通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス) コミックス – 2016/11/4

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 184
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 銀魂―ぎんたま― 66 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂―ぎんたま― 67 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 銀魂―ぎんたま― 65 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

松陽とその一番弟子、朧から始まった松下村塾。その後、松陽の元を離れ奈落首領として生きた朧の口から、虚が目論む恐るべき計画が語られる。無限に続く自らの運命に終止符を打つため、虚が選んだ手段とは!?



登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088808037
  • ISBN-13: 978-4088808031
  • 発売日: 2016/11/4
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
今回は久々に銀魂らしい痛快かつ笑いあり涙ありの展開だったと思います。長谷川さんには笑い、歌舞伎町のピンチの時に登場する万事屋にはカッコ良すぎて震えました。銀魂の良さを改めて実感しました。銀魂に興味ない人から見れば多少クサイところが鼻に付く展開なのかもしれませんが、これぞファンが見たかった銀魂らしい最終章の始まり方だと個人的には思います。さていよいよ物語もクライマックスに突入し、最終回も近づいたと思います。長年の銀魂ファンとしては寂しい気持ちもありますが、このペースで続けてくれれば、うしおととらの最終決戦の総力戦のような熱い展開になってくれるかもしれないので自分としては期待しています。一つ欲をして言わせてもらうと、個人的には万事屋が好きですので、白夜叉としての銀さんではなく万事屋の銀さんとして物語を締めてもらいたいなと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今巻ではついに奈落の首領である虚の正体が判明し、同時に宇宙の頂点として君臨していた天導衆が崩壊します。

虚の正体は人智を超えた存在、天人ですら理解不能の不死の生命体そのものでした。はるか昔に地球に現れた虚という存在は不死であるが故に皆から忌み嫌われる存在でした。そういった迫害による孤独から正気を保つため虚は無数の人格を生み出し己を保ってきたのです。吉田松陽という人格もその無数の人格の一つに過ぎず、現在の人格はかつて1つしか人格がなかった頃の虚が再び登場した姿だったのです。(松陽と同じ姿形なのは同じ肉体による別人格であるため。)奈落という組織の形成や吉田松陽としての生き方は己の不死を終わらすための生き方探しであり、虚からすれば侍や天人の戦いは俗事であり、天導衆でさえも火薬庫の横で火遊びをしている子供のような存在に過ぎませんでした。

そして虚の正体は理解していてもその危険性までは正確に把握していなかった天導衆は今巻で宇宙の頂点からいきなり転げ落ちます。実は天導衆とは宇宙エネルギーであるアルタナを管理するエネルギー保全協会のメンバーのことであり、己自身の体にある刻印によってアルタナを完全に制御することで宇宙の権力を全て握っていたのです。ですが虚の不死に憧れた天導衆は虚の血液を自分に取り込むことで自分も不死になろうという暴挙に出てしまっていたので
...続きを読む ›
3 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 後から走り始めて、目の前にたくさんの背中が見え、気がついたら二人しかいない。銀爺さんはもうすぐ足を止めて休むことになりそうだし、ゴンじいさんは途中から消息不明になりそうだし、あと数年もしたらトップにいるのはルフィじいさん一人かも。

 …………寂しいなあ。

~朧~
 以前、58巻の感想で、
 銀時達を二度も見逃すなんて、骸だけでなく朧も先生に感化されたか?
 銀時に最後「おめぇももう松陽の弟子だよ」とか言われそう。

 ――などと書きましたが、弟子どころか兄弟子、そして一番弟子でした! 折れた刃を手にする朧と折れていない刃を手にする晋助が相対する場面は、刃を心の隠喩と深読みすれば、かなり胸に来るものがあります。これを読んでからもう一度朧とのエピソードを読み返すと、最初とは違った感想が出るかも。

~虚~
 62巻を読んでの感想が、
 虚の最終目的は、やっぱり「自殺」なのかな。五百年に渡る生と死の繰り返し。「不死」という無限地獄でもがくキャラが「自殺」を考えるのってパターンの一つだし。

 ――でしたが、虚の目的はやはり全てを巻き込んでの「自殺」でした。が、もしかするともう一捻りあるかもしれない。

~長谷川さん
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
期待を裏切らない。やっぱり面白い。早くつづきが読みたい!!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
表紙みるだけでもう泣けてきます… …!
待望の、でした……!
続きも楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告