らかになり、そこへ入学試験業務を終えた火村も調査に加わり、思いもしない結末が関係者全員を待ち受けていた。

内容(「BOOK」データベースより)

2015年1月、大阪・中之島の小さなホテル“銀星ホテル”で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死と断定。しかし梨田の自殺を納得しない人間がいた。同ホテルを定宿にする女流作家・影浦浪子だ。梨田は5年ほど、銀星ホテルのスイートに住み続け、ホテルの支配人や従業員、常連客から愛され、しかも2億円以上預金残高があった。影浦は、その死の謎の解明をミステリ作家の有栖川有栖とその友人の犯罪社会学者・火村英生に依頼。が、調査は難航。梨田は身寄りがない上、来歴にかんする手がかりがほとんどなく人物像は闇の中で、その人生は「鍵の掛かった」としか言いようがなかった。生前の彼を知る者たちが認識していた梨田とは誰だったのか?結局、自殺か他殺か。他殺なら誰が犯人なのか?思いもしない悲劇的結末が関係者全員を待ち受けていた。“火村英生シリーズ”13年ぶりの書き下ろし!人間の謎を、人生の真実で射抜いた、傑作長編ミステリ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 540ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2015/10/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344028333
  • ISBN-13: 978-4344028333
  • 発売日: 2015/10/8
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 147,182位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
犯人さがしより、一人の人間の過去を求めていくお話ですよね。
私は満足しましたが、物足りない読者もいらっしゃるかとは思いました。

それよりも… いつもは人物紹介的に描かれ物語の風景でしかない火村先生のナゾとか秘密とかに皆が言及しすぎじゃないですか??
次の長編で主題になって、シリーズ終了とかに… ならないでほしいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
火村と有栖の誕生した年が明確に記載されているのが収穫だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今回の犯人の犯行動機にはとても共感(?)できました。
ミステリーの犯行動機は様々ですが、個人的に親の仇とか痴情のもつれとかだといまいちピンと来ない質です。
今回の犯行動機は大小はあれど、誰でも一度はそういうこと思ったことあるし、陥りそうな気がするもの……
というか少なくとも自分はそう思うことが多々ある心の貧しい人間なので、
もし自分がそういう状態の時に”それ”ができる絶好の機会が訪れたらどうするだろう? ……と。
短絡的で軽いというより、だからこそあまりにも身近すぎる犯行動機に
手招きをされているようで少しだけ背筋が寒くなりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自殺として処理されたが、本当は他殺だったのでは?という疑いを持った先輩作家に頼まれて、アリスと火村が、死んだ男の調査に乗り出すが、彼の経歴は謎に包まれた『鍵のかかった男』だった。

火村は勤務先の大学が入試の時期なので忙しく、最初はアリス一人で調べ始める。それがなかなか良い。火村が登場すると、特急列車のように、すぐ事件が解決することが多いが、アリス一人だと、まるで鈍行列車のようにのんびりゆっくりで、読んでいる自分も、あれこれ考える時間的余裕がある。
それに、この小説って、一種の旅情ミステリ。
目次の次に、大阪中之島界隈の地図が載っている。中之島って、二つの川に挟まれた中洲のような所なのだ。由緒ありそうな名前の橋がいっぱい架かり、北には、歓楽街で有名な北新地がある。
こういう地図を見ると、ああ、行ってみたいなぁと旅ごころを刺激されるね。
有栖川有栖って、旅情ミステリの才能があると思うよ。江神シリーズなど読んでると、ああ、京都に行きたい! 特に、同志社大学の生協に!とつくづく思うもの。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
読み終わったあとの感想は、単純に「面白かった」でした。幾重にも鍵のかかった男の鍵を探しだし、一つずつ扉を開けていく…
結構後半まで、自殺か他殺かわからなくてそれも良かったです。傑作と言える一冊です。
また、火村、有栖川がちょうど私の年齢と同じぐらいなので震災時の年齢や30代が感じる自殺の動機の考え方に思い入れが出来ました(笑)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ラッキョの皮を一枚ずつ剥いでいくようなミステリーの王道。力作に感服いたしました。が、ただ一点。最後に明かされる動機が、納得に至らない。えっ、そんな理由で、殺すか?! それと、この動機につながる伏線はなく、唐突に読者に明かされますよね。その意味で、いささか後味がよろしくない。その分だけ星ひとつ減とさせてください。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近は短編集ばかりだった火村シリーズの待望の長編でシリーズ最長ボリュームである。
今回火村は最期に謎解きで登場するだけ、ほぼ有栖川氏が主人公となる展開だ。
このシリーズは従来はアリバイやら密室などの本格らしいトリック主体のものだったが、今回は本格らしいトリックはかなりシンプルで、それよりも被害者の隠された半生を描く事に主眼が置かれている。
本格派の有栖川氏としては珍しく今回は端的に言えば、東野圭吾が書くようなミステリーに挑戦した作品だ。
かなりの長編ながら展開がうまいので最後まで地味な事件ながら引っ張っていく。
読み応えのある長編ミステリーに仕上がっている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
有栖川作品を読み始めて数年。読み始めてからは初の長編なので期待が大きかったのですが、大きすぎたのかもしれません。
まずこれ有栖川作品ですが、本格ミステリというジャンルではないですよね? かといって社会派ミステリでもなく、ハードボイルドというほどでもなく。うーん、なんだろ? ジャンル分けは重要ではないのですが、やはり有栖川作品ということでちょっと期待とは違っていたのは確かです。
また出版社が書いた紹介文が悪い。「人間の謎を、人生の真実で射抜いた」って、それほどのものか? 被害者の人生を辿っていく話ですが、落ち着いて読むと特に悲劇的でもないんです。自業自得的だったり、相当な強運も持ってるし。購入前、この紹介文を読んでいて、皆川博子バリの悲劇的な人生やら人間の業を期待してしまったので、読んでみたら少々肩透かしをくらった感じでした。ただこれはこの作者が悪いのではなく、このアオリ文を書いた出版社と、期待しすぎた私が悪い。
あと他の作品でも雑学ネタや土地ネタが出てきて、それがお好きな方も多いようですが、私は飛ばして読みたくなる部分なのです。なのでこの全編にわたるご当地ガイドブック的な内容は「それを求めているわけじゃないんだよ」というものでした。あくまで私の趣味です。すみません。
他の方々の高評価レビューを見ると、作品が悪いのではなく、単に私の趣味に合わな
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー