通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス) ペーパーバック – 2009/8/12

5つ星のうち 4.5 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
  • +
  • 鋼の錬金術師 24 (ガンガンコミックス)
  • +
  • 鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最終決戦! それぞれの前に立ちはだかる最強の敵達!! 傷つきながら辿り着く、真実への代価は…!? 最強ダークファンタジー、緊迫の第23巻登場!!


登録情報

  • ペーパーバック: 178ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2009/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757526024
  • ISBN-13: 978-4757526020
  • 発売日: 2009/8/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 154,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
物語もクライマックスの23巻。
キャラクターや伏線の回収に一切無駄がなく、ストーリー構成と演出の上手さは今巻でも健在です。そりゃ、もう1回原作に忠実なアニメも作りたくなるわな(笑)

さて、表紙からもお察しの通り、今巻での最大の見所はマスタング大佐vsエンヴィー戦です。4巻から続く因縁にいよいよ終止符が打たれます。
実はこの巻を読むまで、イシュヴァール戦の引き鉄を引いたエンヴィーこそが、全ての恨み辛み、憎しみの根源だと思っていました。
でも、それは少し思い違いだったようです。
憎しみに身を委ねると決めるのも人なら、それを赦すのも人。誰の心にも憎しみの連鎖を生み出す「種」みたいなものがあって、エンヴィーもその種みたいなものを持っているに過ぎなくて。唯一違ったことは、それには「嫉妬」という変えられない名前が付けられていたことぐらいでしょうか。
だから、人間がその種に向かい合って自らを律したのを見た時、自らそれができなかったエンヴィーは激情を吐露し、涙し、嫉妬した。それしか出来なかった。

不死に近い肉体と人を越えた能力を持つホムンクルスという、人に近いようで絶対に人では無い存在をもってこそ描ける人間の本質的な部分を、少しばかり自覚させられた気がします。高尚ぶったことを言うつもりは毛頭ありませんが、憎しみは、赦すという可能性があって初めて意義のある感情なんだなと思います。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
相変わらず緊張感のあるストーリー展開は健在です。
衰えることを知らない唯一の漫画かもしれません。

今巻の見所は何と言ってもマスタング大佐。

ヒューズを殺したのが誰なのか、エドを始めマスタング大佐もついに知ることとなります。
「これで大佐の心も救われる・・・」と安堵したのは私の単純な思いだったようです。
読み進めていくうちにじわじわと違和感が出てくる大佐の姿。
それにいち早く気づくエドとホークアイ中尉(そしてスカーも)を本気ですごいと思いました。
中尉のあの覚悟も本物でしょう・・・。
あの絆は非常に良いです。
あれで大佐の心が全て救われたことにはならないかもしれませんが、やっとひとつ乗り越えられたんじゃないかなと思います。
読み終えてから再び表紙を眺めてみると・・・・・・何だか深いです。

また、あれだけ憎かったエンヴィーですが最後の最後で彼の本心を垣間見ることができ、複雑な気持ちになりました。

そう言えばもう1人、そこそこ活躍していた人物が亡くなりましたね。
意外とあっけない最期でした。

終わりがどんどん近づいています。
この漫画に出てくる1人でも多くの人の心が救われることを願っています。
24巻は12月ですね。
待ちきれません!!
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 devidead トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/8/12
形式: ペーパーバック
あっちでバトル、こっちでバトルで読者のテンションを保ちますが
メインはやっぱりヒューズの弔い合戦でしょうか。

ヒューズは大好きなキャラではありますが
スカーの復讐は否定されて、マスタングの復讐は肯定されるというのは
テーマ的にありえないので、作品としてはこれで正しいでしょう。
作中で名言されていませんが大佐と中尉が過去に交わした
「道を踏み外したら撃ち殺せ」の約束も伏線として上手く消化されました。

そしてエドとエンヴィーの最後の会話からみて
やはり人間の強さと弱さが、この作品の焦点となっていくように思われます。
ホムンクルスも人間を見下していた者、人間に関心の無い者から脱落していき
人間を認める事のできている者はまだ生き残ってますし。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くまくま 投稿日 2009/8/15
形式: ペーパーバック
 表紙の通り、本巻の主役はマスタング大佐でしょう。ヒューズ准将の仇とようやく遭遇することができた彼は、まさに焔の錬金術師の称号にふさわしい攻撃を見せます。ただし、それは自らの目指す大義のためではなく、ただ私怨を晴らすためのもの。
 一方、セントラルでの戦闘は、大総統夫人を利用して、反乱軍が自らの正義を標榜する展開に。市民を味方につけ、一気にセントラルを制圧することができるのか。ホント、正義って言葉は便利ですなあ。最近もどっかの政治家が使っていたけど。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー