通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

銀魂-ぎんたま- 43 (ジャンプコミックス) コミックス – 2012/2/3

5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『銀魂-ぎんたま- 1-68巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銀魂-ぎんたま- 43 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂-ぎんたま- 44 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂-ぎんたま- 42 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 1ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408870360X
  • ISBN-13: 978-4088703602
  • 発売日: 2012/2/3
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
マダオの話は文句なしに面白かったです。

金魂編も最初は面白かったんですが、
ラストに近づくにつれて「うーん」と
なってしまいました・・・。

少しネタバレ含みます↓

他のキャラは自力で銀さんのことを思い出したのに
一番絆が強いはずの万事屋メンバーがこういう感じなんだ・・・と
確かにお妙さんの方が登場は早かったですが
4人ならば、そこは定春ではないのか・・・と

アレッ?と思いながら読みました。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この金魂篇を見てから万事屋の絆って、かぶき町の絆って何だったんだろうと疑問に持つようになりました

万事屋より明らかにかぶき町住人でない一部キャラの絆の方が丁寧に描かれてましたね
新八や神楽は途中でめんどくさくなったから金さんが強制的に記憶を戻したような適当さを感じました
あの部分を見てどっちが丁寧に描かれていたか分かる人には分かると思います

途中で銀さんと定春が別れる場面でも、銀さんは自分が陽動だと言いましたがその後はラストまで定春の出番はなく明らかに定春の方が陽動になってました
未だに意味が分かりません
定春はたまと一緒に銀さんを救った万事屋セピアの仲間なのにあの扱いはあんまりです
利用したらポイですか?
最後まで活躍すると思ったのに凄く残念です

ラストの妙を含んだ始まりの4人の説明も単行本ではとってつけたような説明になっていて(妙がいたからだとは思いますが)逆に万事屋としての絆の印象が薄くなったような気がします

万事屋も万事屋セピアの絆も大事に出来てる描写がないのに絆の話とか…

金さんへの説教もあれは銀さんにも当てはまりますよね
金さんは銀さんの鏡のような存在です
空知先生は別物のように描い
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ジャンプ掲載時から、お気に入りだった金魂編が、ハイライトですね。

ネタバレにならないように感想を書くのが不可能な内容なので、ある程度割り切ります。
というか、金魂編を読んでから、このレビューを見てください。

感想を言うと、よくもここまでまあ、やりたい放題できるなと・・・。
他作品のパロディから、自作品までパロディにして、下ネタもブラックジョークも自虐ネタも、ぶちまけて、
かと思えば、過去のくだり引っ張り出して3段落ちという、異端派ギャグも正統派ギャグもやってのけた。

だが、それだけでは終わらない。全編を通して、ふざけまくっているにもかかわらず、過去42巻を通して、
築き上げた絆、坂田 銀時という男の生き様、そしてさらには、作者、空知先生のこの銀魂(ぎんたま)という
作品に込めたメッセージと自身の哲学まで見せつけてくれた。

読み終わったあとの感触は、感動というよりも快感に近い。
高杉や、真撰組が、からむことなく、銀魂の本来のストーリーからは外れた長編であるが、
銀魂の意味を知る上では、欠かすことのできない長編であろう。

最後に、やっぱり冒頭のマダオ回も、最高でした。
銀魂のオヤジ回には、外れなし。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 今までの駄長編(紅蜘蛛篇〜)から言われていた批判が全て爆発した長編でした。

 最強敵キャラ登場、銀さんカワイソウ、からの、特になにも悪いことはしていない金さんをぶっ潰し、空知的上位女キャラとハーレムした後、オサレバトル&ポエム発動、そして最後に新八、神楽の土下座。
 「絆」がテーマだったんですか?
 どこに誰との絆があったんですか? ただ銀さんカワイソウ→歌舞伎町&吉原キャラ総出で銀さんマンセーした話にしか見えませんでした。
 万事屋の新八、神楽は路地裏に転がってただけで、都合よくなったら無理やり記憶戻され。
 一番手の込んでた女キャラとのハーレムシーン。あれって3人ことごとくキャラ崩壊してましたね。
 
 いつから銀魂にはキャラが無くなったんでしょうね。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー