通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
銀魂-ぎんたま- 29 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

銀魂-ぎんたま- 29 (ジャンプコミックス) コミック – 2009/7/3

5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銀魂-ぎんたま- 29 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂-ぎんたま- 30 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂-ぎんたま- 28 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 12pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

登録情報

  • コミック: 189ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/7/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088746996
  • ISBN-13: 978-4088746999
  • 発売日: 2009/7/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 やまだ 投稿日 2009/7/5
形式: コミック
銀魂で久しぶりに星を5つ付けてもいいなと思った巻でした。
それぐらい今回のウイルスバスター編は自分的に良かった。
相変わらず台詞が多く、またドラクエを知らない方や世代によっては意味が分からないネタが多いですが話の構成はさすが空知先生、素晴らしいです。

251訓は4ページの書き下ろしがあり、本誌を読んでいた方も楽しめると思います。

「誰も誰かの代わりになんかなれない。」

「笑うのさ」

銀さんの台詞は臭いけど深い。あと万事屋メンバーはやっぱり良いなと改めて思いました。

導かれしバカたちと白血球王がたまを救うために戦う29巻、オススメです!!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ゲームネタでモンハンに続き、今回のドラクエネタも笑えました。銀魂にはちょくちょくドラクエネタが出てきますが、ドラクエ世代の自分にはツボです。空知先生とはほぼ同年代なので、冒頭の銀さんが代弁した最近のゲーム批判には同感ですよ。
あと担当編集のエリートの件も同感です。ほんと何がミートパイだバカヤロー!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 白血球王の話はラスボス「獏」の台詞が何だかつまらないと思われることでしょう。それはまさにドラクエの感情移入させない、ただ倒すべき悪の台詞の踏襲になっている為で、記号的に走り読みしてもかまわないと思います。
 作者のドラクエ好きが嵩じ過ぎた感じで、ドラクエ派以外では手放しで楽しめる人は確かに限られますね。1から5まで知っていれば大笑いですが。

 でも白血球王の「自分の役割、目的は見失うわけにはいかない」という台詞はこれまで描かれてきた銀魂の本分を外れておらず読後感は悪くないし、何より銀さんと白血球王という似ているにも程があるキャラ同士の掛け合いは面白いです。

 他、月詠再登場の話の導入部は2話しかないのにとても内容が濃く、剣戟シーンもいつもながら小さいコマ割りなのに詳細な書き方で迫力があります。
 銀さんが敵に足を苦無で刺され、さらに追撃されるシーンにて、その足に刺された苦無を引き抜いて攻撃を受け止める所など震えがきます。
 ごちゃごちゃしてて見難いという人は一コマ一コマに集中して読めばいいのです。

 また、田中さんの説法には生きていく上でちょっと元気をもらいましたが、こういう不祥事を真撰組が積み重ねていったとしたら行末は・・・。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ゆう 投稿日 2009/7/3
形式: コミック
ネットでの評価はイマイチだと聞いていた白血球王の話でしたが、面白かったです
ドラクエをやったことがないので正直よく分からないネタも多々ありましたが、そこは銀魂ならではの勢いとテンションで読み進めることが出来ました
コラム内容、台詞回し等相変わらずの空知節は流石だと思います

今回の巻では導入部分のみの収録でしたが、月詠のシリアス長編も期待しています
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuuya 投稿日 2010/5/11
形式: コミック
ドラクエをやっていればネタ的にもっと楽しめたと思いますが、そうでなくても十分に楽しめる、たまクエ編でした。
銀さんと白血球王の絆が最高に素敵で、いい加減でもやる時はやる。言うことは言う。メリハリの良さがいいですマジで。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ドラクエしてる人にはあるあるネタで面白いんだろーなと思いました
他の短編も、新撰組のとかよく意味が分んなくて(アメムチの)
長編シリアスよりは短編のばかばかしいのが好きなんで
今回は消化不良でした
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
誰 で す か ?
と聞きたくなる程、最近の銀さん達は別人だと思います。
やる気がなく面倒くさがりのはずの銀時はクサイ台詞ばかりのツッコミ説教キャラに。モテないはずなのに簡単にモテすぎだし。毒舌キャラだった神楽は、普通さの増した子供に。宇宙最強のはずなのに、力をセーブしてるのをさしひいても、やられ過ぎです。後、新八よりも影が薄いです。どこがヒロイン?新八、目立ち過ぎ。新八は地味で鋭いツッコミ役であってこその、新八だと思います。

ようするに、初期の彼らの方が好きと書きたかったのです。
長々と、失礼致しました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回は銀さんそっくりの白血球王の話がメインでした。
空知先生らしいドラクエネタ満載で面白かったです!
ギャグなんだけど最後はやっぱり素敵な終わり方、
ほんとうに空知先生はこういうスッキリした終わり方が得意ですね!
白血球王の話の最後は本誌の時とは違って大胆に加筆されていたので、
本誌しか読んでいない方もぜひ単行本読んでみてください。
その他にも真撰組の取り調べとか万事屋のほのぼの話とか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー