通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の使用感やタイトル部分などに若干のヨレがあることがありますが、比較的状態の良い物を販売しております。レンタルアップ品ではございませんのでご安心ください。万が一不備等がございましたら評価前にご連絡いただければ誠実に対応いたします。ゆうメールにて48時間以内に発送いたします。(土日祝除く)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎 単行本 – 2000/10/2

5つ星のうち 4.1 174件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972 ¥ 42

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
  • +
  • 銃・病原菌・鉄〈下巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
  • +
  • 文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの (上)
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 189pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

銃と軍馬―― 16世紀にピサロ率いる168人のスペイン部隊が4万人に守られるインカ皇帝を戦闘の末に捕虜にできたのは、これらのためであった事実は知られている。なぜ、アメリカ先住民は銃という武器を発明できなかったのか?彼らが劣っていたからか?ならば、2つの人種の故郷が反対であったなら、アメリカ大陸からユーラシア大陸への侵攻というかたちになったのだろうか?
否、と著者は言う。そして、その理由を98年度ピューリッツァー賞に輝いた本書で、最後の氷河期が終わった1万3000年前からの人類史をひもときながら説明する。はるか昔、同じような条件でスタートしたはずの人間が、今では一部の人種が圧倒的優位を誇っているのはなぜか。著者の答えは、地形や動植物相を含めた「環境」だ。
たとえば、密林で狩猟・採集生活をしている人々は、そこで生きるための豊かな知恵をもっている。だが、これは外の世界では通用しない。他文明を征服できるような技術が発達する条件は定住生活にあるのだ。植物栽培や家畜の飼育で人口は増加し、余剰生産物が生まれる。その結果、役人や軍人、技術者といった専門職が発生し、情報を伝達するための文字も発達していく。つまり、ユーラシア大陸は栽培可能な植物、家畜化できる動物にもともと恵まれ、さらに、地形的にも、他文明の技術を取り入れて利用できる交易路も確保されていたというわけだ。また、家畜と接することで動物がもたらす伝染病に対する免疫力も発達していた。南北アメリカ、オーストラリア、アフリカと決定的に違っていたのは、まさにこれらの要因だった。本書のタイトルは、ヨーロッパ人が他民族と接触したときに「武器」になったものを表している。
著者は進化生物学者でカリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部教授。ニューギニアを中心とする長年のフィールドワークでも知られている。地球上で人間の進む道がかくも異なったのはなぜか、という壮大な謎を、生物学、言語学などの豊富な知識を駆使して説き明かす本書には、ただただ圧倒される。(小林千枝子)

内容紹介

なぜ人類は五つの大陸で異なる発展をとげたのか。分子生物学から言語学に至るまでの最新の知見を編み上げて人類史の壮大な謎に挑む。ピュリッツァー賞受賞作。
朝日新聞〝ゼロ年代の50冊〟2000年~2009年に刊行された全ての本の第1位のに選定された名著。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 317ページ
  • 出版社: 草思社 (2000/10/2)
  • ISBN-10: 4794210051
  • ISBN-13: 978-4794210050
  • 発売日: 2000/10/2
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 174件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,885位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
単行本、文庫共に賞賛のレビューが多いが、正直そこまでの名著とは思えなかった。
「名著」「ベストセラー」「ピューリッツア賞受賞」「ゼロ年代の本ベスト1」などの評判や権威と言ったハロー効果に惑わされて本書とダイアモンドを妄信し過ぎているのではないだろうか。
まずタイトルと中身が乖離していて、銃、病原菌、鉄というのは中心的な内容ではなく、西欧の優勢は環境と地理が原因であるという内容となっている。
ダイアモンド自身は本書の方法は科学的なものだとプロローグで述べているが、「私の解釈では」「と思われる」「〜以外考えられない」などの根拠の薄い直感的な推論や独断的な点が散見される。
例えば古代の遺物というものは残っても、古代の歴史そのものは形に残らないため、測定された科学知識の正しさと、それを基にしたダイアモンドの推論が正しいか・科学的であるかは別問題である。
統計もデータも割合で書かれている事が多くいまいち信憑性が薄い(この傾向は次回作の『文明崩壊』でかなり酷くなっている。レビューを書かせてもらったので気になればそちらも参考にしていただきたい。)
広範囲にわたりいろいろな事例を引っぱってくるのだが、ほかの方も述べているように、日本に関する記述は稚拙といわざるを得ない所があり、なおかつ件の英語版に加筆された、日本人についてのでたらめな追加
...続きを読む ›
6 コメント 1,001人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 K トップ1000レビュアー 投稿日 2016/2/11
形式: 文庫
 「欧米が先進国であるのはヨーロッパ人がほかの人種より優れていたから」と言う人種差別的な固定観念に一石を投じた著書。ジャレド・ダイアモンドの名前を世間に知らしめた作品。ただ、読んでみると分かるのですが著者もなかなか偏見に満ちている。何と言うか取材が甘い。生物学者としては一流の部類なのでしょうが、本著を読むと他国(と言うか日本)の地理や文化様式をちゃんと理解してないのが伺える。題材も内容も非常に面白いのに、この程度の理解力で他国の分析してるのかと思うと少々残念だと思うところがある。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
確かに示唆するものは多い。
しかし欠陥があまりにも多すぎる。

まず検証が雑。
他の方のレビューにもある日本語における漢字の扱い方もそうだが、全体的に自分の論旨を展開するために都合の良い証拠を持ってきているように見える。
やたら沢山の事象を挙げているから一見尤もらしいがよくよく読むと、「○○学者はこんなことを言っているが〜」というような、だれが言ってるのかもわからないような言説を持ち出し、
それに対する反対意見を述べているというような文面が多い。
自説にたいして反対意見の論文なりを取り上げて、それの欠陥を指摘する形での自説の補強という展開をとっておらず、そのせいもあってか、全体的に論が薄っぺらい。

また、読んでいて鼻につくのは、筆者の「自分は一般白人社会に並み居る、人種によって優劣が存在してる、と考えるような愚かな人間ではなく、開明的な思想を持つ人間である」という過剰な自意識である。
この本が表向き言わんとしていることは人種による優劣は存在しない、ということのはずなのだが、
結果として主張されているのは、ユーラシア大陸がこのように環境に恵まれていたから、今のような優秀な社会となり、
(私のような自己反省的かつ開明的な考え方ができる)優秀な人間を擁するようになりま
...続きを読む ›
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本は、なぜユーラシア大陸の人々が世界を席巻したのかを環境の視点から述べたものです。人種による差はなく、全て環境が世界の秩序を決定付けたという主張です。
この、人種による差はないという仮定が本当に成り立っているかの検討が全くなされておらず、著者がそう信じるということになっており、そのようなところが科学的ではないと感じました。
マラソンや短距離走の世界では、黒人しか勝てなくなっていますし、そういったことも環境が決めたことなのだろうかと疑問に思いました。

アーリア民族が優れているから、世界を支配すべきだとか、ユダヤ人を絶滅させるべきとかは論外だと思いますが、もし、アーリア民族が本当に民族として優れているとしたら、優れていると認める態度は科学的かと思います。そういうことに拒否反応を示して、本当に優れているかどうかさえ調べずに、人種の優劣はないという強い仮定をおいて、その仮定が間違えでないと根拠を示さずに述べることは科学的ではありません。
こなれた日本語になっており翻訳は良く、読み物としてはとても楽しかったですが、批判的に読むべきと思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー