通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鋼の錬金術師 (11) (ガンガンコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

鋼の錬金術師 (11) (ガンガンコミックス) ペーパーバック – 2005/7/22

5つ星のうち 4.9 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鋼の錬金術師 (11) (ガンガンコミックス)
  • +
  • 鋼の錬金術師 (12) (ガンガンコミックス)
  • +
  • 鋼の錬金術師 13 (ガンガン コミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



AKB48入山杏奈 ファースト写真集「美しい罪」
クールビューティなイメージが定着している彼女の新たな一面に注目! 今すぐチェック

商品の説明

A famous alchemist was able to contain his dead brother's soul in an armor suit. However, to merge the soul with the body would greatly reduce the alchemist's power, so the two brothers embarked on a journey to find a mysterious power amplifier. Also an anime. In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.


登録情報

  • ペーパーバック: 180ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2005/7/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757514964
  • ISBN-13: 978-4757514966
  • 発売日: 2005/7/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 292,191位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
相変わらず、作画・構成力がすごい漫画です。
月刊誌であることや勿論スタッフも多いのでしょうが、背景など一切手抜きがない。
白いバックが多く、それが画風とばかりに平然と世に発表している作家が多い中、この作者は画がきれいで完成度が高い。1コマ1コマが絵になるんですよね~。
ストーリーも勿論面白いのですが、映画などでいうカメラワークが素晴らしいので、読む・観るコトのできる今では数少ない作家さんです。
人体練成の理論など少々難しい場面もありましたが、成長著しいエルリック兄弟の今後が楽しみです。早く12巻が読みたいです!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
↑というのは原作者荒川先生の逆境の乗り越え方だそうですが
この巻はそれくらい、今まで以上にもの凄い濃さです。
中盤の山場であり、今後の展開に必須なシーンがぎっしり詰め込まれています。
キーポイントの整理、後半への伏線、心理描写、ギャグ、アクション、
どれもがすさまじいテンションと画力で描かれていて、最初の一読ではクラクラしました。$N~~$
エドとアル中心に話が展開し、二人がここでぐっと成長した感じです。
アルが初めてといっていいほど本音で自分を語っていますし
全ページの2/3近くエドが登場し、シリアスな顔からギャグまで百面相が楽しめます。
大佐と軍部の人々についても、見せ場は充分。
それにしても、この原作者は「身体感覚」が凄い。
(マンガ家になる前の仕事がリハビリや牧場等、体や命に関わるものだったとのことで納得)
殺陣は静止画なのに繋がりがはっきり分かるし、
障害の具体的な描写、それに苦しむ描写の深さ。「墓」のシーンの生々しさ。
半端でなく生理的な感覚に「来る」のでキツくもありますが、それでいてどこか暖かい。
暖かいといえば、エドはこの巻で非常に苦しみますが、いつも、独りではなかったのが救いです。
エドとアルの深刻な対話でも、壁の影
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
故郷リゼンブールで、10年も行方知れずだった父、ホーエンハイムと
再会するエド。怒りをぶつけるエドに、ホーエンハイムは静かに問う。
彼らが「決意」と称していたものは、本当は自分達がしてしまった事
を消す為のものではないのか、と。そして、彼は言った。エドとアルが
錬成したトリシャは、本当に彼女だったのか、と。
長い間、兄弟二人を苦しめていた過去。その真実に気付き、また「真理」
に迫る二人。
うごめくホムンクルス。未だ癒えぬ傷を抱え、彼らを追う軍部の面々。
憎しみを募らせるスカー。「不死」を求める東の皇子。
一体この国に、何が起ころうとしているのか。
重たい展開の中でも、エド達は明るい。
小さいけれど(!)男っぷりの上がったエドに、今後も期待しています!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
エドが自分のトラウマ(人体錬成)と向き合った事に感動。
「逃げてたまるか」という力強いセリフになんとなく励まされました。
他にも、アルの「もう、一人の夜はいやだよ・・・!!」というセリフ
には、アルの眠れない夜の苦しみが詰まった深いセリフだなぁと実感させられました。
大佐とエドのやりとりはおもしろかった。見ごたえのある1冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
主人公兄弟の心理描写がアニメよりもキツく、読む側も辛い巻です。
それでも現実に真摯に立ち向かって行く主人公兄弟や師匠、
ばっちゃん、軍部の人たちの姿にぐんぐん引き込まれていきます。
現実と真実が垣間見えるこの巻で、主人公兄弟の絆が一層固いものに
なったことでしょう。この兄弟ならこの先もこれまで以上の機転と絆で
乗り越えて行ける。大丈夫! そう信じさせてくれるものがありました。
細かった希望の一縷の光が、ハッキリとしたものになったようにも思います。
忠告を残して再び姿を消すホーエンハイム、スカーとの因縁、軍部、
大総統……そしてシン国一行の、これからの動向もきになるところです。
次巻が待ち遠しい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/26
形式: ペーパーバック
エドは己の恐怖と戦いながらも、トラウマを克服する。それを乗り越えた先には、アルを元に戻せるという答えが見つかる。
アルはアルで「もう…一人の夜はいやだよ…!!」と自分の正直な気持ちを言葉にした。
この11巻で初めてエドとアルは真っ直ぐに真理と向き合えたのではないかと思う。
進むべき方向の決まった彼らに、12巻も期待大です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック