通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鋼の錬金術師 (15) (ガンガンコミックス (0... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 軽い日焼けあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

鋼の錬金術師 (15) (ガンガンコミックス (0692)) ペーパーバック – 2006/11/22

5つ星のうち 4.8 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
鋼の錬金術師 コミック 全27巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鋼の錬金術師 (15) (ガンガンコミックス (0692))
  • +
  • 鋼の錬金術師 16 (ガンガンコミックス)
  • +
  • 鋼の錬金術師 17 (ガンガンコミックス (0744))
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

A famous alchemist was able to contain his dead brother's soul in an armor suit. However, to merge the soul with the body would greatly reduce the alchemist's power, so the two brothers embarked on a journey to find a mysterious power amplifier. Also an anime. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.


登録情報

  • ペーパーバック: 169ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2006/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757518129
  • ISBN-13: 978-4757518124
  • 発売日: 2006/11/22
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 304,318位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
芸術性の高いマンガというものは、他に幾らでも存在する。だが、架空の戦争を題材として、限界状況の人間の内面をこれほど深く、リアルに表現した作家はこれまで存在しなかった。
BANANA FISHやファイヴスター・ストーリーズなど、戦争を題材にした優れた漫画作品は過去にも今にもあるが、作中の登場人物の想いに対して、あくまで創作上の共感以上のものは抱けない。しかし、この作品で切々と語られる哀しい人間模様は、我々の祖父世代が太平洋戦争で抱いたに違いない「戦争の不条理」をこの胸に呼び起こすかのような真に迫る力を持っている。名もない老人の、「恨みます」という一言が、あまりにも重い。
義務と理想の狭間で苦悩する焔の錬金術師の、優しさゆえに心が壊れていく豪腕の錬金術師の、そして彼らの対極の場所から最も人間の本質を突く紅蓮の錬金術師の言葉の一つ一つが、今を生きる我々に「世界の正義とは誰が判断するのか」と「人間の尊厳と命の価値とは誰が決めるのか」という極めて哲学的で難しい問いを投げかけてくる。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 エクセリア 投稿日 2006/11/23
形式: ペーパーバック
非常に重い『戦争』を題材として扱っているだけに、この巻は何らかの思いを抱かざるを得ないと思う。作品の中枢にあったイシュヴァール内戦について描かれており、3者の視点から描かれている戦争は、惨く、徹底的なまでに残虐である。

しかし、これを通じて作者が何を伝えたいのか。是非、読み取って欲しい。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 マルコー、ノックス、ホークアイの三者の視点を導入とするイシュヴァール内乱の記憶である。実際に戦争を体験したことのある読者は(日本においては)ごくわずかだろう。そんな我々にできうる限りの真実を伝えようとする荒川氏の苦心が見て取れる。「鋼の錬金術師」はフィクションの物語である。でもその中にある幾許かの真実を受け止められれば、氏の仕事は報われよう。

 戦争の原因になり易いものの一つに宗教がある。今巻では大総統キング・ブラッドレイが、イシュヴァラという存在を一刀両断に切り捨てている。ここで注目したいのは、彼が「弾圧すべき民族の神」だから否定しているのではなくて、一般論として論理立てていることである。つまり、世界中の全ての神を否定しているのだ。確かに神とは人間が生み出したものだろう。なぜなら崇拝する人間がいなければ「神」という概念すら存在できないのだから。彼が論じて見せた「神の不在」に、真っ向から立ち向かう宗教家が現れはしないだろうか。各国語に翻訳され、海外の読者も多い本作である、どこかで議論を呼びはしないかと、不謹慎ながら楽しみにしている。

 内容は申し分なく、その必然性も分かるのだが、主人公の活躍が少なくて寂しいので☆1個減。これは単なる感情の問題である。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
少年マンガのレベルでどこまで戦争を表現できるかを挑戦した巻と言えますね。
荒川氏はこの巻を書き上げる際に多くの戦争体験者から話を聞いたそうです。
しかし、それでもその話をどれだけマンガに書き込めたかは疑問です。少年マンガという点から、制限も多いはずです。ただその限界に挑戦していると感じました。

戦争は私も体験していないし、どこか「臭いものに蓋」の感覚で見ないようにしている人が、今の大人には多いと感じます。子供も読めるマンガでそれを表現しようとした荒川氏には頭が下がります。

作品としても名台詞が多いです。
キンブリーの「目を背けるな」の台詞。ただの悪役の台詞ではなく、考えさせれるものです。
これは戦争がない時代でも、例えば私たちは生き物を殺して生きている。しかしと殺場を見ることすらしない。目を背けない努力を大人すら今は怠っていると感じます。そういう意味ではこのキンブリーというキャラは「まともな人間」です。

キングブラッドレイの「神」についてのくだりも印象的です。

ノックスの「医者なのになんで人を殺しているんだ」や「おっさんは子供が殺し合うところは見たくない」。彼の人間味あふれる葛藤と苦悩、そして家族への想いはイシュバールの悲惨さを最もよく表現しているとすら感
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cibiccoさん 投稿日 2006/11/25
形式: ペーパーバック
イシュヴァール殲滅戦という名の『戦争』。

常に世の何処かに在り続け、世の何処かで溢れている一つの『テーマ』。

重く、深く、単純でいて、故に何処までも難しい。

この題材をよくもまぁ単行本1冊のスパンで。

さらには各人の感情、正義、主張の在り方に伏線の回収etc,etc。

全てこなしつつ本当によくもまぁ単行本1冊のスパンで纏め上げたものです。

それでいて決して中身は薄くなっていない。

しっかりと感動させられて、しっかりと考えさせられます。

そして本編の重さに比例するかのようにオマケ漫画がカルい。

いー感じに力が抜けます。

「敢えて言おう―――尻である、と」

バカです。

話の構成、物語の流れ。見事、としか言い様がありません。

改めて荒川さんの話創りの上手さに感嘆させられた巻でした。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー