中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少のヤケ、傷み、スレ、傷等ございます。掲載されている表紙と異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売り切れの際は返金致します。ご了承ください。 16775
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

銭形平次捕物控 新装版 (光文社文庫) 文庫 – 2004/4/14

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

神田明神下の長屋に、恋女房のお静とつつましやかに暮らす銭形平次。「親分、大変だッ」とガラッ八の八五郎が飛び込んでくると、投げ銭を武器に悪党から恐れられる、捕り物名人に早変わり。“罪を憎んで人を憎まず”が信条の江戸庶民の味方、平次親分の活躍を描く十編を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

野村/胡堂
1882年~1963年。岩手県生まれ。新聞社を経て時代小説界の寵児に。1931年銭形平次を創造(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 359ページ
  • 出版社: 光文社; 新装版 (2004/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433473670X
  • ISBN-13: 978-4334736705
  • 発売日: 2004/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 580,293位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
1.ガラッパチの登場のセリフ。2.作者の語り。3.平次親分の受け答え。この最初の3行で魅せられます。「史実と比べると...」とかいうのはナシナシ、むしろこれが書かれた昭和初期の江戸っ子の「粋」なのかも知れません。加えて、ヒロインたちの容貌所作の形容が鮮やか。コレを読まずして日本語を語るのは、ちょっと待ちねぇおめぇさん。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/1/16
形式: 文庫
 1985年に出た光文社時代小説文庫の新装版。字が大きくなっているという。
 400篇くらいあるという銭形平次の物語から、10篇を選りすぐって一冊としたもの。収められているのは、「小便組貞女」「八五郎の恋人」「濡れた千両箱」「刑場の花嫁」「仏喜三郎」「雪の夜」「花見の仇討」「弱い浪人」「遺書の罪」「尼が紅」。
 傑作選ということで、銭形平次への入門編としては良いと思う。本格的に、全編を読破しようと意気込んでいる人には不要の一冊。
 私は、銭形平次ものを読むのは初めてであった。驚いたのは、平次がほとんど銭を投げないこと。本書では、わずか1篇でしか、銭を投げつける見せ場が出てこないのである。恐るべしはテレビの影響である。
 もうひとつの特徴は、ものすごく人情味が強いということ。止むに止まれぬ事情からの犯罪が多く、犯人はほとんどが見逃されてしまう。平次の検挙率は、かなり低いのではないかと思わされた。
 全体的な感想としては、いまひとつの印象が強い。捕物帳の傑作とは聞くが、うーむ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック