通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス) (英語) コミックス – 2010/11/22

5つ星のうち 4.7 154件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
  • +
  • 鋼の錬金術師 26 (ガンガンコミックス)
  • +
  • 鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)
総額: ¥1,327
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「さよなら鋼の錬金術師。」

辿り着いた旅路の果てに、兄弟は何を手にしたのか!?No.1ダークファンタジー堂々完結!!!外伝「もうひとつの旅路の果て」も収録。


登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2010/11/22)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 4757530544
  • ISBN-13: 978-4757530546
  • 発売日: 2010/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 154件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この漫画に出会えてよかった。最後はボロボロ泣きました。最高。その一言に尽きる。ありがとうございました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
完結から約5年も経ったので少し思い出を。

ハガレンは私が小学生の時に、人生で初めて購入した漫画です。
終始、月刊で追っていたわけではないので新刊読み終えれば3-4か月は待たなければなりませんでした。
その間できることといえば、次巻予告のたった数コマのカットで次の展開を妄想することだけ(笑)
え、もう親父と対決しちゃうの?とか、(アニメ一期のあれ見せられて12巻巻末のあれはずるい)
ああヒューズ死んだのがエルリック兄弟にばれちゃうのか、とか。
今振り返ればチャチな妄想かもしれませんが中二脳なんかそんなもんなんですよ。
それにしても巻末のあの次巻予告って今振り返ってみても本当に秀逸だなと思います。
何かこう…絶妙にミスリードを誘因しているような…。考え過ぎですかね。
まあとにかく、変な楽しみ方をしていた記憶だけは確かにあります。

ところで地味な魅力というか、さらっとキマッていたのが各話サブタイトル。
「〇〇の〇〇」という形態を維持しておきながら、
後半はひねりを入れて二重の意味を持たせていたものが多かった印象です。
(「扉の前」「空の箱」「親子の情」「神の御座」etc...)
私が一番好きなのは、記念すべき(?)第100話を
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
以前人に借りて途中まで読んでいたものの、訳あって読まなくなり、完結後にいまさらながら一気読みしました。一巻一巻、各キャラクター、ストーリーについて話すといくらでも話せるけれど、完結した今、全体を通しての感想がそろそろ必要かと思いました。
発行ごとに一巻だけ読むと、その巻をじっくり読むことができるけれど全体の流れは途切れてしまう。たとえば27巻だけを読むと、みなさんあっさり終わってしまった感想を抱いたようですね。しかし全体を途切れず読むと最終章はまさに怒涛の展開、27巻は圧巻の一言、満足感で充足して読み終わりました。その意味では一気に読むとこの物語の構想の堅実さがわかります。これだけの長編で、さまざまな伏線がそれこそ第1話から張り巡らされているのに、どこにも破たんを感じられないのです。
この鋼の世界から離れがたく、もうしつこく何度も読み直しているのですが(笑)、そうすると多少の矛盾が感じられるところが見つけられます。しかし、物語の大筋を壊すほどのものではありません。むしろ、それは語られなかった秘密として後々のファンが研究するたぐいのものでしょう。
全27巻というのも大人買い、一気読みするのに長すぎず、本棚を圧迫するほどでない。絵柄も最初から完成度が高い。最初のほうはまだ拙く、だんだん成長する漫画家さんもいますが、その点、荒川さんは1巻から最後まで違和感な
...続きを読む ›
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
文句なしの素晴らしい最終巻でした。これぞ少年漫画の王道という感じで、今後もこの漫画を大切にし、何度も読み直していきたいと思います。

できれば、次回作にも期待してます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガッチャ 投稿日 2010/11/23
形式: コミック Amazonで購入
子供の頃からやっていたものが終わるというのは寂しい感じがあります、しかしこの最終巻を読み終わった後のやりきった感、とてもすっきりした感じがしました。

今までこの作品について来て良かった。この気持でいっぱいです。

P.S

つまらないと書いてる方

今週のジャンプ、ワンピース本編休みですが…

なにが月曜という事もありなんでしょうかね(苦笑)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
最終巻を読んで、こんなに評価される理由がようやく分かった。
この漫画の魅力は錬金術を用いたバトルシーンでも、ダークファンタジーという暗く重めな設定でもない。

一言で言うなら、それは人間の魅力だ。
エドもアルもマスタングもリンもグリードもメイもウィンリィもみんな、決してその軸がぶれることがない。
架空のキャラクターなのに、みんなどこかに存在しているような手触りが読後に残った。

突拍子もないような展開は、全巻を通じて何一つとしてない。
時に驚かされたり涙するようなことが起きても、それは個々のキャラクターの信念に寄り添ってみれば、極めて自然なことだ。
ただし、誰もが何かを犠牲にして前に進んでいるがゆえに、その決断のひとつひとつが重い。
だからダークなんていう冠詞が付くのだろうけれど。

「ダーク」「ファンタジー」「錬金術」はすべてオカズみたいなもので、
しっかりと地に足をつけて、出来るだけ目線を下げてキャラクターひとりひとりに密着した、叙事詩的な長編物語でした。
これだけの人間たちを鮮やかに描ききった、作者の技量に感服。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー