中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ♪『土日祝日も営業中!!』 ○こちらの商品はクリーニング済みですが若干の汚れ、傷み、日焼けはご了承下さい。 ※当店では24時間以内に佐川飛脚メール便で発送し、その際にAmazon上より出荷通知をお送り致します。 【注意】この商品は店頭でも販売している為、タイミングによっては稀に売切れの場合がございます。その場合はお取引をキャンセルとさせていただきます。予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫) 文庫 – 2005/11/30

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いまだ神々の居た残滓が残る世界エスペリテ・ウモルの一角バスティア大陸。そこには、うら若き清純な乙女だけで構成されるという騎士団、人呼んで「鋼鉄(はがね)の白兎騎士団(しろうさぎ)」がその名を轟かせていた。強く、そしてなによりも美しく??今、亡き母への誓いを胸に少女ガブリエラが入団試験に挑む! ……のだが試験種目は駆けっこに宝探し!?アノ手コノ手なんでもあり! 女の子だらけくんづほぐれつの試験の行方は??? 舞阪洸が贈る美麗(プリ)☆絢爛(キラ)最強乙女戦記、満を持して遂に登場!!


登録情報

  • 文庫: 283ページ
  • 出版社: エンターブレイン (2005/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757725108
  • ISBN-13: 978-4757725102
  • 発売日: 2005/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 702,552位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
見所はイラストかも。話の流れがいささか単調な感じがします。

ガブリエラ(主人公)が深読み→的中 これが延々と続いているような・・・。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AQUA 投稿日 2008/4/8
形式: 文庫
女性ばかりの騎士団というのがストーリーをさらに面白くしていますね!女性ばかりという事で女性向けというわけではなく男女問わず楽しめる作品です!この方の書かれる作品の中心となる女性キャラは魅力的なキャラばかりで別作品の火魅子伝や火魅子炎戦記の女性キャラも含めて多数女性キャラが登場しますがそれぞれよく個性が出されています!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
剣術や魔術が盛んだった頃の乙女戦記ものです。

読み始めてみて、書き方がちょっとお堅い感じがしましたね。また、名前が皆カタカナで

日本人にはあまり馴染めない様な名前なので誰だっけ?と数ページ戻ることしばし。

それでもストーリーが面白いのでグングン引きこまれていきます。

何よりもこの小説のウリは、出てくる登場人物全てが美少女!これに尽きるでしょう。

絵師の方の上手いこと上手いこと。ここまで描いちゃってええのんかい?ってくらい

エロカワイイです。挿絵見るだけでも一見の価値はありますよ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
世界観、主要キャラの人物像とも、良い意味で漫画的でイメージし易い。
加えて、現代人が想像し辛い「作中世界固有の、独特な価値観や考え方」
といったものも殆どなく、すらすら読める。

だが、地文(三人称)が、ごく稀に描写の域を超えて、現実の現代社会の常識を
引き合いに出したり、語り部自身を主語とする語り口になったりする事がある。
異世界モノを読むとき、こういった細かな点を流せないタイプの人は、
少し抵抗があるかも知れない。

話の大筋は、漫画「HUNTER×HUNTER」のハンター試験編をコンパクト
にしたような流れ。他作を引き合いに出した言い方で申し訳ないが、
お分かりになる方には、この説明が一番正確に伝わると思う。

なお、伊藤ベンによる表紙および挿絵の出来栄えが白眉。
単なる設定の視覚化にとどまらず、この作品が打ち出そうとしている
“空気”を非常によく表している。
「表紙の絵に惹かれたか否か」が、そのまま「読むべきか否か」を
示していると言ってもいいと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告