Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 107

¥ 638の割引 (86%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[伊図透]の銃座のウルナ 1 (ビームコミックス)
Kindle App Ad

銃座のウルナ 1 (ビームコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 銃座のウルナ(ビームコミックス)の3の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 107
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 745 ¥ 1

紙の本の長さ: 184ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

彼女の名はウルナ・トロップ・ヨンク。遠い村から、辺境の地に赴任したスナイパー。彼女は、初めての戦場で、なにを知るのか…。第49回ちばてつや賞大賞受賞、第5回漫画アクション新人賞入賞を経て、『ミツバチのキス』『エイス』など、漫画シーンから熱い注目を浴びる意欲作を発表し続ける鬼才・伊図透が、そのすべての才能を込めて解き放つ、マージナルなイマジネーションに溢れたSF巨篇。新しい物語の始まりを“目撃”ぜよ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 67602 KB
  • 紙の本の長さ: 193 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / エンターブレイン (2016/2/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BXR14BM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/29
形式: コミック Amazonで購入
 どこかの世界の架空戦記。祖国レズモアのため愛する故郷のため、軍に志願した若き女狙撃手
ウルナ。苛烈なエコールとの最前線ではなく、彼女が配属されたのは大陸より遠くはなれた小島、
リズル島南端のケニティ基地。一年中雪に覆われたその地で静かながらも不気味な戦いが始まる。
着いて早々、地元の蛮族ヅードの襲撃があり……。
 補給もままならぬ地での新兵の戦い、という戦争物の雰囲気はよく出ています。柔らかで官能的
な作画が独特で、この題材に合っているのか、というと多少好みが分かれるかも。今のところヅード
とやらがまるで人間の歯と歯肉が這いずり回っているような怪物、という点ぐらいしかSF要素が
なく、この辺は今後の展開に期待といったところ。基地の近くにある謎のジャンプ台「チルモの翼」
は本来何であったのか。なお、敵が残虐というのは事実のようで、ちょっとしたグロシーンあり。
結構序盤から話は大きく動いてくるらしく、次巻にも期待できそうです。
 
 店頭で惹かれて買った後でここで調べてKindle版の方がこんなに安かったのか…とも思い
ましたが、上下に大きく折り込みのついた表紙カバーは珍しい。
なるほど、広げるとちょっとしたポスターになるのね。

 なお後でKindle版も取り寄せてみましたが、普通に読めました。本の表紙を展開したイラストも
収録されています。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
辺境の女兵士、異形の生物、世紀末的な世界観と
『風の谷のナウシカ』漫画版を連想させられる。
とはいえ、こちらはもう少し冷涼な気候の国が舞台。

第一巻であるため、様々な謎や固有名詞が説明なく
放り出されるが、ラストの終わり方と云い、世界観の
練り込みが手練れていて、期待させられる滑り出しである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ラスト数ページを読み、本を閉じたとき思わず「なんだこれ!!」と叫びました。
中盤まで読みながら自分の好みではなさそうだ。2巻は買わないなと思っていました。
ラストのあれが無ければ!
次巻が楽しみです。ヅートとはなにか、早く知りたくてたまりません。

本のカバーデザインですが、とても面白いと思います。
読みにくい、本好きのことを考えていないと仰ってる方も見られますね。
人それぞれだとは思いますが私は特に読みにくいことも感じません。カバーを開くとポスターみたいになるのも楽しい。
こういうデザインは紙の本でしか出来ない事だと思います。電子書籍の需要が高まっている今、こういうカバーを見かけるとやっぱり本は紙で買うべきだと思いますね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本屋さんの棚に並んでいるところ、帯とポップが気になって購入。
謎の蛮族と戦う人間たちの話。女主人公。ということで、SFと表記されていましたが、確かにラスト数ページで『なんだこれ‼』となりました。いい意味で。(伏線のようなシーンはその前の話にも出てきていたのですがそれでも驚いた)
なぜ、蛮族と人間が戦い始めたのか。蛮族の正体とは?人間側の事情とは?謎も複数散りばめられています。

絵柄はカッチリしたものではなくて、ファンタジーぽいというかホワホワ~とした手書きタッチ強めの線でした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
異形の歯茎、蛮族もとい蛮躍という名の怪物と補給も儘ならぬ辺境で、けして特殊な能力を持たない軍兵たちが、リアリズムに根ざした闘いを続けている。主人公ウルナは、その中でも敏腕な若手スナイパーであり、粗野な仲間や極寒の地に揉まれ、故郷を追われた背景から国を守る為、直向きに前線に立つ。

好感が持てたのは、柔らかい画風と、相反するグロテスクとエロ。まさかそんなことが、と思わせる官能描写までもがあり、重苦しい内容でありながら、美意識も感じさせるところ。

異形の歯茎がなんなのか、仲間が本当は敵ではないか、色々とミステリアスな演出に引き込まれる。

ただ、最近の漫画の傾向しては、かなりありふれているところが気になる。テラフォ、進撃などと内容そのものは同じ。

まだ話は起りの段階なのだが、雰囲気に惹かれたらオススメできる。

SF要素と軍事的リアリティがどうやって展開されるのか期待。そういった生身の人間がどうやって生き延びるのかを、今後、ミステリアスな要素をきちんと回収し、うまく描いて欲しい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover